Minecraft のビデオ設定を変更して軽くすれば低スペックパソコンでも十分に遊べる

更新日: 公開日:2016/11/28

低スペックのパソコンでも Minecraft で遊びたい!パソコンの能力が足りずに画面がカクカクしてまともに動かない!そんな時は Minecraft のビデオ設定を変更することで、動きを軽くすることができます。

具体的にどこをいじったら良いのか分からない人のために、ビデオ設定の各項目について説明していきましょう。

Minecraft を軽くするビデオ設定はこれだ!

次の赤枠で囲った部分の設定を変えるだけで、ある程度はパソコンの能力値が低くても軽くすることができます。全体的に画面描画の負荷を軽減させる設定にすることで、低スペックマシンでも耐えられるようになります。

minecraft-video-settings01

グラフィックス [処理優先]

画面の描画優先と処理優先を選択できます。処理優先にすると、木の葉っぱが透けた状態にならず、全て色塗りされたブロックになります。始めのうちは違和感がありますが、慣れてしまえばさほど気になりません。

処理優先にしたところでゲームにおいて与える影響は、ほとんど無いと言っても良いでしょう。

スムースライティング [最小]

地面等の明るさの表示をスムーズに表示するか、ブロック単位で明るさ固定で表示するかを設定します。[なし] を設定すれば最も軽くなりますが、明るさのグラデーションが全く無い状態になると逆に見辛くなるので、[最小] の設定で抑えられるのであれば、最低限 [最小] を設定しておきたい項目です。

パーティクルの表示 [少し]

通常時に影響を受けるのは、たいまつの炎です。ただ、こちらの設定を [最小] にしてしまうと、動物に餌を与えた時にハートが出なくなってしまいます。これだと、ちゃんと餌を与えられたのか判断するのに、アイテムの個数を確認しなくてはいけなくなります。

こちらもせめて [少し] の設定で留めておきたいところです。

垂直同期の使用 [オフ]

Minecraft を軽くする上で、最も影響力のある設定がこちらです。FPS 値と画面のリフレッシュレートを同期するものです。と言ってもよくわからない方は、一般的に高性能なパソコンを使っている人も、垂直同期を設定するともたつく場合があるから一般的に OFF に設定されている項目と思っていただけると良いです。

オフにすることで画面のチラつきが生じますが、Minecraft においては全く気にならない程度なので安心してください。

描画距離 [12チャンク以下]

これはどこまで遠くのデータを読み込むかを設定する項目です。1チャンクが16ブロックとして計算されます。12チャンクだと192ブロック先まで読み込まれる設定になります。

チャンク数を大きくすればするほど、一番外側のチャンクのデータ量が増えるため、軽くするためにはより小さくしてあげることが肝心です。ゲームを楽しめる程好い距離として12チャンクを提案させていただきました。

最大フレームレート [60fps以下]

いわゆる1秒間あたりに何コマ描画するかを設定します。コマ数が増えれば滑らかに描画されますが、60fps 以上設定してもメリットはありません。パソコンに負荷を掛けないためにも最大で 60fps としておくと良いです。

しかし低スペックパソコンの場合は、60fps を叩き出すことが殆ど無いので、気休め程度かもしれません。

画面の揺れ [オフ]

歩いた際のカメラ描写が、実際に歩いている時のようにブレるような動きになります。設定しておくと確かに臨場感はありますが、画面酔いするケースもあるので、軽くするためにもオフにしておきましょう。

雲の表示 [オフ]

雲が無いとリアリティに欠けるかもしれません。しかし、全くゲームに関与しない生成物なので、軽くするためには思い切ってカットしてしまってください。

フルスクリーン [オフ]

Minecraft をプレイする画面は小さければ小さいほど、パソコンの GPU への負荷が小さくなります。低スペックマシンでフルスクリーンで遊ぶのは困難です。こちらも程好いサイズでプレイすれば、著しく負荷が軽減することがあるので、出来る限りウィンドウサイズを大きくしないように心掛けましょう。

場合によってはパソコン画面の解像度を小さくしてあげるのも手段の1つです。(解像度を下げるのはゲーム画面がぼやけた感じになってしまうので、あまりおすすめできません。)

エンティティの影 [オフ]

こちらは雲と同じ考えです。影があることもメリットは「雰囲気が出る」くらいなので、有無を言わさずオフにしてください。

それでも重い人のために更なる軽量設定を

上記の設定でも改善が見られないのであれば、各設定を最大級に軽くするしかありません。先程の設定に加えて更に軽くする方法がこちらです。

minecraft-video-settings02

スムースライティング [オフ]

夜になると分かりますが、ブロックの表面の明るさがブロック単位での描画になります。洞窟や暗い場所に限って影響する項目なので、改善が見られない可能性もあります。

パーティクルの表示 [最小]

前述の通り、たいまつの煙は消え、動物に餌をあげてもハートが出なくなります。基本的にパーティクルは、何かの動作に対して生じるものなので、こちらも著しい改善につながるのは難しいです。

描画距離 [8チャンク以下]

描画距離はとにかく短く!むしろ最小の2チャンクでも試してみてください。描画距離が短いと、ゲーム内で危険な目にあうことが増えるので注意してください。

ミップマップレベル [オフ?]

ミップマップレベルは小さくなるにつれ軽くなると言われていますが、オフにしても重たくなる状況が有り得ます。特に遠くの描画においてシャリシャリした感じが出てしまうため、確実に見辛くなります。

あまり効果が無いのであれば、僕は4のままでも構わないと思っています。

実は先程の設定と負荷はさほど変わらない

最も軽くするための設定と言っておきながら、これらの追加設定における影響は微小です。むしろ設定することで不便になることの方が多いので、前半の設定で軽くならないのであれば、新しいパソコンの購入を検討したいところですね。

10万円前後で買える高性能ゲーミングパソコン

ドスパラ ゲーミング PC ガリレア
GTX1060 搭載のミドル級のマシン


ゲーム用のパソコンで何を選んだら良いか分からない方へ。各社ゲーミング用端末を販売していますが、ドスパラの端末はきちんとしたグラフィックボードが搭載されているにも関わらず 10 万円ちょっとで購入できるのでゲーム用としておすすめできます。

また、SSD も搭載しているので、起動が速く快適な環境でゲームができます。

内蔵 GPU でも快適に遊べる例

最後に僕の環境とビデオ設定を掲載しておきます。PC はデスクトップ端末を使っています。グラフィックボードは載せていません。

OSWindows 10
CPUIntel Core i5-4670 (3.4GHz)
メモリ8GB
GPUIntel HD Graphics 4600 (内蔵)
JavaJava 8 最新版

本当は Core i7 のメモリ 16GB にして、グラボを載せたいのが正直なところです。予算的に考えて、補助電源不要の GTX750Ti の後継機である GTX1050Ti の購入を検討しています。

では僕の内蔵 GPU である Intel HD Graphics 4600 利用時に耐えうるビデオ設定をご覧ください。

minecraft-video-settings023

全体的に Minecraft の世界観を楽しめるように、滑らかな表示よりもきれいに表示されることを意識した設定になっています。

グラフィックスは葉の透明感がある描画が好きなので、思い切って描画優先にしています。そして、スムースライティングは最大です。チャンクについては必要に応じて都度 12~16の範囲で変更しています。雲の表示も無いと寂しいので、処理優先で描画しています。

これらの設定で常時フレームレートは 30 ~ 60fps の間で落ち着いています。理想を言うと 60fps に張り付いてて欲しいのですが、動物等の Mob がちょっと増えるだけで fps が落ちてしまうので、グラフィックボードを載せるまでは我慢します。

それでも気になるようなカクつきは殆どありません。ノートパソコンよりもデスクトップの方が高性能なものを安く購入できるので、どうしても Minecraft を快適にプレイしたいのであれば、やはり新しいデスクトップ端末の乗り換えを考えてみてください。

ちなみに僕のパソコンは、一般的な事務作業やブログ更新、YouTube 閲覧程度であれば余剰なスペックです。動画編集をするには貧弱ですが、それでも出来ないことはありませんので参考までに。

軽量化 MOD である OptiFine も効果あり

Minecraft には機能を拡張するための MOD と呼ばれるものが存在します。その中に軽量化に特化した OptiFine なる MOD があります。MOD は Minecraft の公式ツールではないため、サポートはされていませんが MOD 自体を使うことは認められています。

MOD を一元管理できる Forge を入れてしまうと、低スペックマシンでは耐えられないケースもありますが、OptiFine 単体の導入であればプラスに転じることは間違いありません。以下、OptiFine の導入手順について紹介しているので、よろしければ参考にしてください。

OptiFIne 導入
Minecraft 軽量化 MOD OptiFine の導入方法 【1.13.2対応済み】
Minecraft の動作を軽くするための MOD OptiFine のインストール方法を紹介していきます。 この OptiFine の主な用途は軽量化ですが、...

以上、低スペックのパソコンで Minecraft を遊ぶためのビデオ設定の紹介でした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします