iPhone で画像を反転できる編集アプリを使えば Snow の画像も元の方向に戻すことができる

iPhone のインカメラで撮影すると、アプリによっては撮った写真が左右反対になってしまうことがあります。どうにか元に戻したいと思ったことはありませんか?

また、わざと左右反転させて、いつもと違う雰囲気の写真を SNS 等にアップロードするのも流行っているので、既に撮影した写真をひっくり返してみたいと思っている人も中にはいるのではないでしょうか。

撮影したアプリ内で画像を反転させる処理ができない場合、別のアプリを利用して画像ファイルを反転させることができます。イラスト編集するようなペイント系のアプリであれば反転機能を持ったものも多く存在しますが、写真アプリで探そうとするとなかなか見つかりません。

そこで紹介するのが、こちらのアプリです。

Line Camera by App Store
Line Camera by App Store
写真編集、アニメーションスタンプ、フィルター

LINE の公式カメラアプリ「LINE カメラ」になります。

LINE カメラのアプリで画像を反転する

では画像の反転加工を行います。例として、インカメラで撮影した SNOW の画像を編集してみましょう。

SNOW で撮影した写真を反転する

こちらが SNOW アプリで撮影した画像です。右下の SNOW のロゴは正しい向きですが、写真自体は左右反転しています。

ではここで LINE カメラのアプリを立ち上げてください。右上にある「アルバム」をタップします。すると iPhone 内にある写真を選択する画面に遷移するので、反転したい画像を選んでください。

そして「編集」ボタンをタップしたあと、画面下部にある左から2つめのメニューを選びます。

すると [回転/反転] の編集項目が現れるので、そちらを選んだ後で [左右反転] 処理をすれば、左右がひっくり返った画像になります。

SNOW で撮影した写真をそのまま反転してしまうとロゴが反対になってしまいます。もし必要であれば、画面の端っこをタップしてそのまま引っ張ることでトリミングされるので、ひっくり返ったロゴを消削ることもできます。

もしトリミングしたくないのであれば、LINE カメラのスタンプ機能を使って隠してあげるのも1つの手段なので覚えておいてください。

では、最終的に編集が終わって保存した画像をご覧ください。

LINE カメラは画像編集はもちろんのこと、マンガのコマ割りのように複数の画像を配置する「コラージュ」なる機能も持っています。画像編集アプリとして十分に使えるアプリなので、LINE カメラを使ったことがないのでれあば、これを機にインストールしてみてください。

以上、iPhone で撮影した画像を反転できる編集アプリの紹介でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑