FFFTPの設定をFileZillaに移行する方法

公開日:
FFFTPの設定をFileZillaに移行する方法

日本では純国産の FTP クライアントである FFFTP が昔から人気です。しかし FFFTP は Windows 専用ソフトであるため、Linux や MacOS 環境では利用できません。

一方 FileZilla はクロスプラットフォームに対応(Windows, Linux, MacOS に対応)し、10ファイル同時転送が行えるため、大量のファイルを素早く転送できる FTP ソフトとして世界的に人気があります。

サーバー環境の移行など FFFTP の転送速度の遅さがネックになり、FilaZilla へ移行を検討している方に向けて、FFFTP の設定情報を FileZilla に移行する手順を紹介していきます。

FFFTP の接続情報をファイル出力する

FFFTP の接続先情報の保存先

FFFTP の設定情報は、レジストリと呼ばれる Windows 上にシステム設定情報を保持しているデータベース上に保存されています。

そのため FFFTP の外部エクスポート機能を用いて FileZilla に取り込めるように、XML 形式で出力します。対象となる接続情報は、FFFTP のホスト一覧に表示される情報です。

FFFTP ホスト一覧

FileZilla 用に接続情報をエクスポート

FFFTP を起動して、先程のホスト一覧を閉じます。フォルダ一覧が表示されているウインドウから [接続] → [設定] → [FilaZilla XMLに設定をエクスポート] を選択してください。

FFFTPの接続情報をFilaZilla XMLに設定をエクスポート

実行するとファイル保存のダイアログが表示されるので、任意の場所に保存します。ファイル名は変更せず、そのまま FileZilla.xml でも大丈夫です。

FilaZilla に接続情報を取り込む

設定ファイルのインポート

FilaZilla を起動し、画面左下の [ツール] → [設定のインポート/復元] を選択します。

FileZillaインポート機能実行

FFFTP から出力したファイル FileZilla.xml を選択して取り込みます。

FileZilla.xmlファイルを読み込む

取り込み対象データとして、サイトマネージャーエントリーにチェックが入っています。そのまま OK をクリックして進みます。

インポート対象の選択

これでデータの取り込みは完了です。

インポート実施完了

既存データはそのまま残る

このように既に FileZilla に登録済みの情報があっても、そのままインポートして大丈夫です。

FileZillaに登録済みの既存の接続情報

既存の設定はそのまま残り、インポート機能で取り込んだデータは追加情報として登録されます。

接続情報をFileZillaに取り込んだ結果

以上、FFFTP の接続先情報(ホスト一覧)を FilaZilla に移行する手順の紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします