Surface Pro 8 でリフレッシュレートを 120Hz に変更する方法【確認手順】

公開日:
Surface Pro 8 でリフレッシュレートを 120Hz に変更する方法

Surface Pro 8 のモニターは、リフレッシュレートが 120Hz 出るように設計されています。一般的な 60Hz のモニターと比べると画面の動きがなめらかになるため、ペン入力時の追従性が向上するメリットがあります。

初期設定では 60Hz が指定されているため、なめらかな 120Hz にするにはディスプレイ設定の変更が必要です。

Surface Pro 8 のリフレッシュレートを変える

変更方法

ディスプレイの設定を開きます。Windows の設定画面からディスプレイを選択。

Wndows 11 設定からディスプレイ選択

デスクトップ画面の何もないところを右クリックして [ディスプレイ設定] を選択しても OK です。

下までスクロールして [ディスプレイの詳細設定] を開く。

ディスプレイ設定から詳細設定を選択

一番下にリフレッシュレートの選択があるので、60Hz から 120Hz に変更する。

リフレッシュレートを選択

リフレッシュレートの確認

「UFOテスト」として有名な海外のサイトを紹介します。現在、モニターのリフレッシュレートが何ヘルツで動作しているのか、簡単に確認できるサイトです。

120Hz, 60Hz, 30Hz とそれぞれのリフレッシュレートで動く UFO の様子を確認すると、一番上の 120Hz のアニメーションがなめらかに動作しているのが分かると思います。

ちなみに設定が 60Hz のままだと、サイト上の表記も 60Hz が上限になります。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ

Amazon BLACK FRIDAY 11/26から12/2まで開催中