Excelで右クリックできない場合の対応方法

更新日:
Excelで右クリックできない場合の対応方法

問題点

Excleで、突然右クリックが反応しなくなってしまいました。全てのエリアが反応しないわけではなく、行番号、列番号の部分がピンポイントで動きません。マウスだけでなく、キーボードの右クリックも認識してくれません。

行番号・列番号で右クリックしても反応しなくなった

解決方法

xlb ファイルが破損している可能性があるので、原因を特定した上で該当ファイルを削除して Excel を起動する。

xlb ファイルとは、Excel のツールバーやメニューバーに関する情報が保存されるユーザ固有の設定ファイルです。Excel 起動時に読み込まれるため、ファイルが破損していると動作に影響を与える場合があります。

セーフモードで起動して判断

まずは Excel のセーフモードを利用して、原因が xlb ファイルであることを特定します。

Excel をセーフモードで起動する方法

Ctrl を押したまま Excel を起動します。起動時に以下のメッセージが出れば成功です。起動後はウィンドウのヘッダー部分に『セーフモード』と表示されます。

Ctrl キーが押されたままになっています。Excel をセーフモードで起動しますか?

セーフモードで右クリックが使える場合

セーフモードで問題なく右クリックができるようになった場合、ユーザ固有の設定ファイルである xlb ファイルの破損が原因 であると考えられます。

問題を解決するには、この *.xlb ファイルを削除 して再構築します。

Excel の再インストールは効果がない

この問題は、ユーザーの設定情報に依存して発生します。Excel をアンインストールしても設定情報が残ってしまうため、必ず手動での修正が必要です。もし Windows の再インストールからやり直すのであればその限りではありませんが、時間が掛かるため対処法としておすすめしません。

xlb ファイルを削除する際の注意事項

xlb ファイルを削除すると、ユーザー設定情報がリセットされます。つまり、Excel 上に設定したリボンの情報が初期化されます

改めて同じ設定ができるように、画面キャプチャーを保存しておくと便利です。

xlb ファイル削除する方法

xlbファイルを探す

Windows 7 以降の環境では、Excel のアプリ情報が下記フォルダに格納されています。エクスプローラーに直接入力して移動できます。

%AppData%\Microsoft\Excel

削除するファイルは「Excel●●.xlb」です。(●● はバージョンによってファイル名が異なる)

削除対象の XLB ファイル

あとはこの xlb ファイルを削除して、Excel を再起動します。自動的に xlb ファイルが再構築され、右クリックできるようになります。

xlbファイルが見つからない場合

状況によっては、拡張子 xlb ファイルが存在しないことがあるようです。もしファイルが存在しない場合は、レジストリの編集により右クリックを復活させることが可能です。

レジストリとは、Windows や各種アプリの設定情報を保持しているデータベースです。レジストリ内のデータは、設定を誤ると Windows が動かなくなるケースもあるため、レジストリを編集するのは最終手段です。

レジストリを修正して右クリックを復活させる

Excel のユーザー情報に関するレジストリキーの情報は、下記サイトを参考にさせていただきました。

通常は xlb ファイルの削除で解決できる問題なので、以下の内容は特別な方法になります。対応の際は間違わないよう、慎重に行ってください。

レジストリ操作による対応手順

参考にしたサイトの手順に沿い、レジストリ情報を直接削除します。間違えて別の情報を削除すると、他のアプリの情報が破損します。以下の手順に従い、バックアップを取得してから実施しましょう。

  1. Excel を起動していたら閉じる
  2. 次のフォルダ内のファイルを全て削除
    %AppData%\Microsoft\Excel\XLSTART
  3. 次のファイルを削除
    %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Office 内の Excel.officeUI
  4. レジストリエディタを起動 ( + r で regedit と入力)
  5. 以下のパスまで移動 (16.0 は Office のバージョン)
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Excel\Options
  6. Options フォルダを右クリックして [エクスポート]
    これがバックアップの代わりです
  7. Options フォルダを丸ごと削除
  8. Excel を再起動して完了

これで右クリック完全復活です!

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細