梵字 (サンスクリット) フォントは Ap梵字悉曇フォントがおすすめ

2015/08/21

以前、干支別の守護本尊と梵字に関する記事を書きました。日常で使う文字でないため、見た目もかなりインパクトがある印象を受けます。今回は、その記事の中で使用した梵字が登録されているフォントを紹介します。

干支別の守護本尊と梵字(ぼん字)、その読み方について
密教における思想の一つで、生まれ年により特定の仏様と結ばれており、その仏様は自分を守ってくれると言う伝えがあります。そしてその守護本尊は、干支(十二支)により決められ...

朴筆風梵字悉曇フォント「Ap梵字悉曇弐式」

ap-deva-sanskrit-font01

のーまく さんまんだー ばーざらだん せんだー
まーかろしゃーだー そわたや うんたらたー
かんまん

こちらの「Ap梵字悉曇弐式」を利用すれば、不動明王の真言もこのように表現することができます。また、ダウンロードファイルの中に、このフォントで利用できる使用可能文字一覧が記載された Open Document Text 形式のファイル (Open Office や Microsoft Word で開くことができるファイル) と PDF ファイルがついているので、直接の文字の形状から探すことも可能です。

ap-deva-sanskrit-font02

こちらは一部をキャプチャしたものですが、PDF では 6ページにわたって文字が掲載されています。僕自身素人なので目的の文字を探すのは大変でしたが、このフォントのお陰で前述の記事を書くことが出来ました。

画像データとは異なりフォントとして利用することで、文字の大きさを自由に調整できるので便利です。また「Ap梵字悉曇弐式」は Unicode 対応しているフォントなので、日本語と混在していても利用することが可能です。

フォントのダウンロードサイトには、他にも梵字悉曇フォントがいくつか公開されています。詳しくは以下の配布サイトより詳細をご確認ください。

梵字悉曇フォント配布所

おすすめ記事(一部広告を含む)

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑