J:COMからU-NEXT光01にインターネット回線を乗り換え!回線速度は良くなったのか?!

公開日:
インターネット乗り換え

ネット上では、口コミや評判があまり芳しくない「U-NEXT光01」ですが、個人的な事情により J:COM から乗り換えることにしました。その理由はただ1つです。

  • J:COM はアップロードの速度が遅い(最大10Mbps)

本当は最大 1Gbps の回線速度を持つ、ギガビットイーサネットを導入したかったのですが、残念ながら住んでいるマンションは非対応でした。

根本的に光回線が部屋まで届いていなければ、超高速インターネット回線は利用できません。詳しい話は、次の記事に書いているので参考にしてください。

マンションで1Gbpsが使えない
マンションで 1Gbps の高速回線が使えない理由
ギガビットイーサネットと呼ばれる、最大 1Gbps もの回線速度を持つインターネット環境。 世の中には、たくさんのインターネットサービスがあります。むしろ数が多...

U-NEXT光01を選んだ理由

住んでいるマンションで選べるネット環境が、ケーブルテレビのインターネットサービスである J:COM NET 以外に U-NEXT光01 しかなかったと言えばそれまでですが、他にも次のようなメリットが期待できました。

U-NEXT光01 が優れている点

  • アップロード速度が最大 50Mbps
  • 月額料金が 2,980 円と安い
  • 2年経てばいつ解約しても解約料が掛からない

一番の問題点であったアップロード速度が改善する上に、月額料金も安くなる。調べてみると、思った以上に好条件でした。しかしその一方で、次のような懸念もありました。

U-NEXT光01 の気になった点

  • サポートの評判が良くない
  • アップロード速度が本当に改善するのか不明
  • 混雑時に回線速度が遅くならないか心配
  • 月額料金の安さが逆に怪しい

サポートに関しては、電話がつながら・電話対応が良くないといった評判が散見されました。またサポートの連絡先が 0570 で始まるナビダイヤルを利用しているため、電話がつながるまで待たされる間も、電話料金が掛かってしまうといった話もあるようなのです。

ただ自宅のインターネット回線に関して、わざわざサポートに問い合わせるといった機会がこれまで無かったので、そこまで気にすることではないと思っています。

最終的に送られてきた契約内容の書面には、0120 で始まるカスタマーセンターの電話番号が掲載されていました。もしかしたら、僕が参考にした情報が少し古かったのかもしれません。

それよりも、回線速度が悪化してしまう可能性の有無が、僕にとっては最重要事項になります。結論から言ってしまうと、U-NEXT光01 に変えたことで大幅に速度が向上しました。

月額料金の安さについては分かりかねますが、おそらく関連会社であるアルテリアネットワークスの回線を使って、かつプロバイダも自前でやっているため、無駄なコストが省けて価格を抑えられていると推測されます。

ネットワークの回線速度の変化

J:COM から U-NEXT光01 に乗り換えて回線速度がどのように変わったのか、測定の結果をご覧ください。

なお速度を測った時刻は、マンション内のインターネット利用者が多い時間帯と推測される 21時前後 に実施しています。Google で インターネット速度テスト と検索すると表示される機能を用いてテストを行いました。

Google インターネット速度テスト

J:COM 利用時の速度

契約内容「120M コース」
  • 下り最大 120Mbps
  • 上り最大 10Mbps

j:COM ネット回線速度テスト結果

下り(ダウンロード)で 30Mbps 出ているので、フルハイビジョンの動画の閲覧は快適に行えています。しかし上り(アップロードり)が遅いため、サイズが大きいファイルをメールで送る場合など、処理が終わるまで時間が掛かってしまうのが難点でした。

いくら空いている時間を狙って測定しても、アップロード速度は 3Mbps あたりが最速です。ここまで遅いと、データ送信には不向きです。動画配信はほぼ不可能です。

U-NEXT光01 乗り換え後の速度

契約内容「VDSL 方式」
  • 下り最大 100Mbps
  • 上り最大 50Mbps

U-NEXT光01 ネット回線速度テスト結果

下りに関しては、ほぼ最大速度が出ていると言っても良いでしょう。アップロード速度も、十分に満足できるものでした。これで、ストレス無く容量が大きなファイルを送信できます。

ここまで良い結果が得られたのは、同じマンション内で U-NEXT光01 を契約している世帯が少ないのが最大の要因です。

U-NEXT光01 の VDSL 方式とは、電話線を使って光回線が使えるようになる仕組みです。

電話線を使ったインターネット環境VDSL 式

このマンションまで引かれた光回線は、1本あたり最大で32世帯まで共有できる仕様になっています。つまり、今後マンション内で利用者が増えたら、それだけネットワーク速度が遅くなる可能性を秘めているのです。

もし、これから U-NEXT光01 の契約を考えているのであれば、事前に同じマンション内でどれだけの世帯が利用しているのか確認しておきましょう。世帯数が少なければ、かなり高速な結果が得られると思います。

評判の割にはネットワーク回線の質が高い

スマートフォンを操作する女性

U-NEXT光01 の情報を調べると、どうしてもサポートの対応に関する評判の悪さが目に付いてしまいます。ただサポートとやりとりするのは一時的なものなので、そこまで懸念する材料ではないと思います。

それよりも重要なのは、ネットワークの品質です。

我が家の場合は、明らかな速度向上の結果が得られました。時間帯を問わず、ネットワークも安定しています。そもそも回線速度に関するマイナスイメージが無かったので、サポートはイマイチでも、提供するネットワーク自体はしっかりしていると実感しました。

コスパの面でも高い満足度

良くなったのは、速度だけではありません。

J:COM と比較すると、月々のインターネット料金が半額になりました。そもそも VDSL 方式は、他の会社が提供するサービスも料金形態は似たようなものです。それでも 月額2,980円 は、家計に優しい料金ではないでしょうか。

結果的に、ネットワーク環境を乗り換えて良かったと思っています。サポートに関しては何とも言えないところもありますが、問題が無ければ解約まで関わることはないので、現状の快適な環境を堪能したいと思います。

以上 J:COM から U-NEXT光01 に乗り換えた話でした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします