2台同時のワイヤレス充電が便利な件。CHOETECH Qi 対応充電器 T535-S レビュー

更新日: 公開日:2020/11/30
CHOETECH ワイヤレス充電レビュー

ケーブルを抜き差しする必要がない。普段スマートフォンを置いてある場所に設置すれば、勝手に充電される。きちんとルーチン化すれば、便利極まりないワイヤレス充電。

昨今はスマートフォンに限らず、イヤホンなど Qi 対応機器が増えています。今後は複数台まとめて充電できるワイヤレス充電器の需要が伸びてくるだろうと思っていた矢先、レビューの依頼が来ました。今回紹介する商品はこちら。

同レビューは CHOETECH 提供によるものです。

ワイヤレス充電の利便性

置くだけ。

テーブルの上やデスクの上にスマートフォンを置く感覚で、充電器の上に乗せるだけで勝手に充電される。マイクロ USB なのか USB-C なのか、それとも Lightning なのか、ケーブルを探す手間がない。それだけでもワイヤレス充電を導入する価値は十分にあると思います。

こんな感じで、デスク上のスマホ定位置に充電器を設置するだけ。慣れると本当に便利です。

デスク上のワイヤレス充電器にスマートフォンを置く

Android 端末も iPhone も 充電 OK

Qi 対応している機種であればどんな端末でも充電できます。先程の画像は Android のスマホですが、このように iPhone の充電だって難なく充電できます。

iPhone 8 以降の端末がワイヤレス充電に対応しています。写真は iPhone SE (2Gen) です。

iPhone SE を Qi 充電

CHOUETECH T535-S の特徴

2台同時に充電&ケース付き OK

僕のようにスマートフォンを2台持っていなくても、家族で利用する充電スペースを用意していたり、スマホ以外のワイヤレス充電対応機種を持っている人にはメリットが大きい2台充電。

CHOETECH ワイヤレス充電器で2台同時充電した様子

右側の機種は厚みのあるケースを付けているものの、問題なく充電できました。許容範囲は厚さ 5mm 以下まで。手帳型ケースでも充電可能です。バンカーリングのようなものを付けていたり、背面にカード収納の付いたケースにおいては充電できないものと考えてください。

一般的には、リビングや寝室に設置するのが最も利便性が高いと思います。

僕の場合、メインの Android、サブの iPhone と2台持ちで運用しています。両方充電するために必要だった2本のケーブルを抜き差しする手間がなくなる時点で、もうこのワイヤレス充電器の圧勝です。

仕事用&プライベート用など、スマホ2台持ちの人には絶対おすすめ。一度使ってみてください!

ズレたら充電できません!

これは同製品に限った話ではなく、ワイヤレス充電器の特性上仕方ない話です。スマートフォン等の機器において、ワイヤレス充電器の反応する場所が決まっています。スマホであれば裏面前面ではなく、一部分が反応するようになっています。

つまり充電するつもりでワイヤレス充電器の上に置いても、置き場所が悪くて充電されないようなこともしばしばあります。大抵のスマートフォンは充電開始するとバイブが反応するので、慣れないうちはそこまで確認するのを意識すると良いです。

1台だけ充電するなら、このようにスマホを横にして充電器に丸っと重ねてしまえば確実に充電できます。

スマホを横にしてワイヤレス充電器に乗せる

充電が開始すると緑色の LED が点灯します。それで充電状況が判断できます。そこまで明るくない光なので、枕元で使っていても気になりません。

ちなみに CHOETECH のこの機種は、充電器の中央に置いても端に置いても反応するように、充電器内に5つのコイルが重なって並んでいます。

表面は全面ゴム、裏面はゴム足に排熱口

ここは個人的にかなり評価の高いポイントです。部分的でなく表面が全てゴムで覆われて、滑り止めの役割を担っています。

CHOETECH T-535-S 表面のアップ

表面の中央に刻まれた CHOETECH のロゴ。これくらい目立たないほうが、デスクに置いてもスッキリして良いですね。

CHOETECH T-535-S

背面には通気口があります。ただ感覚的に、充電器本体が発熱している印象がありません。これはおそらく充電する機器の仕様により、QC 対応でなければそこまで大きなパワーで充電されず、発熱量が抑えられている可能性があります。

CHOETECH T-535-S 背面

機種によって急速充電に対応している

付属品は次の通り。

CHOETECH T-535-S 付属品

  • ワイヤレス充電器 T535-S 本体
  • USB-C to USB-A ケーブル
  • QC 3.0 対応 USB アダプター
  • 取扱説明書

この USB アダプターは QC 3.0 に対応しています。通常 5W で充電されるところを、QC 対応機種であれば 10W や 7.5W のパワーで急速充電が行われます。例えば Galaxy シリーズであれば 10W モード、iPhone であれば 7.5W モードで充電されます。

ワイヤレス充電って、そこまで急速充電のイメージがないかいもしれません。しかし、きちんと機種に合った製品を使えば短時間での充電を可能にします。

急速充電には QC 3.0 のアダプターを利用することが大前提です。付属品以外のアダプターで QC 未対応だと、急速充電されないので気をつけてください。

使ってみた感想

よかったところ・微妙なところ

  • シンプルなデザインが好み
  • 2台持ちなら絶対に使ったほうが良い
  • 配線の取り回しがスッキリ
  • 慣れると1台じゃ足りない
  • 奥行きがもう少し欲しい

1人で2台持ちでなくても家族で2台以上スマホがある家庭であれば、リビングにワイヤレス充電器を設置しておくだけで、格段と便利になると思います。1本のケーブルで2台充電できるスッキリ配線で使い勝手は良好です。

唯一構造面で気になったのは、大型スマートフォンを充電する時に充電位置を見つけづらい点が挙げられます。横に置いてしまえば確実に充電できるものの、2台充電するような状態で配置すると一発で充電できる位置に置けず、少しばかりストレスを感じます。もう少し大きめの充電器だと内部コイルサイズの外径が大きく、すぐに充電位置が分かります。このあたりは、もう少し使っていくうちに慣れるとは思います。

ケーブルなしで充電するのに慣れてしまうと、部屋や職場など至るところにワイヤレス充電器が欲しくなります。1台だけではなくて、複数台。リビングに寝室、職場のデスクに車用と4台くらいあれば快適なワイヤレス充電生活が送れると思います(笑)

スマホの定位位置にワイヤレス充電

ワイヤレス充電器は、スマートフォンを充電する定位置に設置しておくだけで、ちょっとした快適さを得られるアイテムです。ケーブルを抜き差しするのが面倒でなければ、必要のないアイテムです。それでも機会があれば、ぜひ一度使ってみてください。

ただ置くだけで充電できちゃう利点は、一度使い始めたら有線の煩わしさを感じてしまうかもしれません。今回紹介した商品は Amaozn で販売しています。もう少し詳しく知りたい方は、下記リンクから参照ください。

以上、CHOETECH の2台同時に充電できるワイヤレス充電器の紹介でした。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ