【レビュー】アダプタ一体型の大容量モバイルバッテリー ROMOSS UPower UP10 10,000mAh

2017/07/11

スマートフォンの充電切れ対策として持ち歩くモバイルバッテリー。しかし予備のバッテリーが充電切れになってしまっては、ただの荷物と化してしまいます。

スマホ同様に、基本的には充電にしてから持ち出すとは思いますが、容量の大きいバッテリーだと頻繁に充電することで寿命を縮めてしまいます。そのためバッテリーのことを考えると、ある程度使い切ってから充電するほうがバッテリーにも良いとされています。

とは言え、予備用バッテリーなのに残量が少ない状態で持ち歩くのも不安が残るし、かと言って電源アダプターを携帯すると荷物になるし……。そこでこれらの問題を一気に解決してくれるアイテムの登場です。

こちらの製品は、大容量モバイルバッテリーでありながらもアダプタ一体型であるため、このバッテリー単体でコンセントから充電できる仕組みになっています。なお、通常の USB アダプターとして利用することも可能です。

※ 今回のレビューは ROMOSS 社からの提供により行っておりますので、予めご了承ください。

ROMOSS 製品はコンセプトが徹底している

ROMOSS 社のモバイルバッテリーは、製品によってデザインのコンセプトがあり、こちらの UP10 は旅行用のスーツケースがモデルになっています。取扱説明書がパスポートになっていたり、保証書が飛行機のチケットになっていたりと、細かい部分までデザインされているのが素晴らしいですね。

本体の風貌は、高級スーツケースで有名な Rimowa(リモワ)そのものです。

チケットを模した保証書は、かなり厚手の上質紙が用いられており、切り取り線のミシン目までしっかり付いています。パッと見た感じは、まるで本物のチケットです。

箱もただの入れ物として用意されたものではなく、取っ手にタグを付けたりと、本体以外のところでも細かいこだわりが見受けられます。

以前紹介したウサギをモチーフにしたモバイルバッテリーも、全体的にポップな作りになっていました。ROMOSS の製品は遊び心のある製品を提供してくれるので、プレゼント用として贈っても喜んでもらえることが多いです。

【レビュー】プレゼントに最適!ROMOSS の可愛いウサギ型モバイルバッテリー 6000mAh
一般的なモバイルバッテリーは黒いボディーに煌々と LED ライトが光るデザインが多く、ポップさが足りないために、女性が持ち歩くにはファッションとのバランスが取りづらい...

それでは製品の詳細を確認していきましょう。

ROMOSS UPower UP10 10,000mAh モバイルバッテリーの概要

製品内容
  • モバイルバッテリー本体
  • マイクロ USB ケーブル(30cm)
  • 取扱説明書(英語のみ)
  • 製品保証書

商品の構成は一般的なモバイルバッテリーと同等です。こちらの製品はアダプターが一体となっているため、充電するための USB ケーブルが不要です。それでも充電機器接続用にマイクロ USB ケーブルが付属しているのが嬉しいポイントです。

長さ 30cm と短いケーブルなので、カバンの中でも場所を取りません。付属ケーブルの画像は後半に掲載しますが、きしめんタイプのフラットケーブルで USB 2.0 に対応しています。

製品仕様

  • 容量: 10,000mAh
  • 重量: 262g (実測値)
  • サイズ: 112mm x 61mm x 30mm
  • 入力: 100V ~ 240V / 50 ~ 60Hz5V / 0.3A
  • 出力: 5V / 2.1A, 5V / 1.0A (最大 2.1A)
  • 消費電力: 37Wh / 3.7V
  • 充電ポート数: 2つ

240V まで対応しているので、プラグ形状が同じ国であれば海外で利用することができます。出力は急速充電用の 2.1A USB ポートと、通常充電用の 1.0A USB ポートの2つです。ただ、2台同時に充電する場合、合計の最大出力が 2.1A となるため、急速充電にはならないことにお気をつけください。

最大の特徴は充電用プラグ付き

(こちらの手前にある白いケーブルが、製品に付属している USB ケーブルです。)

モバイルバッテリーを直接コンセントに挿すことで、充電することが可能です。この AC プラグの影響もあり、本体のサイズはやや大きめな印象を受けます。(薄型モバイルバッテリーの2倍の厚みがあります。)

日常の携帯性には優れていないものの、必要な時にコンセントがあればすぐに充電できるのは大きなメリットです。外出先で充電する想定であれば、これ以上適した製品はないでしょう。スーツケースのコンセプトが示す通り、旅のお供にぴったりなアイテムです。

電池残量のインジケーターは4段階

角に4つの LED インジケーターがあり、そこでバッテリーの残容量を確認することができます。充電時は点灯状態になりますが、待機時は横にあるボタンを押下すると約5秒間 LED が点灯します。

25% 単位で表示が切り替わるのが分かりやすいですね。機種によりますが、1メモリあたり大体 0.5回 ~ 1回分のフル充電ができるものとお考えください。

ROMOSS UPower UP10 モバイルバッテリーの使用感

  • バッテリー充電時に専用アダプター不要
  • 10,000mAh の大容量
  • 急速充電に対応している
  • ポップなデザインが特徴的
  • サイズが大きくやや重い
  • 2台同時接続時の最大出力が小さい

良かった点は、製品の特徴で説明した通りです。

この製品を選ぶポイントは、アダプター付きの利便性をどう捉えるかに拠ります。単純にサイズが大きいのが嫌であれば、アダプター別タイプのものを選ぶしかありません。

僕の場合、スマートフォンの充電が USB Type-C であるため、一般的なモバイルバッテリーを充電するためには、Type-C ケーブルとは別にマイクロ USB ケーブルを用意しなくてはいけません。しかしこの ROMOSS の UP10 を使うことで荷物を大きく減らすことができました。

ケーブル1本にアダプター程度は大した荷物ではないですが、他にも各種ガジェット系アイテムを持ち歩くため、荷物がスッキリするのは僕にとって大きなメリットでした。特に、旅行の際には大活躍してくれました。

唯一残念な点は、急速充電時に 2.1A の出力があり2ポート利用できるのに、両方のポートで充電しても最大出力が 2.1A しかないことです。つまり単純計算でそれぞれ 1.1A と 1.0A での出力になるため、2台同時に充電すると急速充電できないのです。

モバイルバッテリーで 3A 以上の高出力を期待するのは難しいのは分かっていますが、複数台充電することを目的で 10,000mAh を超えるものを選ぶ人もいるので、もう一歩頑張って欲しかったですね。

とは言え、使い勝手においては十分に満足できる製品です。カラーバリエーションも複数用意されているので、気になった方はぜひ下記リンクから参照してください。

以上、ROMOSS のアダプタ一体型の大容量モバイルバッテリー UPower UP10 の紹介でした。

このブログの運営者

気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします

最近のエントリー

Switch の画面がオレンジになって動かなくなった場合の対処法の1つ!セーブデータを保持したまま本体を初期化する!

プラグインを使わず WordPress の投稿ページで PHP の外部ファイルを呼び出す方法

Feedly ボタンが機能していない?!正しい URL の情報に変更する方法

Twitter で過去のツイートを閲覧・削除する方法

赤ちゃんが泣き止む動画「ふかふかかふかのうた」は生後3ヶ月の赤ちゃんにも効果抜群だった!

これで迷わない!東京ディズニーランドの喫煙所マップ一覧【写真付き】

iTunes でアートワークが反映されないのは WAV 形式が原因!AAC に変換すれば反映される!

【徹底比較】WiMAX 2+ ギガ放題プランの最安値はどこ?【2017年10月版】

おすすめのモバイルルーター・ポケット WiFi を比較!選ぶポイントは利用目的に合わせること!

公共料金の支払いはクレジットカードと口座振替のどっちがお得?