【レビュー】CHOETECH 2 in 1 マイクロ USB Type-C 互換ケーブル(カールコード)は携帯性に優れたアイテム

2017/03/31

CHOETECH(チョーッテク)社からの提供による USB ケーブルのレビューです。

2016年から2017年に掛けて、USB 充電機器の主流がマイクロ USB が USB Type-C へ移行しつつあります。最新の XPERIA XZ が USB Type-C に変わったことにより、新しくケーブルを買い換える需要が増えてきています。

しかし一部の機器においては、マイクロ USB でないと利用できないものも多く残っているため、モバイルバッテリーと共に複数のケーブルを持ち歩かなくてはいけません。そこで今回は、マイクロ USB を Type-C に変換できるアダプターが付いたケーブルをレビューしていきます。

CHOETECH 2 in 1 USB ケーブルの概要

製品仕様
  • 出力: 最大 5V / 2.4A
  • 伝送速度: 最大 480Mbps
  • USB コネクタ: Type-A オス / Type-C or MicroUSB オス
  • 56kΩレジスタ対応
  • 急速充電対応

USB Type-A 側(通常の USB 形状のもの)は、USB 3.0 ではなく USB 2.0 の仕様になっています。マイクロ USB を利用するのであれば USB 2.0 で十分ですが、Type-C 機器を利用するのであれば USB 3.0 の方がデータ伝送スピードが早いです。

ただ、こちらの製品はマイクロ USB がベースで Type-C はアダプターとしてくっつているだけなので、Type-A 側のコネクタが USB 3.0 となってもその恩恵を受けることができません。よって主な使いどころとしては、データ転送よりも充電に特化した使い方のほうが適しています。

カールコードの弱点を補う強度を持つ

こちらの製品はコード部分がカールした形状になっています。カールコードは断線しやすいデメリットがあるのですが、そんな不安を吹き飛ばすくらいケーブルが丈夫に作られています。

一般的なケーブル素材に、上からビニール皮膜で覆って強度を補っているように思われます。こんなにケーブル周りの強度がしっかりしたものは今まで見たことがありません。この加工のおかげで傷にも強く、日常的に持ち歩くには最適なケーブルだと感じました。かなり強めに引っ張ってみても反発力が強いので、相当な負荷が掛からない限り断線することはありません。

カバンに放り込んで、しばらく外出先の充電用ケーブルとして利用してみたところ、ケーブルが絡まることもなく使い勝手は上々でした。

2 in 1 の魅力は持ち歩きにあり

僕が持地歩くモバイル機器は、マイクロの USB と Type-C が混在しています。例えばモバイル Wi-Fi はマイクロ USB ですが、スマートフォン(Xperia XZ)は Type-C コネクタが採用されています。他にもワイヤレスヘッドホンやワイヤレスイヤホンは、マイクロ USB による充電を必要としています。

これまでモバイルバッテリーと共に、それぞれのケーブルを持ち歩く必要がありましたが、このケーブルがあれば1本で事足ります。アダプター自体がケーブルにくっついているので、紛失する心配もありません。

他にも iPod Touch を利用しているので、ライトニングケーブルも必要なのですが、通信用端末ではないので外出先での充電を必要としていません。ただ、このような類のケーブルは、これまでライトニングとの 2 in 1 が一般的だったので、これにライトニング用のアダプターも付けて 3 in 1 であれば画期的な製品になったのではないかと思ってしまいます。

カールコードは通常のストレートケーブルよりもコンパクトさに欠けるものの、使ってみるとカール部分の太さがあることでカバンからの取り出しやすく、僕の中では必需品のアイテムとなっています。

なお、同仕様のストレートタイプも販売されているので、どうしてもカールコードへの懸念事項があるようであれば、こちらを選んでいただければと思います。

見た目に反する使い勝手の良さ

製品仕様にある通り急速充電にも対応し、56kΩレジスタに対応しているので、充電における不安要素もなく快適に利用できる同ケーブル。

唯一のデメリットとして、カールしているせいでコネクタ間の距離が短くなってしまう点が挙げられます。ケーブル長は 1.2m ありますが、使うときは実質 50cm 程度の長さしかありません。伸ばしたところで伸縮性により元の状態に戻ろうとするため、1m 以上のケーブルを求める人にとっては不向きです。

2 in 1 のメリットは、あくまで持ち運びに便利な点であるため、そこを踏まえた上で商品を選択いただければと思います。

USB ケーブルとしては変わり種のカールコードですが、この利便性は使った人にしか分かりません。なぜクルクルしているのかなんて考えるのは愚問です。前述の通り、ケーブル強度に関しても不安要素はありません。他の人が持っていない USB ケーブルを手にしたいと考えている人には一押しの商品です。

気になった方は、ぜひ以下のリンク先を参照ください。カールコード以外にも通常のストレートケーブルを選択することもできます。

以上、CHOETECH(チョーテック)のマイクロ USB & Type-C 互換ケーブルのレビューでした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑