iPhone 7・8・X (Plus 含む) をお風呂の入浴中に使うことはできるのか

更新日: 公開日:2016/09/11

いきなり結論から言ってしまいますが、規格上は iPhone 7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / X を、お風呂に入りながら使うことはできます。ただし、高温多湿が電子機器に与えるダメージは大きいため、防水性能が早く劣化する可能性があります。

iPhone の防水に関する仕様は IP67 となっています。防水仕様の規格については、次の記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

iPhone 7・8・X の防水仕様が分からない人のために、規格上はどれくらい耐えられるのか分かり易く説明します
2016年9月に発表された iPhone 7 / 7 Plus、そして 2017年9月に発表された iPhone 8 / 8 Plus / X において、防水機能が搭...

簡単に説明すると、ほこりを防ぐ防塵(ぼうじん)性能は最上位クラス。ほこりが内部に入るようなことはありません。そして防水性能は、水深 1m に 30 分沈めるテストに合格しています。ただし、この状態がずっと維持されるのではなく、使い続けると経年劣化により性能が落ちます。

性能がどれくらい落ち込むかは、個々の使用状況によって異なります。1年お風呂で使い続けたらダメになってしまう人もいれば、2年間使い続けられる人もいるでしょう。

Apple は完全防水宣言をしていない

Apple の仕様では、防沫(ぼうまつ)性能、耐水性能と記載があります。

防沫性能とは、雨や弾いた水に触れても大丈夫であることを示し、耐水性能とは、水をこぼしたり、一時的に大量の水にふれても大丈夫であることを示しています。

規格上は水に沈めるテストに合格しているものの、Apple として水に沈めて大丈夫だと説明していません。性能上は水中撮影が出来るかもしれませんが、防水機能が劣化していない新品の状態に限る話だと思った方が無難です。

液体が原因で壊れたら保証対象外になるので注意

Apple の公式サイトには、次のような注釈があります。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

iPhone 8 と iPhone 8 Plus、iPhone X のページにおいても同じ内容が記されています。

一番最後の記述「液体による損傷は保証の対象になりません。」に注目してください。もうこの時点で、お風呂で使うのは止めた方が良いです。

風呂場での最大の敵は湯気

お風呂の湯気の正体は液体です。水蒸気は気体ですが、湯気は違います。気体は目に見えませんが、液体は目に見えます。湯気が白く見えるのが液体である証拠です。

つまり上記の注釈に従うと、お風呂場で iPhone 7・8・X を使って湯船に沈めていないのに壊れてしまっても、それは湯気による損傷、つまり液体による損傷として保証の対象外になります。

半身浴のように、湯船の蓋を半分閉めて直接 iPhone に湯気が当たらないようにしても、お風呂場は湯気で充満しています。お湯の温度がぬるければ、湯気の量も少ないのでリスクは軽減されます。しかし突然 iPhone が使えなくなる可能性がゼロでない限り、入浴中の使用は気をつけなくてはいけません。

お風呂場で iPhone が使えないと言っているのではありません。規格上、お風呂に入りながら使うことはできます。ただ、入浴中の理由が原因で iPhone が壊れてしまっても、保証を受けられない可能性が限りなく高いので、利用の際は、それなりの覚悟で使うようにしてください。

それでもお風呂で使いたい人は……

お風呂

どうしても入浴中に iPhone を使いたいのであれば、乾いたタオルを1枚用意しておきましょう。

  • 指が濡れていると、タップした場所が正しく認識されません
  • 本体が濡れていると、タップした場所が正しく認識されません

本体が濡れても大丈夫ですが、濡れた状態のままにしておくことは避けなくてはいけません。iPhone が濡れたら用意したタオルで拭く!これだけでもリスクは軽減されます。

お風呂で充電しながら使っちゃダメ!

ライトニングケーブルの端子が濡れた状態で充電をすると、iPhone が壊れてしまいます。場合によっては基板がショートして、電源すら入らなくなってしまいます。

入浴中だけでなく、お風呂で iPhone を使った場合は、お風呂上がりですぐに充電するのも止めましょう。本体をタオルで拭いたから大丈夫と思っていても、ライトニングの端子が濡れていたら故障の原因につながります。

そして最後に、濡れた状態をドライヤーで乾かすのも禁止です!精密機械へ高熱をあてることも故障の原因の1つです。お風呂で使う場合は、これらの「やってはいけないこと」を理解した上でご利用ください。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします