干支別の守護本尊と梵字(ぼん字)、その読み方について

2015/05/17

密教における思想の一つで、生まれ年により特定の仏様と結ばれており、その仏様は自分を守ってくれると言う伝えがあります。そしてその守護本尊は、干支(十二支)により決められています。また、梵字(悉曇文字:しったんもじ)は、文字そのものが仏様や菩薩(ぼさつ)様を表す神聖な文字として崇められてきました。

今回は、干支別の守護本尊とそのご本尊を表す梵字、ならびに読み方を紹介します。

古来からの伝えにより、自分自身がどの仏様のご加護を受けているのか、皆さんご存知でしょうか。自身のご本尊を把握しておけば、寺院等へお参りした際に守護本尊へきちんと挨拶することもできます。

ご存知ない方は、せっかくの期会ですのでご自身の守護本尊を憶えてみてはいかがでしょうか。

干支別の守護本尊と梵字

干支梵字読み方本尊
子(ねずみ)sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign01キリーク千手観世音菩薩
(せんじゅかんぜおんぼさつ)
丑(うし)
寅(とら)
sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign02タラーク虚空蔵菩薩
(こくぞうぼさつ)
卯(うさぎ)sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign03マン文殊菩薩
(もんじゅぼさつ)
辰(たつ)
巳(へび)
sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign04アン普賢菩薩
(ふげんぼさつ)
午(うま)sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign05サク勢至菩薩
(せいしぼさつ)
未(ひつじ)
申(さる)
sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign06バン大日如来
(だいにちにょらい)
酉(とり)sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign07カーン不動明王
(ふどうみょうおう)
戌(いぬ)
亥(いのしし)
sanskrit-character-by-oriental-zodiac-sign01キリーク阿弥陀如来
(あみだにょらい)

寺院では干支別にお守りを販売している場合があります。さすがにご本尊の仏像を常日頃から持ち歩くことは難しいですが、仏様・菩薩様を表す梵字を印したものであれば身に付けることが出来ます。干支別のお守りに梵字が印されているのも、このような理由からなのでしょう。

今度寺院に行く際は、梵字を意識してお参りしてみてはいかがでしょうか。


<おまけ>
今回の記事で使用した梵字の画像は、以下の「Ap梵字悉曇フォント」を使って画像キャプチャしたものになります。参考までに。

梵字 (サンスクリット) フォントは Ap梵字悉曇フォントがおすすめ
以前、干支別の守護本尊と梵字に関する記事を書きました。日常で使う文字でないため、見た目もかなりインパクトがある印象を受けます。今回は、その記事の中で使用した梵字が登録...

おすすめ記事(一部広告を含む)

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑