Minecraft のビデオ設定を変更して軽くすれば低スペックパソコンでも十分に遊べる

更新日: 公開日:2016/11/28
Minecraftマイクラ

低スペックのパソコンでも Minecraft で遊びたい!パソコンの能力が足りずに画面がカクカクしてまともに動かない!

そんな時は Minecraft の ビデオ設定 を変更することで、処理を軽くして動作を軽快にすることができます。

具体的にどこを変えたらいいのか分からない人のために、ビデオ設定の各項目について説明していきましょう。

Minecraft を軽くするビデオ設定はこれだ!

次の赤枠で囲った部分が、設定を変えることで動きを軽くする効果が得られる項目です。全体的な設定を変えて負荷を軽減させることで、性能が低いパソコンでもある程度は快適にプレイできるようになります。

Minecraftで動作を軽くするための設定項目

設定を変える数が多いので、それぞれ変更することでどのような効果が得られるのか、具体的に解説していきます。

グラフィックス [処理優先]

画面の [描画優先] と [処理優先] を選択できます。

処理優先にすると、木の葉っぱが透けた状態にならず、全て塗りつぶされたブロックになります。始めのうちは違和感がありますが、慣れてしまえばそこまで気になりません。

処理優先にしても、ゲームにおいて与える影響はほとんどありません。

スムースライティング [最小]

地面等の明るさを表現する設定項目です。綺麗なグラデーションで表現するか、ブロック単位で表現するかの違いがあります。

[なし] を設定すれば最も軽くなりますが、ブロック単位で明るさが表現されるようになります。かなり見づらくなるので推奨はしません。

[最小] の設定で問題なければ、[なし] ではなく [最小] を選んでおきましょう。

パーティクルの表示 [少し]

松明の炎や煙、ブロックを壊す時に散らばる破片の表現に関する設定です。

この設定を [最小] にすると、動物に餌を与えた時にハートがでなくなってしまいます。これだとゲームに影響してしまうので [少し] に設定しておくと良いです。

垂直同期の使用 [オフ]

Minecraft を軽くする上で、最も効果的な設定がこちらです。

FPS 値と画面のリフレッシュレートを同期するものです。FPS や TPS のような動きが激しいゲームにおいては、とても重要な設定になりますが、とんでもなくマシンパワーを要する欠点があります。

[オフ] にすることで、画面のチラつきが生じることがあると言われています。でも Minecraft のようなスピード感が求められないゲームにおいては、全くに気なることは無いので安心してください。

描画距離 [12チャンク以下]

どこまで遠くのデータを読み込むかを設定する項目です。

1チャンクが Minecraft 内の16ブロック分の距離に該当します。12チャンクだと192ブロック先まで読み込まれる設定になります。

移動するたびにデータが読み込まれるので、チャンク数が大きいほどデータ読み込み処理に時間が掛るようになります。処理を軽くするには、読み込みデータ量を少なくするのが効果的です。

最大フレームレート [60fps以下]

いわゆる1秒間あたりに何コマ描画するかを設定します。

コマ数が増えれば滑らかに描画されますが、60fps 以上設定してもメリットはありません。しかし低スペックパソコンの場合は、60fps で描画することすら難しいので、気休め程度の設定だと思ってください。

気にならないようであれば 30fps くらいまでなら落としても大丈夫です。

画面の揺れ [オフ]

プレイヤーが歩いている時に、本当に歩いているかのように画面が揺れる設定です。

[オン] にしておくと臨場感はあるものの、画面酔いしやすくなる欠点もあります。高性能マシンを持っていても、その影響で [オフ] にしている人も多いです。

少しでも軽くするために [オフ] にしておきましょう。

雲の表示 [オフ]

空に浮かんでいる雲の表示設定です。

雲が無いとリアリティに欠けるかもしれません。しかし、全くゲームに関与しないので、軽くするためには思い切って [オフ] にしちゃいましょう!

フルスクリーン [オフ]

Minecraft をプレイする画面は小さければ小さいほど、パソコンの負荷が小さくなります。

性能が低いパソコンで、フルスクリーンにして遊ぶのは困難です。こちらも程好いサイズでプレイすれば、著しく負荷が軽減するので、プレイに影響しない範囲でウィンドウサイズを小さくすると良いです。

場合によっては、パソコン画面の解像度を小さくするのも手段の1つです。ただし、解像度を下げるとゲーム画面がぼやけた感じになるので、あまりおすすめはしません。

エンティティの影 [オフ]

影の表示設定です。

こちらも雲と同じ考えです。影があるメリットは「雰囲気が出る」くらいなので、有無を言わさず [オフ] にしましょう。

それでも重い人のための軽量設定

上記の設定で改善が見られないのであれば、各設定を最大まで軽くするしかありません。先程の設定に加え、更に軽くする方法がこちらです。

Minecraft動作を軽くする最大限の設定

スムースライティング [オフ]

夜になると分かりますが、ブロックの表面の明るさがブロック単位での描画になります。洞窟や暗い場所に限って影響する項目なので、改善が見られない可能性もあります。

パーティクルの表示 [最小]

たいまつの煙は消え、動物に餌をあげてもハートが出なくなります。そして、村人と取引した時のハートも出なくなります。

基本的にパーティクルは、何かの動作に対して生じるものなので、こちらも著しい改善につながるのは難しいです。

描画距離 [8チャンク以下]

描画距離はとにかく短く!むしろ最小の2チャンクでも試してみてください。なお描画距離が短いと、突然目の前にゾンビが現れることがあります。ゲーム内での危険度が増えるのでご注意を。

ミップマップレベル [オフ?]

読み込まれたチャンクデータのうち、遠く離れた場所をぼやけさせる機能です。エフェクトを掛ける機能なので、数字が小さいほど負荷は軽くなります。

しかし感覚的には、あまり軽くなった印象は受けません。完全に [オフ] にすると、シャリシャリしたドット感が出てしまうので、無理に変更しなくても良いです。

実際に変更してみて効果が無ければ、4のままでも構わないと思っています。

実は先程の設定と負荷はさほど変わらない

最も軽くするための設定と言っておきながら、これらの追加設定における影響は微小です。むしろ設定することで、不便になることの方が多いのが事実です。

前半の設定で軽くならないのであれば、もう少し性能が高い新しいパソコンの購入を検討したいところです。

10万円前後で買える高性能ゲーミングパソコン

そんなに高額は出せないけど、ゲーム用にパソコンを新調したい人のために、ゲーミングパソコンを紹介しておきます。

各社ゲーミング用端末を販売していますが、一番人気がこのドスパラのガレリアシリーズです。搭載しているパーツによって、いくつかラインナップがありますが、上記の2台は始めてゲーミングパソコンを買う人にもおすすめできる端末です。

メインのストレージは SSD で、データの読み込みが高速なのはもちろん、グラフィックボードも GTX1060 を搭載し、マインクラフトよりもパソコン性能を要する PUBG やフォートナイトもプレイできます。

もっと高性能なグラフィックボードが搭載されたモデルもあります。ぜひ予算に応じて検討してください。

内蔵 GPU でも快適に遊べる例

最後に、僕が以前グラフィックボードを搭載していないパソコンで、Minecraft をプレイしていた時のスペックと、その時のビデオ設定を掲載しておきます。

内蔵 GPU で遊べる環境の例

OSWindows 10
CPUIntel Core i5-4670 (3.4GHz)
メモリ8GB
GPUIntel HD Graphics 4600 (内蔵)
JavaJava 8 最新版

内蔵 GPU 利用時のビデオ設定の例

僕が使っていた CPU に内蔵されていたのは Intel HD Graphics 4600 です。

Intel HD Graphics 4600 利用時のMinecraftビデオ設定

満足するような快適さはないものの、Minecraft の世界観を楽しめるように、滑らかな表示よりもきれいに表示されることを意識した設定になっています。

グラフィックスは葉の透明感がある描画が好きなので、思い切って描画優先にしています。そして、スムースライティングは最大です。チャンクについては必要に応じて都度 12~16の範囲で変更しています。雲の表示も無いと寂しいので、処理優先で描画しています。

内蔵 GPU での快適さ

これらの設定で、フレームレートは 30 ~ 60fps の間で落ち着いています。理想を言うと 60fps に張り付いてて欲しいのですが、動物等の Mob がちょっと増えるだけで fps が落ちてしまいます。

それでも、気になるようなカクつきは殆どありません。これ以上の性能を求めるなら、グラフィックボードが必須になります。

ちなみにノートパソコンよりもデスクトップの方が、高性能なものを安く購入できるので、どうしても Minecraft を快適にプレイしたいのであれば、新しいデスクトップ端末の乗り換えも視野に入れてみてください。

なお僕のパソコンは、一般的な事務作業やブログ更新、YouTube 閲覧程度であれば必要十分なスペックです。それでもグラフィックボードが無いため、動画編集や動画配信には能力が足りていません。

軽量化 MOD である OptiFine も効果あり

Minecraft には機能を拡張するための MOD と呼ばれるものが存在します。その中に軽量化に特化した OptiFine なる MOD があります。MOD は Minecraft の公式ツールではないため、サポートはされていませんが MOD 自体を使うことは認められています。

特に OptiFine は、高性能なパソコンを使っている人にも人気のある MOD で、性能が低いマシンにも効果があります。詳しい導入手順は、こちらのページを参考にしてください。

Minecraft Optifine 導入手順
Minecraft 軽量化 MOD OptiFine の導入方法 【1.13.2対応済み】
Minecraft の動作を軽くするための MOD OptiFine のインストール方法を紹介していきます。 この OptiFine の主な用途は軽量化です。で...

以上、低スペックのパソコンで Minecraft を遊ぶためのビデオ設定の紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします