検索結果が出品者 Amazon のみになるコマンドを1クリックで反映させるブックマークレット!&emi=AN1VRQENFRJN5 を反映

公開日:
検索結果が出品者 Amazonのみになる &emi=AN1VRQENFRJN5 を1クリックで反映させるブックマークレット

Amazon で買い物をする時に気をつけたいのが、販売元が怪しいマーケットプレイスで売られている商品。安いイヤホンなどを探そうものなら、よくわからない中国メーカーの商品が検索結果に数多く出てきます。

必ずしも中国メーカーが悪いわけでなないのですが、販売元が Amazon 以外の中国の会社から送られてくる場合、サクラレビューが多く商品としての信頼度が低い確率が高いです。そこで検索結果 URL の末尾に

&emi=AN1VRQENFRJN5

を付けると、Amazon 以外の出品者を表示させないコマンドとして話題になりました。

しかしこのままでは毎回コピペするのが面倒です。

そこでブラウザのブックマークとして登録し、そのブックマークをクリックするだけで末尾に &emi=AN1VRQENFRJN5 が反映されるブックマークレット(ブックマークに登録する小さなプログラムのこと)を作成したので共有します。

AN1VRQENFRJN5 をくっつけるブックマークレット

ここでは Chrome ブラウザを例に説明します。Edge や Firefox などの一般的なブラウザであれば同じように利用できます。

ブックマークレットを登録する

まず何でも良いので、適当にブックマークを登録します。例えばこのページでも構いません。適当なページを開いてブックマークします。

登録したブックマークを編集します。名前は自分で分かりやすいものに変更してください。例えば「Amazon 魔法のコマンド」みたいな感じで。そして URL に次のプログラムをコピペします。

javascript:void(location.href=location.href+"&emi=AN1VRQENFRJN5");

こんな感じです。

AN1VRQENFRJN5 ブックマークレット

ブックマークバーに登録しておけば、常に画面の上に表示しておけるので便利です。

AN1VRQENFRJN5 ブックマークレットを登録

このブックマークバーは Ctrl + Shift + B で表示・非表示が切り替えられます。

動作確認テスト

さて、登録したブックマークレットがきちんと動くのか確認しましょう。わかりやすく、怪しい検索結果が出やすいワードで検索してみると、その違いがわかります。

例えば……モバイルバッテリーと検索してみましょう。

どう見ても、知らないメーカーのモバイルバッテリーが出てきました。スポンサー表示とはいえ、余計な情報は表示させたくありません。

Amazon 検索結果「モバイルバッテリー」

ではこのまま、先ほどのブックマークレットをそのままクリックしてください。

すると検索結果の表示が一気にスッキリします。どうでしょう?

ブックマークレットをクリックするだけ

これで安心してお買い物ができると思います。

このコマンドは、一度登録すれば Amazon の仕様が変わらない限りずっと利用できるものです。Amazon のセールなど大活躍間違いなしのブックマークレットなので、ぜひ活用してください。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ