Amazonプライムの無料体験は何回でも申し込める!一回きりのサービスでなかったことに驚き!

更新日: 公開日:2017/01/25
Amazon

Amazon で買い物をしていれば、一度は見たことがある Amazon プライムの無料体験の表示。僕もちょうど一年前に無料体験の登録を行い、体験期間が終わり有料になる直前に解約したのですが、いつの頃からか再び無料体験の表示が出るようになりました。

Amazon プライム無料体験の表示

既に Amazon プライムの無料体験が終わっているはずなのに、これは一体どういうことなのか?Amazon のヘルプページに次のような記述が見つかりました。

Amazonプライム(無料体験を含む)をご利用いただいたことのある方は、一定期間内はAmazonプライム無料体験を再度ご利用いただくことはできません。

現在はヘルプページから記述が消されていますが、既に無料体験を利用していても、一定期間が経過すれば再び Amazon プライムの無料体験を利用することができるのはそのまま継続しているようです。

Amazon プライムって何ができるの?

Amazon プライム = 送料無料」の印象を持っている方が多いのではないでしょうか。しかし今となっては、Amazon プライムのサービスの中でも「送料無料」はオマケ程度の存在でしかありません。それよりも付加価値の高いサービスが、数多く提供されています。

映画やアニメ、テレビ見放題のプライムビデオ

松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」やぷっすまを彷彿させる「なぎスケ」など、Amazon プライムでしか見られないオリジナルコンテンツも多く存在します。

CM は気になっていたけど、有料会員になるのは躊躇してしまう。無料体験はそのような利用者に向けて用意されたサービスでもあるので、見たいと思ったタイミングで登録するのは良い機会だと思います。

他にも邦画や洋画、日本のドラマに限らず、海外のドラマや子供向けのアニメ番組も取り揃えられています。

100万曲以上の楽曲が聴き放題の Amazon ミュージック

映像だけではなく、音楽の聴き放題サービスも提供されています。Spotify や Apple Music など音楽専用のサブスクリプションサービスに比べると、曲数は少ないです。それでも月額たった500円で、映画も音楽も提供されているサービスは破格です。

僕の場合、他の音楽サービスを解約して Amazon ミュージックに一元化しました。最終的には曲数が6,500万曲以上に拡張された Amazon ミュージック UNLIMITED を追加契約しています。月額780円が追加で掛かるので、手軽に楽しむだけなら Amazon ミュージックだけでも十分だと思います。

なお UNLIMITED も30日間の無料体験が提供されています。

簡易ネットスーパー Amazon パントリー

日用品から食料品に至るまで、まるでスーパーマーケットで買い物するかのような同サービス。さすがに生鮮食品はないので不完全ではあるものの、調味料やレトルト食品、食器用洗剤やバス用品など、例えるなら薬を売っていないドラッグストアのような感じです。

こちらは単品で注文するのではなく、決められたサイズの箱(52cm × 28cm × 36cm)に好きな商品を一品ずつ詰めていき、その箱単位でまとめ買いするサービスです。なお、一箱あたり箱代として290円掛かります。箱に詰められる重さは 12kg までと決まっていますが、それ以前に容積の都合もあるため、どちらかが上限に達するまで箱の中へ詰め込める仕様になっています。

パントリー BOX(箱)を占める割合が、商品ごとにパーセントで記されているので、そちらを確認しながら商品を選んでいくイメージです。

Amazon で販売している商品の中には、パントリー専用として価格が安く提供されているものもあります。これは箱買いが前提となるため、複数製品のまとめ買いを考慮された価格設定ではないかと思われます。

土地柄もありますが、商品によっては近所のスーパーで買ったほうが安いものも当然あります。それでも自宅まで宅配してくれる利便性を考えると、かなり使い勝手の良いサービスではないかと思います。

おむつが安い Amazon ファミリー

小さい子供がいる家庭であれば、買い物をするのも一苦労です。ネットショップを有効活用すれば、わざわざ店に足を運ぶことなく商品が自宅に届くので、昨今はネット頼りにしている家庭が多いのではないでしょうか。

そんなご家庭向けに、子育てに必要な商品を安く購入できるサービスが Amazon ファミリーです。なお、Amazon プライムの登録とは別に、子供の生年月日と性別を登録する必要があります。

Amazon ファミリーを利用すると、例えば一定期間で自動的に商品が届く定期便を利用すれば、おむつとおしりふきが 15%OFF になります。Amazon プライムのサービスとしてはあまり特別感はありませんが、このようなサービスも存在することを知っておくと良いでしょう。

これらのサービスは全て無料体験で利用できる

上記で紹介したサービスは、全て無料体験で利用できます。これで冒頭に送料無料はオマケ程度のサービスと書いたのも、理解いただけたのではないでしょうか。

他にも、通常より30分早くタイムセールの商品が購入できるようになったり、パソコンやスマホの画像をネット上に保存できるフォトストレージを利用できたりとサービスは盛りだくさんです。

一度 Amazon プライムに慣れてしまうと、そのまま何年も継続利用するユーザーが多いのも特徴です。月額換算408円と考えれば、かなり安いですよね。

Amazon プライム無料体験ができるか確認する方法

前置きが長くなってしまいましたが、実際に Amazon プライム無料体験が利用できるか確認するのは簡単です。Amazon にサインインして、プライムのトップページにアクセスし「30日間の無料体験を試す」のリンクをクリックしてください。

30日間の無料体験を試す

無料体験できる対象ユーザーであれば、確認画面に遷移します。もしそのまま無料期間をスタートするのであれば、クレジットカード情報など支払い情報の登録を条件に、開始できるようになっています。

無料体験期間の30日以内に解約すれば利用料金は発生しません。解約手順は後述します。

学生の無料体験期間は6ヶ月もある

Amazon プライム会員には、いわゆる学割が適用された Amazon Student なるサービスが存在します。その年間費は、なんと 2,450円 です!月額あたり204円 と、一般の会員よりもかなり格安になっています。なお月額払いの場合は、月々250円です。

勿論、提供されるサービスは通常のプライム会員と同じです。しかも、無料体験期間が6ヶ月もあるのが、この Amazon Student の最大の特徴でもあります。

一般的な音楽聞き放題や映画見放題のサービスと比べると、楽曲数や作品数は少ないと感じるかもしれません。それでも年間費2,450円と考えれば1か月で十分に元が取れるレベルです。

そもそも6ヶ月の無料体験でプライムビデオが見放題、Amazon ミュージックが聴き放題である時点で、学生は登録しないと勿体ないです。サブスクリプションを安く済ませたいなら、絶対におすすめのサービスです。詳細は公式サイトをご覧ください。

有料会員の自動更新の解除を忘れずに

この Amazon プライムの無料体験を始めるにあたり、クレジットカードやデビットカード情報などの登録が必要になります。そして、無料体験期間が終わると自動的に有料会員へ移行され、年間費が発生します。

無料体験期間が終わるタイミングで Amazon プライムを辞めるのであれば、無料体験期間中に会員登録を解除しなくてはいけません。手順は次の通りです。

  1. アカウントサービスの [Amazonプライム会員情報] 選択
  2. [プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める] を選択

プライム会員メニューへ遷移

なお、こちらのページから簡単に会員登録がキャンセルできます。

もし自動更新の停止を忘れてしまい、意図せず有料会員になってしまった場合も安心してください。上記のリンクに記載の通り、Amazon プライムの特典を利用していないことを条件にキャンセル時に年会費が全額返金されます。

ただし、うっかりプライムビデオを見てしまったり、プライムミュージックを聴いただけでもプライムの特典利用とみなされてしまうため、可能な限り無料期間内に自動更新を停止する手続きを行いましょう。

知れば知るほど Amazon プライムは便利なサービス

僕自身は2回目の無料体験をきっかけに、そのまま有料会員になりました。他のサブスクリプションを解約して Amazon プライムに集約すれば月額料金も安く抑えられる上、送料無料サービスが節約に貢献してくれることから Amazon で買い物をする機会が増えたのが最大の理由です。

年間4,900円と考えると踏みとどまってしまいますが、月々408円程度です。Netflix や Hulu の半額以下です。これだけ格安なのにサービスも豊富であるため、むしろ登録しないと勿体ないお得なサービスです。

また無料体験をされていない方、有料会員にならずとも一定期間が経てば何回でも無料体験できるようになるので、ぜひ一度 Amazon プライムを体験してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

最新情報は Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

おすすめページ