蔵王のお釜は、いつからいつまで行けるのか【2022年4月22日開通】

更新日: 公開日:2016/03/25
蔵王お釜

山形県と宮城県の境にある冬の時期に行くことが出来ない特別な観光地、それが「お釜」です。この雄大な風景を目の当たりにすると、わざわざ足を運んだ甲斐があったと思えるほど感動を偉えるのは間違いありません。

さて、このお釜へ行くためには、蔵王エコーライン・蔵王ハイラインと呼ばれる専用道路を通る必要があります。そしてこの道路が通行できる期間に限り、お釜を見に行くことができます

目次

蔵王エコーライン・ハイライン開通時期

お釜に行けるのはいつから?

例年はゴールデンウィークが始まる前の週、4月25日前後の金曜日から通行止めが解除されます。

2022年は予定通り、4月22日に蔵王エコーライン・蔵王ハイラインの通行止めが解除されました。これで、お釜へ車で行けるようになります!

臨時の通行止めについて

過去、2015年の実績では、火山性ガスが発生した影響により、開通が6月22日と予定より2ヶ月ほど遅れました。また2020年は新型コロナウイルスの影響により、開通が5月11日にずれ込みました。

また開通時期であっても緊急で封鎖される可能性もあるので、ゴールデンウィークなど旅行でお釜を計画されている方は、まずは蔵王町観光協会 の情報を確認してから出掛けると良いです。

そして10月以降は、降雪や路面凍結の影響により、ノーマルタイヤで通行できない場合は蔵王ハイラインが通行止めになります。当日朝8時に判断され、臨時通行止めになると蔵王町観光物産協会ホームページに情報が掲載されます。

夜間の通行止めについて

10月半は以降は、夕方17時から翌朝8時まで夜間通行止めが行われます。

朝早く行き過ぎても、お釜に行けません!そして17時にはゲートが締まるため、それまでに規制区間を抜ける必要があります。また翌朝8時の時点で、降雪や路面凍結の状況を確認して、当日の臨時通行止めを実施するか判断するようです。

お釜に行けるのはいつまで?

例年通りであれば11月初旬まで道路は開通し、文化の日 (11/3) の直後あたりから冬期通行止めが開始されます。ただし天候によって、予定が早まる可能性もあります。必ず蔵王町観光物産協会のお知らせを確認しておきましょう。

ポイント

蔵王のお釜を見られるのは4月下旬から11月初旬まで!

2022年4月22日より全面開通!通行止めは2022年は11月初旬の予定です。

蔵王エコーライン・ハイライン過去の開通時期について

蔵王エコーライン・蔵王ハイラインが通行可能だった期間、つまりお釜へ行くことができた期間について、参考として過去の実績を掲載しておきます。

開通通行止め開始
2022年4月22日 11:0011月初旬予定
2021年4月23日 11:0011月5日 17:00
2020年5月11日 11:0011月5日 17:00
2019年4月26日 11:0011月5日 17:00
2018年4月27日 11:0011月5日 17:00
2017年4月21日 11:0011月2日 17:00
2016年4月22日 11:0011月4日 17:00
2015年6月22日 8:3011月4日 17:00
2014年4月25日 11:0011月4日 17:00
2013年4月26日 11:0011月5日 17:00
  • 2020年は新型コロナウイルスの影響により開通日が5月11日に延期されました。
  • 2017年は通行止めの開始が予定より2日前倒しになりました。
  • 2015年は蔵王連峰の火山活動により火山性ガスが出ていたため、6月22日 8:30 からの開通となりました。開通期間延期により 7/31 まで蔵王ハイラインが無料で通行できました。

お釜までのカーナビ設定方法

自家用車で行く場合、カーナビの種類によって目的地に「お釜」を設定できないケースがあります。以下の記事にカーナビ設定方法や、お釜までの車でのアクセス方法、駐車場の情報を掲載しているので参考にしてください。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

東京在住の個人事業主。まとまった仕事が片付くと妻と日本中を旅しているので、その記録を残しているブログです。移動手段は車がメイン。本州であれば車中泊しながら温泉に入ったり、あちこちの神社・仏閣巡りをしています。

プロフィール詳細

おすすめページ