Adobe CC を最安値で購入!商用利用できる個人用ライセンス デジハリ版を更新して5年目に突入。

更新日: 公開日:2021/07/20
Adobe CC を最安値で更新する

写真現像や動画編集、印刷用の Ai データ作成など、クリエイティブな仕事をしている人には欠かせない Adobe のソフトウェア。年に一度の更新が今年もやってきました。

Adobe から年間一括払いで更新すると 72,336 円。しかし僕が利用しているデジハリ版の Adobe CC は1年分で39,980円です。

しかも安いだけでなく、商用利用が可能で通常版と同じソフトが利用できます。

価格が安い理由は、アカデミック版だから。

なぜ個人事業主である僕が、学割価格で購入できるのか。それはデジハリ ONLINE スクールの受講生として、Adobe CC を利用できるのがポイントなのです。

デジハリ版の Adobe CC が安い理由

デジハリ Adobe マスター講座

オンライン講習を運営するデジタルハリウッド社(以下、デジハリ)は、Adobe から特別に認められたパートナー(プラチナスクールパートナー) です。

そしてデジハリ社が提供している Adobe マスター講座を受講するだけで、Adobe CC の学生ライセンスが付与されます。

  1. デジハリの講義を契約する
  2. デジハリの生徒扱いになる
  3. Adobe CC が学割で提供される!

デジハリ版の Adobe CC の特徴

  • 価格は39,980円
  • オンライン講座を受講できる
  • Adobe CC ライセンス【1年分】付き
  • 新規だけでなく Adobe の更新契約も可能
  • 何度でも契約できる
  • 商用利用できる

講座の価格は39,980円。3ヶ月のオンライン講座が受講できて、社会人でも学生割引が適用された Adobe CC のライセンスが与えられます。Adobe の新規契約でも、更新契約でも使えるライセンスです。

講座を受けられる期間は3ヶ月。一方で付与される Adobe CC のライセンスは1年間あります。講座が終わっても、残りの9ヶ月はそのままライセンスが利用できるのが特徴です。

Adobe CC のライセンスは、正規のアカデミック版であるものの、ライセンス付与においてオンライン講座は受講した実績は不問です。そして1年経って Adobe CC のライセンスが切れても、改めて Adobe マスター講座を受講契約すれば、再び39,980円で利用できます。

僕自身、デジハリ経由で Adobe CC を使って4年。毎年 Adobe マスター講座を契約し、5年目の契約に突入しました。

学生版 Adobe CC は商用利用できる

僕がデジハリ版の Adobe CC を使う最大の理由、それは商用利用できる点。Adobe 公式サイトにも明記されています。

Q. 商用利用できますか?
A. 基本的に商用利用が可能です。マテリアルや一部機能で使用が制限されている場合があります。詳細は製品に同梱されているエンドユーザー使用許諾書をご確認ください。

例えば Premiere Pro で編集した動画を YouTube にアップして AdSense 収益を得ることも可能だし、イラストレーターで描いた素材を販売することもできます。つまり Adobe のソフトを利用して作ったもので、商売をして OK ということ。

なお機能の利用制限に関する記述がありますが、これまで4年間使ってきて制限を受けた記憶はありません。

僕自身、全ての機能を使いこなせているわけではないので、もしかしたら気付かないところでの制限がある可能性は否めません。

Adobe マスター講座の内容

詳細は公式サイトをご覧いただくとして、ここでは簡単にまとめてお伝えします。

Adobe 初心者に向けて作られた講座で、映像による実習形式で行われます。Photoshop や Illustrator など、利用される頻度の高いソフトを中心に、基本的なスキルが身につく講座として用意されています。

デジハリ ONLINE Adobe マスター講座の内容

しかも習得したスキルを使った課題を提出すると、講師が添削してくれるサービスも用意されています。

講座の映像を閲覧できるのは1ヶ月間、添削期間は2ヶ月で3回まで行ってくれます。

デジハリ版 Adobe CC を使った感想

正規よりも安く契約できる。それがデジハリ版を何年も継続して利用している最大の理由です。講義を受けなくてもライセンスは使えるし、ライセンスが切れる頃には更新に関するメールが届くのもありがたいです。

講座はおまけ程度に考えているものの、年に一度のライセンスを更新したあとは、Adobe マスター講座の一通りチェックしています。あまり使い慣れないアプリで、忘れているところを必要に応じて復習します。

Adobe CC のライセンスが安く入手できるだけでなく、ついでにオンライン講座を受けられるのは、多くのユーザーにとって嬉しいサービスではないでしょうか。特に初心者は Adobe CC のソフトに触れる一歩目として、この講座付きプランは最適だと思います。

Adobe マスター講座の受講手続きは、デジハリ ONLINE の公式サイトから。あとはメールで Adobe CC のライセンスコードが届くので、指示に従って Adobe のサイトに登録するだけ。とても簡単です。

デジハリ版を使って、デメリットを感じたことはありません。結局のところ、通常7万円を超える Adobe CC のライセンスを、4万円で購入できるのは利用しないと勿体ない!というのが僕の結論です。

Amazon の最安値とどっちがお得?!

個人利用版であれば、Amazon のセールを利用して安く入手する方法もあります。しかし次の理由から、僕はデジハリ版をおすすめします。

  • 1年後の更新時に安くない可能性がある
  • 安いタイミングで事前購入するのが面倒
  • 側近の最安値は 42,768 円
  • デジハリ版のほうが安い

過去に1度 Amazon 版を契約したものの、ライセンス更新時期に安く契約できなかったため、結局デジハリ版に戻りました。契約したいとき、更新したいときに、いつでも安く利用できるのはデジハリ版の大きなメリットです。

せひ安く Adobe CC を利用したい方は、デジハリのサイトを確認してみてください。

シリアルコードの登録手順については、別途記事をまとめています。どのような感じで登録しているのか、こちらも参考にしてください。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ