RSSING.com から自分のブログ情報を削除する方法

2016/08/28

以前、記事を投稿する度に他のサイトに自動的に転載され、ブログ記事をパクられる事態に巻き込まれたことがありました。その時は、いくつか対策を施しているうちに根本的な解決方法を導くことができたため、自動転載を防ぐことができました。

ブログ記事がソースごと丸パクリされる悲しい出来事があったので対策してみました
2010 東京オリンピックのロゴのパクリ問題が熱冷めやらぬ昨今ではありますが、当ブログもパクリ被害にあう事件が起こってしまいました。たまたまこのブログの記事の検索順位...

ブログは RSS のフィード情報をオープンにしているため、そこから情報を引っこ抜いて転載されてしまう可能性があります。この時もブログ記事をフィードに全文載せていたため、最終的には WordPress のテーマを修正して、途中まで出力されるようにしました。

WordPress の RSS をカスタマイズして more タグまでの内容を出力し、元記事へのリンクを追加する方法
WordPress の RSS や Atom のフィード情報の設定は、「全文を表示」または「抜粋のみを表示」の二択となっています。以前、RSS からブログ記事...

フィードの配信事態をストップしてしまえば良いだけなのですが、freedly のような RSS リーダーを用いてブログの更新をキャッチしてくれている方もいるため、一概に完全停止するわけにもいきません。

RSSING.com は RSS の内容を転載しているサイト

今回、情報の削除を行う RSSING.com についても、RSS の情報が丸ごと転載されてしまうため、考えようによってはパクりと思う人もいるでしょう。

実際に RSSING.com のページから自分の RSS 情報が転載された内容を見ると、次のようにある時期から内容がコピーされているのが分かります。

remove-from-rssing-com02

既に手順を踏んでデータを削除したため、もう見ることが出来ないようになりましたが、元々は次の URL で見ることが出来ました。

http://clucker2.rssing.com/chan-41941843/all_p1.html

リストのリンクをクリックすると、ブログ記事の内容が画像付きでそのまま掲載されています。前述の対策を講じてからは、冒頭の導入文のみの転載でしたが、このまま放置しておくのも気分が良くないので、サイトから情報を削除しました。

本来はパクることが目的であるサイトではないため、RSSING.com のサイトから正式な手順を踏んで、データを削除することができます。

RSSING.com から自分のサイトの情報を削除する手順

ここで紹介する画面は、全てパソコンからアクセスしたものをキャプチャしているので、その点については予めご了承ください。

もし、自分のブログが RSSING.com に転載されて困っている人は、簡単に削除できますので是非試してみてください。

RSSING.com のクレームのページへ移動

まず、自分のブログの情報が載っている RSSING.com のページを開きます。すると画面の左側に次のような項目があります。そこに「Claim(クレーム)」のリンクがあるので、そちらのページへ遷移してください。

remove-from-rssing-com03

自分がブログの持ち主であることを認証しなくてはいけない

クレームページへ移ると、次のような英文と共にテキストボックスにコード値が掲載された画面が開きます。(コード値は毎度ランダムで表示されます。)

remove-from-rssing-com04

文章が英語なので、ここで挫折する人も多いようです。しかし書いている内容は難しくありません。

You can stop the tracking of this channel and remove all its content from our site by first confirming your ownersip:

Insert the key below into your RSS channel (e.g., create a blog entry containing this code if your content is a blog, a news article if your content is a news feed, etc.) and click “confirm”:

簡単に説明すると「このコード値を RSS に掲載することで、あなたのサイトであることを確認できれば、RSSING.com からあなたのサイトの情報を削除します」と言うものです。

では実際に RSS へ指定されたコード値を掲載しましょう。

コード値のみだけのブログ記事を投稿する

僕が実際に RSSING.com から情報を削除するために行ったことは、指定されたコードをブログの新規記事として掲載しただけです。タイトルは適当につけました。

remove-from-rssing-com05

RSS のフィードは設定にもよりますが、掲載される記事数が限られているので、古いブログ記事を更新しても RSS へ反映されません。必ず新規で投稿するようにしてください。

ちなみにコード認証が済んだら投稿記事を削除して構いません。

投稿後に RSSING.com の認証を通す

記事の投稿が終わったら、すぐに RSS へ内容が反映されるので、引き続きコード値が書いてあったテキストボックスの横にある confirm のリンクをクリック します。

すると下部に「Continue Tracking」と「Stop Tracking this channel」のリンクが現れるので、下段にある Stop Tracking this channel のリンクをクリックしてください。これでフィードのトラッキングが停止します。

remove-from-rssing-com06

もし confirm ボタンを押しても、ストップさせるためのリンクが表示されなかった場合、セッション切れによりコード値が無効になっている可能性があります。その際は、改めて Claim のリンク押下からやり直してください。

即座にデータが削除される

リンククリック後、フィード情報のトラッキングが停止されると、次のようなメッセージが表示されます。

Tracking of this channel has been stopped

remove-from-rssing-com07

これで RSSING.com からあなたのサイトの情報が監視されなくなりました。更に、これまで転載されていた情報も全て削除されました。

クリックから数秒で手続きは完了します。

以上、RSSING.com から自分のブログ情報を削除する方法でした。

このブログの運営者

気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします

最近のエントリー

Switch の画面がオレンジになって動かなくなった場合の対処法の1つ!セーブデータを保持したまま本体を初期化する!

プラグインを使わず WordPress の投稿ページで PHP の外部ファイルを呼び出す方法

Feedly ボタンが機能していない?!正しい URL の情報に変更する方法

Twitter で過去のツイートを閲覧・削除する方法

赤ちゃんが泣き止む動画「ふかふかかふかのうた」は生後3ヶ月の赤ちゃんにも効果抜群だった!

これで迷わない!東京ディズニーランドの喫煙所マップ一覧【写真付き】

iTunes でアートワークが反映されないのは WAV 形式が原因!AAC に変換すれば反映される!

【徹底比較】WiMAX 2+ ギガ放題プランの最安値はどこ?【2017年10月版】

おすすめのモバイルルーター・ポケット WiFi を比較!選ぶポイントは利用目的に合わせること!

公共料金の支払いはクレジットカードと口座振替のどっちがお得?