ここにもあった静岡限定のご当地グッズ「横断バッグ」

2015/11/24

新東名高速道路の静岡サービスエリアに入った時のことです。道路交通標識がプリントされたグッズが売られていました。見ると全て「横断中」の標識がプリントされています。

静岡限定ご当地グッズ「横断バッグ」

子供の安全を第一に考案されたバッグ

子どもたちが安心して安全に通学できるようにと考案された小学生の通学用サブバックです。一昔前は、通学路に横断歩道があるところは、そこを渡るために使う横断用の黄色い小旗が設置されていました。子どもたちがその旗を持って、横断する旨を伝えるために利用していました。

しかし、登下校時の人数が多い時間帯には旗を持って渡る子供の方が少なく、これは危険だと感じて「横断バッグ」が作成されたようです。ナイロン製で表面は防水加工も施されています。アイデアとしては素晴らしいですね。

そしてこの「横断バッグ」は静岡の小学生にとっては、定番のアイテムらしいのです。東京近郊では見たことが無いので、静岡の人にとっては全国的な商品でないことにビックリする人も多いようです。

大人も使える「横断バッグ」グッズ

なぜ、小学生用のカバンなのにサービスエリアで販売しているのか不思議に思いましたが、すぐにその謎は解けました。バッグだけでなく様々な商品展開をしているのです。お守りケースやスマホケース、ペットボトルホルダー、お弁当箱入れ 、大人用の横断バッグなど。

shizuoka-only-oudanbag02shizuoka-only-oudanbag03

子供だけでなく、昔「横断バッグ」にお世話になった大人たちも使えるアイテムが豊富に用意されています。この静岡サービスエリアで一番の売れ筋商品は「お弁当箱入れ」です。カラーバリエーションも様々あり、オシャレと言うよりは可愛らしいグッズではないでしょうか。

元々は子供用なので、内側の縫い目の部分が補強されているなど丈夫な作りになっています。マチが付いているので、ある程度の厚みがある荷物を入れても大丈夫そうです。思いの外、利便性は高いかもしれません。

詳細は販売元である「横断バッグのミヤハラ」のホームページをご確認ください。

横断バッグのミヤハラ

ご当地グッズを見つける楽しみ方

サービスエリアやパーキングでご当地物と言えば、現地の食材を用いた食料品が定番です。中にはご当地キティや、ご当地チョッパー等、全国展開されているグッズもありますが、その地域特有の商品を見掛けることは滅多にないと思います。他の他府県でも、このようなご当地グッズはいっぱい存在しているはずなので、旅路の途中で探してみるのもまた一興ではないでしょうか。

今回紹介した横断バッグは、静岡県内で販売されているようなので、気になる方は探してみてください。なお、東名高速道路では日本平PA (下り)、新東名高速道路では静岡SA (上り・下り) で販売されています。

このブログの運営者

気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします

最近のエントリー

Switch の画面がオレンジになって動かなくなった場合の対処法の1つ!セーブデータを保持したまま本体を初期化する!

プラグインを使わず WordPress の投稿ページで PHP の外部ファイルを呼び出す方法

Feedly ボタンが機能していない?!正しい URL の情報に変更する方法

Twitter で過去のツイートを閲覧・削除する方法

赤ちゃんが泣き止む動画「ふかふかかふかのうた」は生後3ヶ月の赤ちゃんにも効果抜群だった!

これで迷わない!東京ディズニーランドの喫煙所マップ一覧【写真付き】

iTunes でアートワークが反映されないのは WAV 形式が原因!AAC に変換すれば反映される!

【徹底比較】WiMAX 2+ ギガ放題プランの最安値はどこ?【2017年10月版】

おすすめのモバイルルーター・ポケット WiFi を比較!選ぶポイントは利用目的に合わせること!

公共料金の支払いはクレジットカードと口座振替のどっちがお得?