エックスサーバーの領収書が欲しいならコンビニ払いもしくはペイジーの利用をおすすめします

エックスサーバーのサーバー利用料の支払いにおいて、領収書の発行は2016年12月14日を以って終了になりました。サーバー代は業務上の必要経費であるため、どうにか領収書を手に入れる方法はないかと検討したのですが、エックスサーバーの運営会社は次のような見解を示しています。

各カード会社の利用明細書、各銀行での振込の控え(振込明細)、各コンビニより発行される領収書(レシート)が、それぞれ正式な領収書としてご利用いただけます。弊社での領収書発行は、領収書の二重発行になるため承っておりません。
受領書発行について – 料金 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

支払方法にはいくつか手段があり、それぞれの手続において発行される書類が経理上は領収書と同等の扱いになるため、二重発行となってしまうのは確かです。会社としての方針は間違っていないので、ここは支払う側の立場から支払方法を見直すことにしました。

エックスサーバーの利用料の支払い方法

サーバー代金の支払い方法は、次のから選択することができます。

  • クレジットカード払い
  • 銀行振込
  • Pay-easy(ペイジー)
  • コンビニ払い

それでは、それぞれの支払い方法における特徴を確認していきましょう。

クレジットカード払い

手数料領収書
無料カード利用明細

ネット経由の振込で最もスタンダードなのが、クレジットカード払いです。事業用のクレジットカードを持っていれば、特に気にすることなくこちらを利用すれば良いでしょう。

僕の場合、個人用のカードしか持っていないため、クレジット利用の明細が私用分と混在してしまいます。この場合、事業分と分けて会計管理するのが一手間掛かるため、事業に関わる精算は個人のカードを利用しないようにしています。

クレジットカードを使えば、自動引落しによる自動更新を設定することもできるため、レンタルサーバーの更新し忘れを避けることができます。レンタルサーバーを使って事業を行っている限りは必要な手続きなので、僕も事業用のカードを作成したら自動引落しに切替える予定です。

よって、現状からクレジットカード払いは選択肢から外れます。

銀行振込

手数料領収書
振込手数料あり振込明細、他

エックスサーバーの振込先銀行はジャパンネット銀行になります。そのため他行から振込を行った場合、振込手数料が発生します。

仮にジャパンネット銀行の口座があったとしても、通帳が存在しない銀行であるため、振込明細をネット経由でダウンロードして更に印刷してと手間が掛かります。

ATM から振り込む手段もありますが、他にも支払い方法が用意されているので、わざわざ銀行振込を選ぶ必要性はあまりないように感じています。

Pay-easy(ペイジー)

手数料領収書
無料ATM 利用明細、他

ペイジーとは税金や公共料金等を ATM やネットバンキング経由で支払うことのできるサービスです。対応している銀行の口座を利用できるので、銀行振込と手続き方法は同じです。ただ銀行振込をするよりも手数料が無料なので、銀行振込をするくらいなら Pay-easy を利用したほうが断然良いですね。

ほとんどの金融機関で対応しており、ATM で支払いをすれば明細を手に入れることができます。対応している金融機関の一覧は、以下のリンクを参考にしてください。

取扱金融機関一覧|株式会社イーコンテクスト

コンビニ払い

手数料領収書
無料振込領収書

その名の通り、コンビニエンスストアで料金を支払うことが可能です。手数料も無料で自宅のすぐ近くにセブンイレブンがあるので、僕は手っ取り早くコンビニ払いで済ませることにしました。

対象のコンビニ

セブンイレブン、ローソン、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマート、サークルK、サンクス

エックスサーバーの「インフォパネル」から料金のお支払いを選択し、コンビニ決済の手続きをすると登録したメールに払込票の URL 情報が送られてきます。そのページを開くと受付番号が表示されるので、あとはその番号を使って支払いが行なえます。

ローソンやファミリーマート、サークルKサンクスなど、店舗内の機械を通して申込券の発券処理を行わなくてはいけないコンビニもあります。セブンイレブンであれば、ご覧のようにメール上の URL を開くと 支払い用のバーコードが表示 されるので、スマートフォンから開いた画面を直接レジでスキャンして支払うことが可能です。

コンビニ払いであれば、最も手続きが楽なのは間違いなくセブンイレブンです。振込領収書には振込先の情報も載っているので、他のレシートと混同することもありません。なお画像には写っていませんが、振込領収書の下のほうには日付入りのスタンプが押印されます。

宛名はエックスサーバーの契約者名が印字されています。これで僕の欲しかったエックスサーバーの領収書を手にすることができました。

人によってはクレジットカード払いのほうが楽なケースがあるものの、個人的にはペイジーもしくはコンビニ払いが最適な選択肢でした。冒頭で説明したとおり、エックスサーバーの運営会社から直接領収書を受領することはできませんので、上記で紹介した方法の中から最適なものを選んでいただければと思います。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑