Facebook ページの広告としての活用方法を考える [後編]

2015/10/30

前編では Facebook ページを広告として利用する上で、明確な目的を持った運用を心掛ける話をしました。後編では更新するにあたり、具体的に意識をした方が良いことについて考えていきます。

Facebook ページの広告としての活用方法を考える [前編]
オンラインショップ、店舗経営、ブランド品、ネット情報サイト等々、Facebook ページを有効活用することで集客を目的とした宣伝を容易に打つことが可能です。お金を払っ...

「もっと見る」「続きを読む」を押させる誘惑力

Facebook において投稿内の文章が長い場合には、途中までしか投稿内容が表示されません。 PC版では「もっと見る」、スマホ版では「続きを読む」とリンクが表示され、クリックすることで全文が表示されるようになります。

理想はページ展開せず短文でアピールできるのが望ましいです。しかし情報量が多い投稿においては、どうしても「続きを読む」状態にならざるを得ません。

分割されてしまう場合は前半部分に必要な情報を掲載しよう

投稿内容で何を知らせたいのか、きちんと前半部分に記載しないと意図が伝わらないケースがあります。これは Facebook ページの投稿に限らず、一般的な Facebook の投稿においても言えることです。例えば次の文章をご覧ください。

先日、初めて赤レンガへ遊びに行きました。
古き好き歴史的建造物に圧巻です。

ただ、行く時に桜木町の駅で降りたため、迷子になってしまい山下公園まで行ってしまいました。
スマホの電池が切れそうだったので、公園で日光浴をしていた地元の人と思われるおじさんに道を聞いて、無事たどり着くことができました。続きを読む

普通の日常の出来事を書いた他愛もない投稿ですよね。ポイントは文章が既に完結しているところです。一緒に掲載している写真によるところもありますが、続きを読みたい衝動を掻き立てる力が弱い文章ではないでしょうか。

この文章の筆者は、続きに次のような文章を書いているとします。

道を聞いたおじさん、ダサいサングラスを掛けて変な人だな~と思っていたのですが、なんと高校の恩師○○先生だったのです!!!
最初は気づかなかったのですが、△△さんだよねって言われ、なんで私のことを知ってるんだろうと不審に思って、声を掛けたのを後悔したと思った矢先、サングラスを取った姿は紛れもなく○○先生でした。

当時新卒だった先生も、20年振りに会った姿は紛れも無いオッサンでした。(笑)
懐かしすぎて思わず当時の話で盛り上がってしまいました。

不思議な出会いってあるものですね。みなさんもそんな経験ありませんか?

筆者は赤レンガの感想を読んで欲しいのではなく、偶然出会った高校の恩師について書きたかったのに、このように分割されては続きを読んでもらわない限り伝えることができません。前述の通り、続きを読みたい衝動に駆られない人は、そのまま読み飛ばしてしまうでしょう。ここでもし、後半部分の話について前半の段階で触れていれば、読む側の受け取り方も大きく変わります。

【山下公園で会ったおじさんの正体は・・・】
先日、初めて赤レンガへ遊びに行きました。古き好き歴史的建造物に圧巻です。

ただ、行く時に桜木町の駅で降りたため、迷子になってしまい山下公園まで行ってしまいました。
スマホの電池が切れそうだったので、公園で日光浴をしていた地元の人と思われるおじさんに道を聞いて、無事たどり着くことができました。続きを読む

タイトルを付けただけで、見えない部分の文章への想像が膨らみませんか?おじさんの正体って一体誰なんだろう?って。大した内容じゃないと思いながらも、自然と続きの文章を読んでしまいますよね。

結論として、いかに「前半部分の文章において見えない部分を読ませたいと思うか」が重要なポイントとなります。

文章上で直接触れるように書くこともできますが、タイトルを付けてあげるのが一番手っ取り早いです。しかしこのタイトルを重要視していない人が非常に多く、結果的に魅力のない文章に成り下がってしまう事例をよく見かけます。

タイトル付けは文章に命を吹き込む作業

具体例が広告の話から脱線してしまったので話を戻しましょう。

Facebook ページを宣伝として利用するのであれば、タイトルへ情報を集約するべきです。簡潔に、そして具体的に。例えば店舗経営の場合【新商品が入荷しました】とタイトルを付けるのは、良い例でしょうか、ダメな例でしょうか?

いつも Facebook ページを見てくれる固定のユーザ向けであれば、この程度でも問題はないでしょう。これが新規顧客開拓を目的とするのであれば、情報が物足りないタイトルとなります。セットで写真を載せればカバー出来る範囲ではありますが、イチオシの商品名を明記することで、グッと締まったタイトルへ化けます。

タイトルだけリスト化して並べてみると、違いがより明確になります。

  • 新商品が入荷しました
  • 「スキンヘッド専用ドライヤー」他、新商品が入荷しました
  • お風呂で使えば効果抜群!心が癒える贅沢アイテム!
  • 100人中98人に美味いと言わせる自信があります

タイトルは文頭に表示させるものであるため、最後まで内容を見たいと思わせる誘惑を仕掛けることがポイントです。更にはタイトルとマッチした画像をセットで投稿することで、より誘惑力が高まります。しかし Facebook の場合はタイトル欄として別途設けられていないので、直後の文章でカバーすれば【新商品が入荷しました】でも、さほどの影響はないでしょう。

余談ですがブログの場合は SEO 面も含めタイトルが命となるため、同じようにはいきません。いかに魅力的なタイトルを付けるかでアクセス数も大きく異なります。

そうであってもタイトルは投稿内容の顔になります。絵師や人形師が瞳を入れ、命を吹き込む行為と同じものだと思ってください。せっかく付けるのであれば、人を引き付ける誘惑力のあるタイトルを付けるように心掛けましょう。

長い文章の投稿内容はどこまで表示されるのか

「もっと見る」や「続きを読む」が表示される条件は、一体どのようになっているのでしょう。長い文章を投稿するケースが多いのであれば、この文章の区切れ目を把握しておくことも大切です。具体的なプログラム処理は分かりませんが、大量の文字を投稿して確認したところ、以下の文字数または行数に従い表示されるのではないかと推測されます。

「もっと見る」「続きを読む」表示条件 [PC版]

  • 投稿文字数が480文字以上の場合(改行は1文字とする)
  • 投稿行数が6行以上の場合(空行も1行とする)

「もっと見る」「続きを読む」表示条件 [スマホアプリ版]

  • 投稿文字数が150文字以上の場合(改行は1文字とする)
  • 投稿行数が8行以上の場合(空行も1行とする)

調査したのは Android版の Facebook アプリです。スマホ版のブラウザから閲覧する場合は、もう少し条件の数値が大きくなりますが、アプリを利用している人が大半と思われるので割愛します。

改行だらけになっていませんか?

文章を読みやすくする目的で、適当な句読点の位置で改行を行い、文章の切れ目に空行を利用するケースが多く見受けられます。これは、仕事の連絡をメールで行うのが日常茶飯事になっている現代社会の習慣によるものと考えられます。

更にはパソコンよりも携帯で文字を打つ機会の方が多くなり、携帯の画面上で中途半端な位置で改行されないように、文節で都度改行をし、改行だらけの文章を打つ人が多くいることも事実です。

確かに短文であれば、そのほうな方針で改行を挟んだ方が読みやすいでしょう。一方で文章量が多い場合は、改行の量を減らさないと、とんでもなく縦長の投稿になってしまうことは想像できると思います。改行が多い文章と言えば、アメブロの芸能人のブログです。

http://ameblo.jp/kamijiyusuke/entry-12077372904.html

全ての改行を取り除いたら、スクロールはほぼ不要になる文章量に収まります。この文章の書き方は、あなたにとって読みやすい文章でしょうか?

イメージしやすいようにかなり極端な例を挙げましたが、節度を超えると誰にもメリットの無い文章に成り兼ねないので、文章への改行の入れ方も意識するよう心掛けると、良い文章に仕上がるでしょう。

たくさんの改行だけでなく空行も注意が必要

PC版では投稿行数が6行以上で「もっと見る」を表示、スマホアプリ版では8行以上で「続きを読む」が表示されると述べました。SNS の利用者の大半はスマホからのアクセスでありますが、たった 5行しか表示されないパソコン版での表示をおざなりにしてしまうのも考え物です。

たった 5行しか表示されなくなるとどうなるのか、次の例文をご覧ください。

【新商品が入荷しました】

皆様こんにちは。
CLUKCER 商店代表の NJです。続きを読む

5行って書いてあるのに4行しか表示されてないじゃないか!

そうです。確かに5行と書きました。しかしこの文章、5行分が表示されています。理由は5行目が空行であるためです。読みやすさを求めて空行を入れた結果、見事に魅力のない文章と化してしまいました。

スマホであれば、もう2行分の情報が表示されるので、形勢逆転できるチャンスはあります。しかし、このようにパソコン版では空行の影響により、情報量が大きく削られてしまうので、その点を重々承知のうえ投稿するようにしましょう。

投稿内容には画像もセットでアップすると効果的

前編において、Web サイトの更新通知におけるアイキャッチ画像の重要性について述べました。アクセス数を取得するには、投稿内容のファーストインプレッションで全てが決まります。これは Facebook の投稿においても同じです。

数多くの情報がタイムライン上で流れているなか、画像つき投稿は必然的に目に止まりやすくなります。画像イメージがあると文字と比べて情報を直感的に処理できるため、投稿内容の認識率も飛躍的に向上します。

ただ、投稿時にアピールしたい内容とかけ離れていては逆効果になります。例えば先程の4行しか表示されなかった例文に、私のピースサインをした写真を載せたらどうでしょう。私に興味が無い人は完全にスルーしますよね。

これでは意味がありません。画像を掲載するのであれば、その投稿で最もアピールしたい内容とリンクする画像でないと、広告としての役割は果たせません。

新商品販売目的であれば、商品画像が適切でしょう。一方でサービス業の広告イメージは難易度が高く、ポップの画像を載せるなりイメージ画像を載せる等センスが問われます。どちらにしても見る人の立場に立って、最適な画像を選出する意識が大切です。

タイトルが投稿内容の顔であれば、画像イメージは容姿といったところでしょうか。

後編のまとめ

  • 書き出しは「もっと見る」「続きを読む」を押させる魅力のある文章となるよう心掛けよう
  • 人を引き付ける誘惑力のあるタイトルをつけよう
  • 「続きを読む」の区切られる条件を意識しよう
  • 改行だらけ空行だらけの読みにくい文章にならないようにしよう
  • 画像情報を有効活用しよう

前編・後編と2回に渡りお送りしましたが、いかがでしたでしょうか。ただ何となく更新しているだけでは成果を判断しづらいため、意識をもった更新を行うための心構えとして、どのように利用すればいいかを私なりの考えとしてまとめてみました。

SNS を上手く利用できれば、広告としての効果を期待することはできます。しかしそれぞれのお店やサービス毎のカラーがあるため、全てに対して満点の結果を得られる方法は存在しません。後編は必要最小限のアドバイスとして提案した内容です。あとは各々が試行錯誤し、独自の正解を導き出すことを期待したいと思います。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑