【レビュー】EnacFire 片耳 Bluetooth ヘッドセット CF8002 はカナル型で装着感が良く長時間利用も適している

E&C ストアー提供による EnacFire 片耳 Bluetooth ヘッドセットのレビューです。

音楽を聴く時には片耳イヤホンでは物足りませんが、ヘッドセットとして利用するには周りの環境音も聞こえる片耳のほうが、使い勝手が良いことがあります。以前に同社の製品 CF8001 を紹介しましたが、こちらは後継機にあたる機器です。

【レビュー】コンパクトで装着しても目立たない!EnacFire 片耳 Bluetooth ヘッドセット CF8001
E&C ストアー提供による EnacFire 片耳 Bluetooth ヘッドセットのレビューです。スマートフォンには通話中にスピーカーモードにして、ハンズフ...

形状がスタイリッシュになり、いくつか気になっていた点が改善されました。せっかくなので以前の機器と比較しながら、レビューを行っていきます。

EnacFire Bluetooth ヘッドセット CF8002 の概要

製品構成
  • ヘッドセット本体
  • イヤーピース 大・中・小
  • USB 充電器2つ
  • 本体ケース
  • 取扱い説明書(日本語/英語)

イヤーピースはカナル型が採用され、大中小のサイズ違いのものがそれぞれ1つずつ付属しています。充電器は同じものが2つ付いてくるのが嬉しいポイントで、最も利用頻度の高い環境に常備しておくことができます。

なお、この専用充電器でしか本体の充電を行うことができないので、予めご注意ください。充電については後述で詳しく説明します。

製品仕様

  • Bluetooth バージョン 4.1
  • 動作範囲: 10m 以内
  • 連続通話時間: 6時間~8時間
  • 待機時間: 150時間
  • 充電時間: 30分 ~ 90分
  • 充電電圧: 5V

以前の CF8001 はエルゴノミクス設計が採用され右耳に適した形状になっていましたが、こちらはシンメトリーな形状をしているため左右どちらの耳にも合うように作られています。全体的に丸みを帯びた設計になっているので、耳の小さい女性にもフィットするのが特徴です。

実際に形状を比較してみましょう。左側が今回紹介する CF8002 となります。

カナル型なのでイヤーピース部分が大きめなのが特徴的です。ただ以前の CF8001(右側)もこのような形状でありながらきちんと耳にフィットしていたので、カナル型イヤホンに抵抗があるのであれば CF8001 を利用することをおすすめします。

また、軽量ながらも使用可能時間が長いため、様々な利用目的に合った使い方ができるのではないでしょうか。

CF8002 が持つ機能

  • Bluetooth 接続による音声受信
  • マイク経由での通話
  • 電話の着信を受ける/切断

ヘッドセットとしての基本性能が一通り揃っています。

ボタン1つで全てを操作する

ありとあらゆる操作は、このボタンから行います。このヘッドセットで操作できる内容は次の通りです。

操作一覧
  • 電源 ON : ボタン長押し
  • 電源 OFF: 待機時にボタン長押し
  • 着信を受ける: 着信時にボタンを押下
  • 着信を拒否する: 着信時にボタン長押し
  • 電話を切る: 通話中にボタンを押下
  • リダイヤルする: 待機時にボタンを2度押し
  • 音楽再生: ミュージックアプリ起動時にボタンを押下
  • 音楽停止: 音楽再生中にボタンを押下

残念ながら、本体からボリューム調整することはできません。

収納に便利なコンパクトケース付き

本体、充電器、予備のイヤーピースが全て収納できるケースが付属しています。内側にポケットが付いているので、ケース開封時に中身が飛び出してくる心配がありません。また、ケース自体が丈夫な作りになっているため、カバンの中で潰れてしまうようなこともありません。

かなりサイズの小さい機器なので、このようなケースがあるのは嬉しいですね。

90° 折れ曲がる充電器

本体と専用充電器は、マグネット式でくっつく仕組みが採用されています。

CF8001 の場合、イヤーピースを外さないと充電できず、ちょっとずれると充電できないことがありました。CF8002 ではこれら充電周りが改善され、イヤーピースを付けたままでも充電できる構造になりました。そして、ズレによる充電ミスの頻度も少なくなりました。

ちょっとした設計上の改善に過ぎませんが、使いやすさに大きく貢献しているのは確かです。

充電時間は30分~90分と短く、昼休みのような隙間の時間で充電できるのも重要なポイントです。

EnacFire Bluetooth ヘッドセット CF8002 の使用感

E&C ストアーの担当者によると、通話用のイヤホンであれば CF8001、音楽用であれば CF8002 が良いとおっしゃっていました。音質の好みは個人差があるので、どのような使い方が正解かは断言することは難しいです。

個人的には CF8001 のほうが、中域から高音域の音抜けが良い印象を持っています。CF8002 は全体にマイルドな感じです。

通話の音質は期待できない

VoLTE のような高音質に対応した通話を行っていても、イヤホン経由ではその音質が維持されません。つまり今まで通りのゴワゴワした音質になります。通話上の問題はないものの、常に VoLTE で通話していた人にとっては物足りない感じがするでしょう。

通常の電話の着信はヘッドセットに通知されます。一方で LINE 電話のようなネットワーク回線を利用したものは着信通知がありません。これはどの Bluetooth ヘッドセットを選んでも同じ仕様です。ただ、スマートフォン本体で着信を受けた後は、ヘッドセットを通して通話することができます。

良かった点と残念な点

良かった点
  • サイズが小さくで邪魔にならない
  • カナル型になり装着性が良くなった
  • 長時間の利用でも耳が痛くならない
  • 左耳への装着感が良くなった【改善点】
  • イヤーピースを付けたまま充電できる【改善点】
  • 複数充電器が付属している

他のモバイル機器との兼ね合いを考えると、マイクロ USB の充電式のほうが使い回しが良いだろうと感じるものの、基本的にケースへ一式入れて持ち歩くため、特殊な充電仕様であっても不便さを感じることはありません。

最も良かった点は、左右どちらの耳でも使える形状になったことです。以前の CF8001 では左耳に全く合わず、長時間の装着で耳が痛くなった経験があるので、これはユーザーニーズに合った改善だと思いました。CF8001 も耳から落ちるようなことはありませんでしたが、CF8002 がカナル型になったことにより、密着性が増して通話時に相手の声が聞きやすくなったのも大きな利点です。

このようなタイプのヘッドセットは、装着感が一番重要なポイントになるので、その点は十分に満足が得られるのではないかと思います。

残念な点
  • 電源の ON / OFF の状態が分かりづらい
  • 運動時の利用には適さない
  • 本体からボリューム操作できない

Bluetooth 接続したままヘッドセットを外した状態で電話の着信があったときに、スマホ側で着信を受けても音声はイヤホンからしか聞こえてこないため、思わず電話を切ってしまったことが何度かありました。基本的に電話を待機し続ける必要があるので、この状態で放置して勝手に Bluetooth 接続が切れないのは当然として、電源が入っている状態が目視確認できないのは少し使い勝手が悪いです。

カナル型イヤホンは、耳にフィットして環境音を遮断するのに適した形状になっています。その半面、足音などの振動を拾いやすいデメリットもあります。運動時の利用を想定するならば、小さめのイヤーピースを使うか、前バージョンの CF8001 を購入することをオススメします。

音楽を聴いて通話もするとなると、それぞれ利用するたびにボリュームを調整します。(必ずしも必要というわけではありませんが。)しかし本体から操作できないため、わざわざハンズフリーで使っているのにスマートフォン本体から調整しなくてはいけなくなります。最も操作する頻度が高いものの1つなので、ここは改善してほしいところです。

一度使ったら手放せなくなるアイテム

僕は主に、仕事中の電話待機用として利用しています。電波の届く範囲(10m)以内であれば、ちょっとした職場の移動においてわざわざスマートフォンを持ち歩く必要がなくなりました。着信音量を上げると近くにスマホを置いているときにビックリしてしまうので、ヘッドセットで着信を知ることができるのは便利です。

またパソコン等から直接音声を出せないような環境においても、活躍してくれる可能性を秘めています。片耳であることにより、外の環境音が完全に遮断される心配もありません。もちろん Skype 等で利用することもできます。

待機時間は150時間、連続使用も6~8時間と、コンパクトなサイズながらにバッテリー持ちが良いので、電池切れのストレスとも無縁です。

この片耳タイプの使い勝手の良さを一度知ってしまったら、ヘッドホンタイプのヘッドセットは邪魔に感じてしまうでしょう。コンパクトで手軽に使えるというのは大きなメリットで、他の製品には手が出しづらくなってしまいました。

今回紹介した CF8002 ならびに旧型の CF8001 のリンクも載せておくので、気になった方はぜひリンクから詳細をチェックしてみてください。

以上、EnacFire 片耳 Bluetooth ヘッドセット CF8002 の紹介でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑