Microsoft の人間工学に基づいた疲れにくいおすすめのPC用キーボード

2015/12/07

microsoft-keybord01

パソコンのキーボードを選ぶとき、みなさんは何を基準に選びますか?

デスクトップのパソコンを利用しているのであれば、最初から付いてくる付属のキーボードをそのまま使っている人も中にはいるのではないでしょうか。なんとなく打ちづらいような気がしても、あまりそこら辺は気にせず使い続けているケースも多々あると思います。

利用頻度が低い場合そのままでも良いと思いますが、毎日パソコンに触れるような作業をするのであれば、別売りのキーボードを利用した方がメリットが大きいことがたくさんあります。

Microsoft のキーボードは僕も10年ほど愛用しています。それまでロジクール等いろいろ使い込んできましたが、お金を掛けた利点を見い出せませんでした。そんな中、出会ったキーボードが MS 製のものです。

最初は友達に薦められて試しに使ってみることにしたのですが、ソフト会社のキーボードなんて大したことないだろうと思っていました。しかし実際使い込んでみると、驚くくらい使いやすいキーボードでした。

オススメのパソコン用キーボードを聞かれたら迷わず MS 製をすすめるのですが、これまでなかなかメリットを上手く伝えることができなかったので、こうして文章にまとめてみることにしました。

使いやすいキーボードの特徴

何をもって使いやすいと評価するか、人によって様々かと思いますが、ここでは文字を入力することだけに焦点を当てて考えてみましょう。

キーストロークの深さ

キーストロークは一番重視される点です。昔はストロークが浅い、キーボード自体が薄いものを好んで使っていましたが、長時間作業には不向きなんですよね。例えば Mac のキーボード、皆さんは使いやすいですか?

デザイン面は良いですが、キーの打ち易さはイマイチです。もう少し深さが欲しいと言うか、キー表面が平らなので、打ちにくさを感じてしまうのかもしれません。

浅いほうが素早く入力できると評価する人もいますが、入力速度に浅さがメリットになるとはあまり感じません。むしろ、程用ストロークの深さがあることで、入力時の正確性が向上すると考えています。

キーボードでの入力作業が多いのであれば、デザイン性は後回しで考えてください。効率よく入力ができ、長時間の作業でも疲れにくい形状を求めると、デザインの部分で妥協しなくてはいけない部分が出てきます。

スペースキーが大きい

日本語入力時には必須のキーです。スペースキーが大きいのを使い続けて、初めて気付く大きさの有り難み。使っているうちは無意識なので、良さを感じることはありません。しかし別のキーボードに触れた時に、スペースキーが小さいと結構なストレスになり、この時初めて気が付きます。

スペースキーは大きい方が気持ちがいい!

単純に英語配列のキーボードを選べば、スペースキーは大きくなります。しかし個人的には 無変換 キーが無くなるのは困ります。基本的にカタカナ変換は 無変換 キーを打って一発変換しています。

F7 キーで変換するより近い場所にあり、素早い入力が出来るので好んで利用しています。

パームレストが付いている

場所をとるデメリットはさておき、キーボード手前側に手を乗せる領域があると疲れにくいです。手を乗せている面とキーボードの面が平らになるので、自然な形でキー入力をすることができるようになります。

キーボード用のパームレストもありますが、キーボードの高さに完璧に合ったものではありません。利用を薦める人も多いですが、別途買うくらいなら、最初からパームレストが付いたキーボードを僕は選びます。

キーボード入力時の姿勢が原因で、手や腕の痛み、肩こりが生じることもあります。しかしパームレストを利用することで、自分の体に掛かる負荷を軽減させることができます。

長時間のキー入力作業で体が痛くなって困っているようであれば、パームレストの導入を検討してみてください。

Microsoft キーボードの特徴

簡潔にまとめると Microsoft 製のキーボードには次のような特徴があります。

  • エルゴノミクスデザインによるキー形状
  • キーボード中央部の隆起(無いものもある)
  • パームレスト付き
  • パームレスト側を高くできる
  • 最前列のキーが大きい

Microsoft のカーブを描く穴の開いたキーボード
Sculpt Ergonomic Desktop

Microsoft製のキーボードで最初に目につくのは、何と言ってもキーの配置が真っ直ぐではない湾曲した形状をとっているところです。これは人間が快適で使いやすいよう、人間工学に基いてデザインされた形であります。別名エルゴノミクスデザインとも呼ばれています。

手の形にフィットする形状

通常キーボードを打つ時の手の位置は真っ直ぐではありませんよね?ほとんどの人が「ハ」の字に開いているはずです。キーが真っ直ぐ並んでいると手首を少し曲げないと打てませんが、通常時はあまり意識せずタイピングしていると思います。

しかし Microsoft 製のキーボードはエルゴノミクスデザインに基づき設計されているので、自然と人が手を出した状態にフィットするようにキーが配置されているのです。

例えばこちらのキーボードをご覧ください。

普段見慣れたキーボードとまるで異なり、左手用と右手用が分かれている衝撃的なキーボードとなっています。スペースキーに至っては湾曲しています。

これではブラインドタッチが完璧じゃないと使えません。そうなんです。この穴開きキーボード、そもそも正しくタイピングできる人にとってメリットが大きいキーボードとなっています。

正しいブラインドタッチができない人にとっては、残念ながらとんでもなく使い勝手の悪いキーボードとなってしまいます。

カーブ状キーボードのメリット

カーブを描いて手の形とフィットする最大のメリットは、長時間キーを打ち続けても疲れにくい点にあります。人が無理な体勢で使うことの無いよう設計されたのがエルゴノミクスであるため、実際に理にかなっている形なのです。

また画像では伝わりにくいですが、キーボード中央上部の数字キーに向かって盛り上がっています。これも自然に手を出したときにペタッと手のひらが下を向かず親指側が上がる人の動きに合わせた形になっているからです。

またスペースキー等の一番手前にある親指でタイプするキーは、少し大きめに設計されています。他の指と違って、親指は腹でタイプしないので、縦長になっている形状がよりタイピングしやすくなるよう一役買っています。

Microsoftのキーボードは、プログラマーやライター等、常にキータイピングを行っている職業の方には最適なハードウェアと言えます。このキーボードの場合、テンキーも独立しているのが嬉しいですね。

マウスもエルゴノミクスデザインになっており、たまご状の形をしています。こちらも手首への負荷が軽減されるようになっています。

いきなり異質なキーボードを紹介してしまいましたが、人間の手の形に合わせるとここまで極端な形になると理解いただければと思います。長時間キーボードを打ち続ける仕事をしていて、手首や肘といった間接に痛みを感じて困っている方は、是非エルゴノミクスデザインを取り入れたキーボードの導入をご検討ください。

とは言え、こちらはブラインドタッチができる前提の製品なので、続いてセンター部分がくっつている一般的な形状のキーボードをご覧ください。

Microsoft のカーブを描くキーボード その2
Sculpt Comfort Keyboard

ほぼ前述のキーボードと同じ特徴を有しています。センター部分がくっついているので「ハ」の字の形状は緩くなっています。若干 ESC キーが小さいですが、角にあるのでそこまで気にはなりません。

パームレストの存在が大きい

キーボード自体にパームレストがくっついている点も、使い勝手の向上に貢献しています。手前の部分が低くなっているので、手を乗せても自然な形を維持できます。そして何と言っても、このパームレスト側に足を付けて高くすることができるのも特徴です。(前述のキーボードも高くできます。)

一般的なキーボードは、ファンクションキー側を高くできるような仕組みになっています。しかし Microsoft のキーボードは、ファンクションキー側だけでなく手前を高くすることで、パームレストに載せた腕がより自然な状態になるように考慮されているのです。

microsoft-keybord02

こちらが横から見た画像です。センター部分が盛り上がっているのが、お分かりいただけますでしょうか。

手前を高くすることにより、中央部はファンクションキーに向かって緩やかに高くなり、両サイドは逆にファンクションキーに向かって低くなっています。自然に手が乗る形状になっているため、長時間作業をしていても本当に疲れません。

違和感があるのは最初のうちだけです。慣れてしまえば、この形が自分の中でスタンダードになります。

形状だけでなく、キータッチに関しても気に入っている点があります。まずは程好いストローク加減。これは人により様々なところはありますが、深すぎず浅すぎず、ちょうど良い具合に調整されています。そしてキー入力時のカタカタ音は全体的に柔らかく静かです。

こちらのキーボードは単品とマウス付きのものがあります。

ノートパソコンでも別のキーボードを使うと効率が上がる?

メインマシンがノートパソコンの場合、別でキーボードを買うことなんて考えたことがないかもしれません。昨今では省エネのため、会社で利用するパソコンもデスクトップからノートパソコンへシフトしている企業が増えています。

無論、ノートパソコンのキーボードで事足りますが、騙されたと思って一度デスクトップ用のキーボードを接続して使ってみてください。特に持ち運べるように小さなサイズのノートを利用している方は、別のキーボードを挿した方が使い勝手が良いことを実感すると思います。

個人的な見解かもしれませんが、使いやすいと思うことは、それだけタイピングにおけるストレスも軽減されるので、作業効率も向上すると考えられます。更にそのキーボードがもっと使いやすいものだったら、デスクトップマシンで作業する以上に利便性を実感することでしょう。

デスクワークにおけるキーボードは大事なデバイスです。デスクトップ端末の利用者はもちろんのこと、ノートパソコン利用者も一度使いやすいキーボードを探してみるのを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの PC

これからパソコンを買おうと考えているのであれば、いっそのこと SSD を搭載してしまいましょう。良い性能の CPU を載せようが、たくさんメモリを積もうが、一番手っ取り早く性能の向上を実感できるのがメインドライブの性能アップです。

もう OS をハードディスクに入れる時代は終わりました。ようやく SSD 搭載モデルの価格が下がってきたので、一般的にも認知され始めています。

法人・個人問わず性能の良いパソコンを求めるなら SSD を搭載するだけで処理速度が著しく変わる
皆さんが PC を買うきっかけは何でしょう?PC を購入するには人ぞれぞれ理由があると思いますが、概ね次のような理由によるものではないでしょうか。...
2017/01/22

個人事業主の開業届と青色申告の申請書を税務署へ提出!持ち物はマイナンバーカードを忘れずに!

2017/01/21

Chrome に表示された「保護された通信」「保護されない通信」とは?保護されないのは危険なのか?

2017/01/21

Word ファイルから画質を落とさず画像を取り出す方法

2017/01/20

Windows 10 でアプリをアンインストール(削除)する方法

2017/01/20

Windows 10 でデスクトップにマイコンピューターやコントロールパネルを表示する方法

2017/01/20

ファイアーエムブレムヒーローズのダウンロード方法とインストール手順【初期設定】

2017/01/17

青色申告の申請書「所得税の青色申告承認申請書」の書き方!例にならって入力すれば簡単に作成できる

2017/01/16

個人事業の開業届の書き方!例にならって入力すれば簡単に作成できる

2017/01/14

Nintendo Switch のコントローラーの充電方法は?標準の Joy-Con グリップでは充電できないので注意!

2017/01/14

Nintendo Switch の本体容量は 32GB しかない!容量追加はマイクロSDカードを利用する

→もっと見る

Name :
気力/体力勝負なシステム業界で揉まれています。自分が自分らしくあるために、大事なリセット、スタートします。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ nj-clucker.com シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑