水戸東照宮の無料駐車場への行き方

水戸東照宮は初代水戸藩であり徳川家康の11男である徳川頼房(よりふさ)が、家康を祀るために創建した神社です。水戸の町を守る神様として、地元では「権現さん」とも呼ばれています。

水戸駅からすぐ近く(徒歩5分)の高台に位置する東照宮は町の中にある神社なので、写真を撮ってもご覧の通り背景にマンションが写り込んでしまいます。日光東照宮と比べると本殿の豪華さはやや控えめで、敷地も非常に小さいです。

この水戸東照宮には無料駐車場があるものの、どの道を通れば行けるのか分かりづらいのが難点です。近くにコインパーキングもありますが「ご祈祷・参拝の方は境内駐車場をご利用ください」と書かれています。

しかし、いくら探してもここしか駐車場が見つかりません。では、東照宮境内の駐車場に停めるにはどうしたら良いのか説明していきましょう。

水戸東照宮の駐車場は国道沿いから入る

水戸駅方面から向かって国道50号沿いを進むと、左手に鳥居が見えます。奥にパーキングが見えますが、こちらは先程の写真の駐車場です。

水戸東照宮の境内へ行くには、この鳥居の下を車で通過しなくてはいけません。鳥居の右側をよく見ると「二輪の自動車以外の自動車通行止め」の標識がありますが、下に「この先 60m」とあるので、鳥居をくぐっても問題ありません。

車の進入を阻むように看板が立っていたりするので、ここは車で通れないと勘違いしてしまう人が多くいるのではないでしょうか。僕のその1人で、そのお陰でなかなか駐車場にたどり着けませんでした。

そのまま進むと行き止まりのような気配がありますが大丈夫です。そのまま直進してください。

鳥居をくぐって 60m 進むと、そこから先は進入禁止になります。そして右側に東照宮へつながる坂があります。あとはこの坂を車で登るだけです。

あとは道なりに駐車場の方向を示す看板に沿って進めば駐車場に到着します。奥に「駐車場」と書かれているので間違いありません。

駐車場は 20 ~ 25 台ほど停められるような大きなスペースです。平日の日中であれば数台しか停まっていないので、水戸駅近くに出向いた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

以上、水戸東照宮の無料駐車場への行き方の紹介でした。

このブログの運営者

NJ

気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします

サイト内検索