10月から天空の城シーズン突入、福井の「越前大野城」雲海の見頃と出現条件

2015/10/19

日本の天空の城と言えば、日本のマチュピチュとも言われている兵庫の「竹田城跡」が有名ですが、城跡と名前の通り城は立っていません。しかし廃城から400年経っても今なお残る石垣の様相は圧巻で、まさにラピュタの世界観そのもので、国の史跡にも指定されています。

そして近年、第二の天空の城として名を馳せているのが今回紹介する福井県にある「越前大野城」です。

天空の城 越前大野城

ホームページのトップ画像にあるように雲海にたたずむ大野城の姿は、天空の城そのものですね。亀山 (標高 249メートル) の山頂にある「越前大野城」ですが、天守閣は昭和43年に推定再建されたものであり、復元再建されたものではありません。しかしそれでも天守閣があると画として映えます。

この自然が織りなす奇跡的な景色は、ぜひ一度この目で見てみたいものです。(残念ですが雲海の景色を見たことはありません。)

雲海の出現時期とその条件

雲海が現れるのは例年 10月から 4月末くらいで、11月が最も出現頻度が高いとされています。しかしそれでも、一冬で現れるのが 10回程度なのです。

このような様が見られるのは天候のタイミング、まさに運次第と言っても過言ではないでしょう。旅行ついでに行っても、限りなく見られない確率が高いのです。

過去の出現回数

以下の表は、各年の9月から翌年の4月まで、雲海が出現した回数を示しています。

年度9月10月11月12月1月2月3月4月
201300412011
201401502400
201511133112

2013年から2014年に掛けては合計9回、2014年から2015年は合計12回出現しています。2015年から2016年は毎月出現したものの、合計は13回となりました。天候に左右され発生率も低いため、本当に運が良くないと見ることができません。

雲海の出現条件

雲海が現れる天候のポイントとして大きく3つ挙げられます。

  1. 前日の日中と翌日朝方の寒暖差が大きく、放射冷却状態であること。つまり、夜中に雲が無い状態で地表の熱が上空へ放たれ、山麓付近は冷えた空気で囲われている状態となります。
  2. 湿度が高いこと。雲海は霧が発生している状態と同じです。放射冷却によって冷やされた大気中の水蒸気が水粒となって雲状に見えるようになるため、大気中の水蒸気の割合いが高くないと発生しません。前日に雨が振った日は湿度が高くなる傾向にあります。
  3. 風が弱いこと。地表面の冷えた空気が溜まることにより雲海が生じるため、流されない程度の風量である必要があります。

雲海が見られるのは、明け方から早朝 (午前9時くらい) です。陽が上がると地表が温められ、雲海も消えてしまいます。

雲海撮影スポット

越前大野城の西、約1kmに位置する戌山(いぬやま)城址の南出丸下がベストスポットとされています。戌山城址へ行くためには、犬山を15分~30分ほど徒歩で登らなくてはいけません。

ルートは3つ用意されています。洪泉寺コースは15分程度で目的地まで到着できます。どのコースも登山道となっているので、短時間ではありますがきちんとした格好で行くようにしましょう。詳しくは 越前大野城のサイト を参照してください。

天空の城現る

天空の城が現れた様子が Facebook にて伝えられています。日曜日だったこともあり、撮影者も60名ほど居たようです。

なかなか見られらないレアな現象と言われると、尚更見たい気持ちが強くなります。一度で良いからこの雲海を見てみたいものですね。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑