Facebook ページの広告としての活用方法を考える [前編]

2015/10/23

オンラインショップ、店舗経営、ブランド品、ネット情報サイト等々、Facebook ページを有効活用することで集客を目的とした宣伝を容易に打つことが可能です。お金を払って広告を出すこともできますが、無料の範囲でも広告効果は得られるため、ネット上の簡易広告としての利用価値は高いと思われます。

しかし Facebook ページを利用することで、大きな成果を必ず得られるとは限りません。広報活動に掛けた時間がきちんと対価として得られる結果を出せないと、ただの自己満足に留まってしまいます。目的と目標があって、結果を評価して初めて利用価値があったと判断することができるのではないでしょうか。

Facebook ページは個人でも簡単に作成することが出来るので敷居は低いですが、目的に対する意識を持って利用しなければ、意味のあるページには成り得ません。今回はそんな Facebook ページの有効性について考えてみようと思います。

Facebook ページを利用するならインサイトが使えて初めてスタートを切れる

Facebook インサイトとは

Facebook ページには解析ツールとして「Facebook インサイト」なるものが用意されています。投稿内容を何人が見たか、特定期間でどれだけの人数が閲覧し “いいね!” したか、またそこからリンク先へアクセスしたか等の解析情報を閲覧できます。

投稿閲覧者数は「リーチ数」とも言われ、何人に届いたかを知り得る重要な数値となります。誰も見ていないのに、投稿を延々と更新するのは時間の無駄ですから、まずはこのインサイトが使える状態にする必要があります。しかしこのインサイトは、最初から利用できる訳ではありません。

Facebook インサイトの利用には、ページの “いいね数” が30以上必要。

まず最初の登竜門として、30いいね!を集めるところから始めましょう。

最初の30いいね!は身近な人にお願いしよう

Facebook ページを作って頑張って更新を続けても、最初から「いいね」が増えると限りません。店舗を構えているのであれば、店舗内のポスター等で Facebook ページの存在を知り「いいね」をしてくれるお客さんがいるかもしれません。しかしサイト運営がメインの場合は、ページの存在を知ってもらえるまで多大な時間を要します。これでは一生懸命ページに投稿しても結果が追いつかず息絶えてしまいます。

最初は身近な友達に「いいね」をしてもらうようお願いをしましょう。

普段 Facebook をあまり利用しない人を除けば、概ね半分くらいの人は「いいね」リクエストに応じてくれます。ページ自体に「いいね」をしてもらえれば、その友達のタイムライン上に更新情報が届くようになります。そして、その友達が投稿に “いいね!” をしてくれれば、友達の友達へ通知される可能性が広がります。たった 30人のファンしかいなくてもリーチ数が数百に及ぶケースもあるため、想像している以上に情報は広がっていきます。

更には身近な人の “いいね” は、Facebook ページの感想をダイレクトに聞くことができます。早期段階で PDCA サイクルの軌道へ載せられるので、かなり大きなメリットとなります。

  1. PLAN: 目的と目標を計画する
  2. DO: 実行に移す
  3. CHECK感想を聞く ←ココ!
  4. ACT: 改善する

「背に腹は代えられない」とまではいきませんが「立っている者は親でも使え」の心意気です。やる気を維持するためにも、全力でスタートダッシュをきる心構えが大切です。

Web サイトの情報更新通知系の場合

サイト更新通知の成果はリーチ数とクリック数で判断

Web サイト運営における Facebook ページの役割は、新たな情報を通知するための目的で利用されるケースが多いです。ブログであれば更新した記事の紹介、オンラインサービスであればイベントや更新内容の告知、ネットショップの場合は新商品の紹介など。基本的にはどれもネット上における集客、つまりアクセス数を確保するための宣伝としてページへの投稿を行います。

例えばネットショップの場合、平均して 50回のアクセスで商品が1つ売れるのであれば、100アクセスで2つ売れる計算になります。ネット上に閉じた世界では、結果はページビュー数(閲覧数)に比例するので、とにかくアクセスを稼ぐことが重要なポイントとなります。

Facebook ページの利用は、Web サイトへのアクセス流入を得るための入口として大いに期待ができます。また、ユーザーの動向がインターネット上で完結しているため、目的や目標も具体的に計画が立てられ、結果も明確な数値で得られます。

目的と目標の例

目的サイトへのアクセスする入口として Facebook ページを用意し、ページへの投稿からアクセス数を増やし、トータルのサイトビュー数を増やす
目標一投稿あたりのリーチ数 1,000人
ならびにその中でクリック率 15% を目指す

具体的に数値で掲げられるのは、きちんと効果を数値で得られるためです。インサイトから確認できる内容もあれば、Web サイトに仕掛けたアクセス解析からも判断することができます。

アクセスを期待するページにアイキャッチ画像は必須

リーチ数、リンク先へアクセス数を取得するには、投稿内容のファーストインプレッションで全てが決まります。読みたい!知りたい!と思わせる情報なのか、そして更に別の友達に紹介したいと思わせる内容なのか。リンクを張るにしても、単にテキストのリンクだけでは印象が薄いです。

Facebook の場合、リンク先の URL 内の記事に画像が含まれていると、自動的にアイキャッチ画像を設定してくれます。大抵の人は、文字よりも画像から受ける印象で行動するパターンが多いため、このアイキャッチ画像はとても重要な役割を担ってくれます。

例えば僕の場合、次のページの更新通知を行った際に、タイトル下にある画像がアイキャッチ画像として Facebook 上に表示されました。

友達や家族の位置情報を共有するスマホアプリの紹介
子供がちゃんと塾に行って、きちんと家に向かって帰ってきているか心配!散歩に出掛けたおじいちゃんが、どこまで遊びに行ってしまったのか心配!友達と待ち合わせしているけど、...

実際の表示イメージがこちらです。

think-about-maiking-use-of-facebook-page-as-ad02

投稿時の文章はイマイチだったと反省しているのですが、このリンクに画像が付いているのと付いていないのでは印象が異なりますよね。

僕の場合は全てのサイトの更新通知を同じ Facebook ページで行っているため、時々専門的な知識の有識者向けの記事が含まれています。そのような場合は、通知を行わないケースもあれば、通知してもアイキャッチ画像を付けないなど、敢えて目立たないようにすることもあります。

リンクを踏まれても「いいね!」までの敷居が高い

これはなかなか難儀な課題です。リンク先が別サイトになってしまうため、閲覧数に対してどうしても “いいね!” が伸びない傾向にあります。まれに僕の知らないところで 100いいねを超えていたページもありますが、これは Facebook ページ起因ではなく、誰かがこのページに “いいね!” をしてくれたものが伸びた結果と考えています。

ユーザー自身は「見る」「アクションする」の2つの行動で、その情報に関しては完結したと判断します。

通常の Facebook の投稿では、アクションの部分が “いいね!” となります。しかしページへの投稿においては、これが “リンクを踏む” に置き換わると、そこで Facebook 外の世界へ出てしまうため、なかなか “いいね!” につながりません。

SNS の集客に重きを置くのであれば、更なるアクションをしてもらえるようなコンテンツ作りに精進するしかありません。

店舗の宣伝系

客が店に足を運んで成果となる

サービス業における Facebook ページの意義を定義するのは難しいです。サイトの宣伝と異なり「店に来る」アクションがあって成果となるため、前項の Web サイトの宣伝とは異なり、結果を得るまでのタイムラグが生じます。つまり、投稿した内容を目にしたユーザーが店に行きたいと思っても、当日動くのか週末動くのかは人によって様々だと言うことです。

これを踏まえると、投稿する度にリーチ数や “いいね数” の結果に一喜一憂するだけで終わっているのであれば、考えを改める必要があると思います。読めないタイムラグがあるからこそ、ある程度の期間に対する集計結果を元に評価し、傾向を把握することで、初めて本筋が見えてくるのではないでしょうか。

もう一歩踏み込むのであれば、投稿内容が「本日のおすすめ」やフェアー等の「イベント」なのか、カテゴライズして分析することで、広告としての効果をより正確に把握することができるでしょう。

目的と目標の例

リーチ数、いいね数は多いに越したことはありません。知名度が低いうちはリーチ数を増やして名前を知ってもらうことを目的に掲げられますが、ある程度経つと頭打ちになり伸び率も低下します。肝心なのは、そこから何を目的として Facebook ページで宣伝を打つかです。

傾向を把握するために、期間単位での目標を立てるのも良いでしょう。

目的Facebook 限定のサービスを1ヶ月単位で掲載し、顧客のサービス利用状況から宣伝効果を把握する
目標1ヶ月め: サービス利用率 3%
2ヶ月め: サービス利用率 5%
3ヶ月め: サービス利用率 6%

サービス内容により傾向も変わりますが、あくまで目標は具体的数値で示さなくては意味がないため、このような例にしました。集客を目的とするのであれば、Facebook による宣伝効果を把握するための手段を別途考えなくてはいけません。

誰に向けて投稿しているのか分からない時がある

店舗系の Facebook ページを見ていると、誰に向けて何を発信したいのか意図が分からないことがあります。

「今日も元気に営業しています!ご来店お待ちしています!」

かなり極端な例文ではありますが、この文章から、皆さん何を読み取りますか?

定期的に該当店舗の Facebook ページの投稿を見ている人であれば、友達の投稿と同じような感覚で流し読みする程度でしょう。しかし誰かの “いいね!” からつながって、初めてその店の投稿を見た人は、その店についてもっと知りたいと思う欲求には駆られません。裾野を広げるチャンスを無駄にしている例ですね。

他にも例を挙げればキリがないのですが、半人前の店員が技術を磨いている最中の姿を載せるのも、個人的にはあまり良いイメージがありません。客はプロの腕前を期待しているのであって、半人前の店員が練習するのも当たり前で、読み手に応援してもらいたいと思っているならばお門違いもいいところ。店のページではなく、個人アカウントの投稿に留めておくべき内容と感じます。

目的が常連とのコミュニケーションであれば話は別

投稿の目的が常連客への通知であり、新規顧客の開拓を求めないのであれば話は異なります。

店に全く関係のない日常の出来事を載せても、何も問題はありません。店員の練習風景を載せて、常連客の「店員を育てたい心」をくすぐるのも一つの案です。これらがきっかけで店内での会話が弾めば、目的を果たしている投稿と言えるでしょう。

昔の mixi のコミュニティーのようなイメージに近いかもしれません。mixi は誰もが能動的に発信しやすい掲示板方式だったので、オンライン上での会話も盛り上がりましたが、Facebook の単発投稿でコメント欄が火を噴くようなケースは皆無に近いです。その分、投稿ネタに関する会話がオフラインへシフトしていると捉えることもできます。

反面、店舗を構えているのに、わざわざ Facebook 上でコミュニケーションを取る必要性があるのか疑問も浮かびます。意義を持ってやっているつもりでも、意味のないものであれば、極論を言うと稼働時間の無駄遣いです。その時間を使って、店を盛り上げるための新規プランを練った方がお互いのためと言えるでしょう。

このようなスタンスを取る場合は、日課の趣味くらいの気持ちで投稿する余裕が欲しいところです。

前編のまとめ

随分と長い文章になってしまったので、前後編に分けることにしました。前編で言いたいことをまとめると次の通りです。

  • インサイトを利用するために 30いいね!をゲットしよう
  • Facebook ページの利用目的と目標を明確にしよう
  • リンク先のアイキャッチ画像が印象を左右する
  • 状況に応じ期間単位での成果で評価しよう
  • 誰に対する投稿なのか目的をはっきりしよう
  • 意義よりも意味を大事に

後編では、投稿する際に意識することについて、もう少し深く入り込んでみようと思います。また、”いいね!” の意味についても考えてみる予定です。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑