発熱の翌日に熱が下がったけれどインフルエンザA型だった

2015/07/12

get-influenza-type-a01
今回の内容は、自身の体験からお話です。

年末のある日、仕事先から出た瞬間、耐え難い悪寒と関節痛に襲われました。一瞬で発熱していると察知し、帰宅後体温を計ったら 38℃を超えている状態。特に鼻水が出ていたり咳が出ることもなかったので、その日は解熱剤を飲み早めに就寝をしました。

熱が下がったのにインフルエンザ反応が出た

翌朝改めて体温を計ると、36℃ちょっとと平熱に戻っていました。体の節々に痛みがあり若干重い感じがしましたが、病み上がりのせいだろうと思っていました。ただ、また体調が悪くなると困るので、薬をもらいに病院へ行くことにしました。受付時に再び体温を計ると、36℃強と起床時と状況は変わりません。

しかし、朝の症状からインフルエンザの可能性が高いとのことで、検査をすることになりました。すると見事にA型の陽性反応が出てしまいました。

ドクターの話によると以下の通りです。

医師の見解

  • 過去にインフルエンザウィルスに感染した経験がある場合、免疫力により症状が軽くなることがある。
  • これから発熱する可能性があり、熱が下がって丸2日間は人に移してしまう可能性が高い。
  • しかし子供のケースと異なるので、厳密に2日間待たなくても良い。

会社を休み自宅で安静にすることとなりましたが、どうやら熱が下がっていたのは一時的だったようで、その日の夕方くらいから再び39℃近くまで発熱してしまい、2日休んでそのまま正月休みに突入となってしまいました。結局そのあと 2日間は 38℃前後を行ったり来たりしていました。そして熱が下がってから丸2日間は外出を控えました。

ちょっとでも初期症状が出たら病院へ

発熱・悪寒・体の節々の痛みといったインフルエンザの初期症状が出た場合は、翌朝の体調で安易に判断せず、病院の検査結果に委ねることをオススメします。無理に仕事へ出掛け人に移してしまったり、勤務中に体調が急激に悪化し自力で帰宅するのが困難になるケースもありますので。もし僕も熱が下がったからと病院へ行かず会社へ行ってたら、大変なことになっていたでしょう。

普段から予防していたつもりなのですが、ちょっとした隙を突いてウイルスは感染してしまいますので、皆さんもお気を付けください。

関連記事

caution-barium-by-complete-physical-examination00

人間ドックでバリウムを飲んだら注意!ウンコ流れない事件との遭遇

年を重ねると、健康診断の内容も年々手厚くなります。会社にもよりますが、40歳を越えると単なる健診では…

Name :
気力/体力勝負なシステム業界で揉まれています。自分が自分らしくあるために、大事なリセット、スタートします。

Facebook ページ nj-clucker.com シェア
PAGE TOP ↑