【レビュー】CHOETECH モバイルバッテリー B620 は薄型で携帯性に優れた 10,000mAh の大容量バッテリー

スマートフォンの電池切れ対策として、充電用ケーブルやモバイルバッテリーを携帯しています。電源を確保できる環境であれば、USB ケーブルのみで構いません。しかし、出先によってはモバイルバッテリーがどうしても必要になります。

モバイルバッテリーを持ち歩くには「重い」「大きい」といったマイナスイメージが付き物ですが、最新のものはサイズがコンパクトになり重量も軽くなっています。今回紹介する CHOETECH(チョーテック)のモバイルバッテリーは、10,000mAh と大容量ながら重量 189g と携帯性に優れています。

しかも超薄型なので、カバンのポケットにもスマートに収まり場所を取りません。

今回紹介するモバイルバッテリーは、CHOETECH 社からの提供によりレビューを行っておりますので予めご了承ください。

CHOETECH モバイルバッテリー B620 の概要

製品構成
  • バッテリー本体
  • 充電用マイクロ USB ケーブル(50cm)
  • 説明書(英語)

日本語の説明書がないのが残念ですが、特に使い方に困ることはありません。LED インジケータの表示とバッテリー残量については後述するので、基本的にそちらを抑えておけば問題ないでしょう。

充電ケーブルは短めのものが付属しているので持ち運びに便利です。ただ充電しながら操作するには若干短いです。

製品仕様

  • 容量: 10,000mAh (リチウムポリマー電池)
  • 重量: 189g
  • サイズ: 125mm x 65mm x 12mm
  • 入力: 5V / 2A
  • 出力: 5V / 2.4A
  • ポート数: 1つ
  • 素材: アルミ合金、ポリカーボネート

出力アンペア数が 2.4A あるため、このバッテリーから急速充電を行うことができます。一方で、2A の入力アンペア数があるため、バッテリー自体を充電する場合も急速充電に対応しています。

サイズは iPhone SE とほぼ同じです。スマートフォンより厚みはあるものの、手のひらにすっぽり収まるので、邪魔になる感覚もありません。

CHOETECH モバイルバッテリーの使用感

移動中はカバンのサイドポケットに入れて充電しています。僕のスマートフォンは Xperia XZ と USB Type-C の形状であるため、付属のケーブルでは充電することができません。しかしタブレットはマイクロ USB であるため、ケーブルは2本持ち、もしくは変換アダプターの付いたケーブルを1本持ち歩いています。

個人的に変換アダプターを利用するのは好きではないものの、荷物を減らすことを考えるとアダプターは必須です。なお、上記の写真で利用しているアダプターも CHOETECH の製品で、とても重宝しています。

【レビュー】CHOETECH 2 in 1 マイクロ USB Type-C 互換ケーブル(カールコード)は携帯性に優れたアイテム
CHOETECH(チョーッテク)社からの提供による USB ケーブルのレビューです。2016年から2017年に掛けて、USB 充電機器の主流がマイクロ USB...

フラットなデザインがシンプルでかっこいい

持ちやすさを考慮してなのか、モバイルバッテリーは丸みを帯びたデザインが多く存在します。しかし、スマホと重ねて置くような使い方をする場合、全体的にフラットな形状のほうが扱いやすいです。

この製品は全体がアルミニウム合金に覆われ、見た目もシンプルで、洗練されたデザインがロマンを感じます。持っているだけで満足感を得られるような、そんな類のアイテムです。

1ポートのため複数の同時充電ができない

10,000mAh を超えるモバイルバッテリーは、2ポート持つ製品が多いです。でも僕の場合、2台同時に充電する頻度が少ないので1ポートで十分だったりします。

複数台充電できる製品は、同時に利用するとそれぞれのアンペア数が下がってしまうため、急速充電の恩恵が弱まってしまうデメリットがあります。1台ずつきちんと充電するほうが結果的に早く充電できるケースもあるので、利用する想定環境に応じて複数ポートの製品を選ぶと良いでしょう。

1台しか充電できない代わりに、この超薄型・大容量を実現していると考えれば、納得できるのではないでしょうか。

残容量は LED の点灯で判断

この CHOETECH のモバイルバッテリーは通電用のスイッチがなく、USB ケーブルを接続するとすぐに充電が開始されます。充電中は LED ランプが点きっぱなしになり、点灯しているランプの数でバッテリー残量を把握することができます。

  • ●●●●: 残容量 75% 以上
  • ●●●○: 残容量 50% ~ 75%
  • ●●○○: 残容量 25% ~ 50%
  • ○○○: 残容量 25% 以下

LED が常時点灯するために消費するバッテリー容量はたかが知れているので特に問題視していませんが、常に点灯しっぱなしなのは気になります。しかし、しばらく使ってみると常にバッテリー残容量が確認できるので、ものぐさな自分にとっては分かりやすくて便利だと感じるようになりました。

充電終了時には自動停止機能が働くので、過充電や過放電になることもなく安心の設計になっています。

Xperia や iPhone は2~4回の充電が可能

モバイルバッテリーの容量に対して、実際に充電できるのは 70% ~ 80% ほど、つまり 7,000mAh ~ 8,000mAh 分の充電ができると考えてください。この数値を当てはめると、Xperia や iPhone の充電できる回数が算出できます。

機種バッテリー容量充電回数
XPERIA Z42,930 mAh2.4回
XPERIA A42,600 mAh2.7回
XPERIA Z52,900 mAh2.4回
XPERIA Z5 compact2,700 mAh2.6回
XPERIA Z5 Premium3,430 mAh2回
Xperia X Performance2,700 mAh2.6回
XPERIA XZ2,900 mAh2.4回
Xperia X Compact2,700 mAh2.6回
iPhone 61,810 mAh3.8回
iPhone 6 Plus2,915 mAh2.4回
iPhone 6S1,715 mAh4回
iPhone 6S Plus2,750 mAh2.5回
iPhone SE1,624 mAh4.3回
iPhone 71,960 mAh3.5回
iPhone 7 Plus2,675 mAh2.6回

少なく見積もっても、どの機種も2回以上は充電できます。モバイルバッテリーを持っていれば 0% になる前に利用すると思うので、実質 0.5 回分くらい上乗せして考えても良いです。

中途半端に 5,000mAh 程度のバッテリーを持ち歩くよりは、10,000mAh 超えの容量があったほうが安心感はあります。

3色のカラーバリエーション

モバイルバッテリーは黒の印象が強いですが、他にもゴールド・ローズゴールドと3色の中から選ぶことができます。アルミボディーのつや消しされた光沢感が、高級感を醸し出しています。

他の2色も品のある色味なので、どれを選択するか迷ってしまいますね。iPhone であれば同系色を選ぶのも良いのではないでしょうか。

【総評】薄い・軽い・安い

僕がこれまで使っていたモバイルバッテリーは、寸胴でプラスチックやゴムの感じが強く出たダサいデザインだったので、致し方なく使っていた感がありました。しかし、このモバイルバッテリーはデザイン性が富んでいるだけでなく、薄くて持ちやすく、カバンの外側のポケットに入れても厚みが出ないので、気軽に携帯することができます。

重量も 200g を切っているので、バッテリーとしては軽い部類に属します。その上、値段が安い。トータルで考えると、コスパは相当高いのではないでしょうか。

個人的には、価格よりもデザイン面からくる使い勝手の良さを一番に評価したいです。コンパクトサイズのスマートフォンと比べると、縦横比が絶妙なバランスに仕上がっていることがよく分かると思います。(写真は Xperia Z3 Compact と比較)

この「サイズ感」「バッテリー容量」共に僕の中では理想のモバイルバッテリーです。強いて求めるのであれば、Quick Charge 3.0 に対応していたら何も言うことはないですね。それでも、満足度は非常に高い製品です。

各社から様々なモバイルバッテリーが販売されているので、どれを選べば良いのか難しいのが正直なところです。ただ実際のところ、性能の差はあまりありません。容量・形状・重量など、自分がどこに優先順位を置くか決めてしまえば、あとは気に入ったデザインのものを選んで構いません。

この CHOETECH のバッテリーは、トータルでの評価値は高いです。大きなマイナス要素もなく、万人におすすめできるアイテムです。

以上、CHOETECH(チョーテック)10,000mAh モバイルバッテリー B620 のレビューでした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑