おすすめの新潟土産!「南蛮えび煎餅」「うま塩えだ豆あられ」はコスパが高く美味しすぎて食べたら止まらない

更新日: 公開日:2016/06/20
新潟土産「南蛮えび煎餅」

新潟県のお土産で真っ先に浮かぶものは何でしょうか?

浪花屋の元祖柿の種や亀田のサラダホープ、そして日本酒や笹だんごといった米どころならではのお土産から、バスセンターのカレーのような新潟を知らないとピンとこないお土産まで、たくさんの種類が浮かぶと思います。

我が家では頻繁に新潟へ旅行するので、これまで様々なお土産を買ってきました。その中でもあまりに美味しくて、値段も安いので行くと必ず買ってしまう商品があります。今回はそんなコスパに優れた新潟土産を2つご紹介します。

新潟土産 No.1 のおすすめ「南蛮えび煎餅」

新潟 南蛮えび煎餅

南蛮エビとは?

「南蛮エビ」とは甘エビこと北国赤海老(ホッコクアカエビ)の別称です。エビの鮮やかな赤色とその形状が赤唐辛子に似ているため、新潟ではこのように呼ばれています。

新潟県の南蛮エビの主な産地は、佐渡市、新潟市、糸魚川市です。各地で 500 トンもの量が水揚げされており、漁の方法であるエビ籠漁・底曳網(そこびきあみ)漁が禁止されている7月、8月を除いて、新鮮な南蛮エビが楽しめます。

この「南蛮えび煎餅」には南蛮エビ 20% が含まれています。

カリッと仕上がったやみつきになる煎餅

南蛮えび煎餅を開封

甘エビのすり身が練りこまれ、仕上りはカリッとしています。

カッパえびせんもそうですが、エビの入ったお菓子は一度食べたらやめられない中毒性がありますよね。この南蛮えび煎餅も一枚食べ始めたら、もう止まらなくなること請け合いです。

甘エビの味わいがしっかりと感じられ、おやつに食べてもよし、お酒のアテにもぴったりの万能せんべいです。一枚あたりの大きさは直径 5cm ほどの一口大。ちょっとずつ味わいながら食べるのがおすすめです。

他のエビのお菓子では物足りなくなるほど味が濃厚なので、新潟の地酒と共に口にするにはもってこいの一品です。エビ好きの人にも十分満足いただけると思います。

リーズナブルな価格が魅力

こちらの南蛮えび煎餅は、駅のお土産売り場や新潟県内のサービスエリアで購入できます。どこのお土産売り場でもいつも人気ランキング上位にいるので、すぐに見つかると思います。

何と言っても価格設定がお土産としては安いのです。小さい箱が 18 枚入り (税抜) 600 円、大きい箱が 30 枚入り (税抜) 1,000 円です。

一枚一枚しっかり包装されているので、職場へのお土産としても最適です。

新潟はどこへ行っても安くて美味しいものが食べられるので、その味を持って帰れる「南蛮えび煎餅」は最高のお土産です!

ネットショップの場合、送料が考慮されるので通常価格よりも高くなっています。

次点「うま塩えだ豆あられ」

新潟土産「うま塩えだ豆あられ」

「南蛮えび煎餅」に次ぐ新潟土産おすすめの一品がこちら。ペースト状の枝豆が練りこまれた塩味のあられです。外はカリッと中はフワフワで、口の中に広がる枝豆の味がビールを誘います。

枝豆大国「新潟」の生んだあられ

新潟県は枝豆の消費量が全国一位です。そんな枝豆好きが集まる新潟県で生まれた「うま塩えだ豆あられ」なので、味は間違いありません。

枝豆のシーズンである6月以降から10月上旬までの期間ものの商品のようで、時期によってはお土産用の同商品が置かれていないこともあるらしいです。

小分けの袋に梱包されている

うま塩えだ豆あられの梱包

一箱あたり14袋に小分けされています。税抜 600 円と手軽に買える価格なので、大量のお土産が必要な人にもちょうど良いと思います。

一袋の量はそんなに多くありません。お皿にあけるとこんな感じです。

うま塩えだ豆あられ

外は固くて塩味が強め

外側に軽く色がつくくらい、しっかり焼かれているので思っているより硬いかもしれません。歯が弱い方にはおすすめできません。

味わい深い枝豆の風味と塩味がしっかり効いていて、ピーナッツと一緒に食べるとバランスが良いです。どちらかと言うと、大人向けのお菓子ですね。南蛮えび煎餅と同じく、おつまみとしてもマッチします。

こちらも食べ始めたら止まらなくなってしまうので、自宅用に購入しても2週間足らずで食べきることがほとんどです。ちなみにこの商品は、新潟県長岡市に本社を構える岩塚製菓が作っています。

お土産売り場のスペースが大きな店では試食が置いてあることが多いので、騙されたと思って一度食べてみてください!

お土産購入のおすすめスポット「新潟ふるさと村」

道の駅「新潟ふるさと村」は、新潟自慢の地酒や各種お土産を取り揃えている観光情報施設です。ここに行けば大抵のものは手に入りますが、車移動でないと少々行きづらいです。

普通の道の駅をイメージしていくと驚くほど大きな施設で、大型駐車場も完備しています。

新潟ふるさと村へのアクセス

車の場合
  • 新潟西インターチェンジから5分
  • 黒崎インターチェンジから5分
  • 新潟中央インターチェンジから10分
バスの場合新潟駅前から乗り「新潟ふるさと村」バス停下車

バスだと所要時間が1時間前後掛かります。乗り換えも必要なようなので、あまりおすすめはできません。バスの時刻表については、ふるさと村の公式サイトからご確認ください。

ご当地グルメが楽しめる

新潟ふるさと村で食べられるB級グルメとご当地ラーメン

2階には新潟の味を堪能できるレストランがあります。B級グルメのタレカツ丼や糸魚川ブラック焼きそば、栃尾の油揚げに新潟ラーメンなど。高速道路に乗って帰路へつく前に立ち寄るにもちょうど良いスポットです。

他にも郷土料理やお寿司が食べられるレストランがあります。

営業時間4~11月平日 11:00 ~ 16:00
土日祝 10:30 ~ 16:30
12~3月平日 11:00 ~ 15:30
土日祝 11:00 ~ 16:00

実は新潟県はラーメン王国。新潟に行くまで全く知らなかったのですが、どれも個性的でラーメン好きならチェックしてみてください。

ふるさと村は新潟がギュッと凝縮された施設

建物の横にある花畑には四季折々の花が植えられ、4月下旬には新潟の県花であるチューリップがご覧のように綺麗に咲き乱れています。

ふるさと村のチューリップ

このふるさと村を巡るだけで新潟を知ることができるくらい、お店や施設が充実しています。新潟の観光地の1つとして捉えてもいいくらいなので、ぜひ一度立ち寄ってみてください。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

東京在住の個人事業主。まとまった仕事が片付くと妻と日本中を旅しているので、その記録を残しているブログです。移動手段は車がメイン。本州であれば車中泊しながら温泉に入ったり、あちこちの神社・仏閣巡りをしています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします