グラスゴーのビル爆破解体の失敗動画に思わず笑ってしまったw

2015/10/15

先日イギリスのグラスゴーで行われた、ビル解体の爆破映像をニュースで見たのですが、どうにもうまく破壊することができず残念な結果になってしまいました。しかもあまりにもキレイに失敗したので、映像を見て思わず大爆笑。

この解体対象となった建物は 1969年に建てられた最上階 31階の高層団地で、かつては5,000人が住んでいたそうです。46年経った解体技術を駆使しても失敗するって、相当頑丈に造られていたのでしょうね。(笑)

グラスゴー高層団地ビル爆破解体失敗

一番右の建物の、何も無かった感(笑)

本来、ビル解体の爆破は建物の重みを利用するため、建物の中層部から下層部を発破します。爆破と共に連鎖的に破壊されるよう綿密な計算の元でダイナマイトを仕掛けます。動画の黒いカバーのようなもので覆われている部分が爆破箇所です。

最初、良い具合に左側へ傾いたまでは良かったのですが、そのまま左へ倒れることはなく、スッと華麗に元の位置に戻っちゃいました。しかもよく見ると右側の奥の建物も同様に居座っているじゃありませんか。(笑)

これ、解体業者の立場だったら、夢であって欲しいと願いますよね。ところでこの失敗してしまった部分はどうやって破壊するのでしょうか?かなり危険な状態なので、改めて建物の中に入るのも相当なリスクだと思います。今度プロの解体屋に聞いてみようと思います。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑