車中泊の持ち物リスト!これさえあれば宿なし旅行も満喫できるおすすめグッズを紹介

2016/01/14

2014年の消費税増税前に車を購入してから、頻繁に車で遠出をしています。東京を出発して北は青森の竜飛岬から西は兵庫の姫路城まで、様々な土地へ車で旅行をしました。混雑が予定されている日に出掛ける時は、予め宿を予約していくのですが、大半が一泊以上は車の中で寝て過ごす日があります。

車中泊用にと買い揃えたグッズも今となっては数が増え、思い立った日にすぐ車中泊前提で旅行へ行ける状態になっています。慣れてしまえば宿なし旅行も楽しいもので、車で寝泊まりしないとむしろ物足りなさを感じてしまうほどです。

そんな僕ではありますが、これまでの経験をふまえ、車中泊をするにあたり必要になるもの、また買ってよかったものを今回は紹介していきます。なお通常の旅行時に必要になるもの、例えば歯ブラシや着替え等は割愛していますので予めご了承ください。

ちなみに車種はトヨタ WISH です。2列目と3列目のシートを倒して、後ろで寝られるようにしています。

睡眠グッズ

折りたたみマットレス

折りたたんだ車のシートの上に直に寝るとゴツゴツして痛いので、安眠できるようマットレスは用意しておきたいアイテムです。しかも荷台に常備できるようコンパクトに収納できるものの方が、出し入れを行わずに済むので便利です。

うちの車には6つ折りのマットレスが積んであります。シートの凹凸をギリギリ保護する程度なので超快適とは言い難いですが、あるのと無いのでは全く寝心地が違います。安眠を求めるならマットレスは一番大事です。

お金に余裕があれば、もう少し素材の良いマットを購入したいところですね。

まくら

マットレスがあるなら枕もあると良いですね。こちらはわざわざ車用に購入するのは勿体ないので、普段の睡眠時に利用しているものを車まで運んでいます。大きめのクッションとしても役に立つので、場所はとりますが枕があっていれば安眠間違いなしです。

アイマスク

高速道路のパーキングで寝ようとすると、場所によっては電灯が眩しすぎて気になることがあります。暗めの場所に移動しても大抵はどこかしらから光が指します。素材や締めつけ感が気にならないのであれば、100均に売っているものでも構いません。

アイマスクは意外と使う頻度があるので、買ってよかったと思えるグッズの1つであります。ゴムの後が残らないようなサイズ調整できるものの方が、様々な状況下で使えるのでとても便利です。

耳栓

静かな道の駅やパーキングへ行っても、突如周りがうるさくなることはよくあること。原因はトラックです。夏・冬問わず、停車中にエンジンを付けぱなしにするトラックが多いため(保冷車はエンジンを止められない)、近くに止まられた時にはうるさくて眠れません。

完全に防御できませんが、音がうるさいのが気になって眠れない人には必須アイテムです。

掛け布団

冬は毛布、行き先と気候によっては羽毛布団、夏はタオルケットがあると良いです。こちらも枕と同様に、車中泊用のものを用意する必要はなく、自宅で使っている布団を車に積んでいきます。

慣れないうちは寒くなりすぎないよう数枚用意しておくと良いです。後は経験則で調整していってください。

日除けグッズ

サンシェード

夜は電灯の明かりから守るために、日中は日差しの熱から守るために、年中活躍しているアイテムです。特に夏場は寝ている時に何とか車中で眠れるちょうど良い気候でも、朝の日差しと共に車中の温度が一気に上昇します。旅行先で朝起きたら熱中症になったなんて洒落になりませんので、熱対策として用意しておきましょう。

そしてこの紹介しているクレトムのサンシェードは、あっと言う間に広げられ簡単にたためるので、手間がかからず重宝しています。普段はドアのサイドポケットにしまえるので場所も取らずに非常に便利です。

以前は吸盤で貼り付ける折りたたみタイプの安物を使っていました。しかし気付くと外れて折り目に沿ってたたまれてしまい、隙間から日差しが入り意味を成さないことがあったので、ちゃんとしたものを購入しておいた方がストレス無く過ごせます。

サイドカーテン

フロントだけでなくサイドのカーテンもあると便利です。常に付けておくものもありますが、見た目がダサくなってしまうので僕はあまり好きではありません。車中泊をすると言うことは車中で着替えることもありますので、目隠しとしても用意しておきたいところです。

サイドのサンシェードは、車のウィンドウサイズによって合ったり合わなかったりするので、購入前にサイズを確認するようにしてください。車の車種専用に作っているものは高額であるため、安く済ませるのであれば様々な車種に対応している伸び縮みする素材のものを選ぶと良いです。うちの車も伸縮性の素材のものを使っています。

リア用のサンシェードの紹介は割愛しますが、全体を覆いたい人は用意しておきましょう。ちなみにうちの場合、リアは寝る時に足元になりあまり気にならないので、安物のサンシェードを使っています。そして吸盤がよく取れて朝になると外れています。(笑)

サンシェードは冬場の寒さ対策にも役に立ちますので、是非とも用意しておきたいグッズです。

日用品

シガーソケットチャージャー

シガーソケットに挿してスマホの充電ができるようにするアイテムです。しかもただ USB が使えるようになるだけでなく、急速充電できるタイプのものを用意すると良いです。寝ている最中は充電できないし、移動時間が短いと充電できる量も少ないので、短時間で一気に充電できるものがおすすめです。

うちの車のカーナビが若干古いので、Google Map のナビに頼るケースが多いのですが、GPS を起動しているとバッテリーの消耗が激しいので、急速タイプが役に立っています。なお急速充電するには、それに対応したケーブルが必要になるのでご注意ください。

Android 用のマイクロ USB 対応ケーブルについては、以下のページで紹介しているので併せてご覧ください。

Android 用 micro USB ケーブルは安くて高品質な Anker 製品がおすすめ
Android 用のマイクロ USB ケーブルを購入するきっかけは様々かと思いますが、皆さんはどのような基準でケーブルを選んでいますか?持ち運び用のサブで考え...

スマートフォンの充電のためにシガーソケットを利用しなくても 10,000mAh 以上の大容量モバイルバッテリーがあれば、複数回のフル充電が行えます。2人分で2泊3日程度であれば、モバイルバッテリーだけでも事足ります。

日中スマホのカーナビ機能を使うと大きく電池残量が減るので、用途に応じてシガーソケットからの給電ができる機器を用意しておくと安心です。

モバイルバッテリーについても、どのように選んだら良いかを詳しく解説したページがあるので、一読いただければと思います。

おすすめモバイルバッテリーの選び方!自分のスマートフォンに適したバッテリーを購入しよう
アラームで1日が始まり、LINE や Facebook、Twitter といった SNS から、電卓、メール、ナビや乗換案内のような便利ツール、そして電子マネーにカメ...

お風呂セット

車中泊するなら、お風呂は銭湯か温泉の日帰り入浴施設に入る機会が多くなります。我が家ではお風呂専用のバッグを用意しています。市営の安い温泉施設に行くと、シャンプーやボディーソープが置いていない場所もあります。簡単に持ち運べるようなボトル(100均でも可)に自宅のシャンプー等を補充して用意しておきましょう。

浴室内へ持ち運べるカゴもあると便利です。スーパー銭湯ではそのような荷物置場も中にあります。カゴが無いと、持って入ったボトルの置き場所に困ってしまいます。時々、自宅用の大きなシャンプーボトルを持って入る人も居てびっくりしますが、おそらく常連さんなのでしょう。

タオル(複数枚)

このタオル、車に常備しています。持ってきたタオルが全て濡れてしまったとか、硫黄の温泉に入ったせいで匂いがきつくて使えない状態になる等、意外なところでとタオルは不足しがちです。

10枚入りを常備しておいても、大きく場所を取るものではありません。何かにつけて、あると便利なアイテムです。使ってすぐに捨てる場合もあるので、積んでおくのであれば安いタオルで構いません。

メイク落とし

嫁曰く、拭くだけの化粧落としの使い勝手が最も良いそうです。車で移動していると、タイミング悪く夜お風呂に入れないこともあります。そして冬場なのにお湯が出ないパーキングもあります。流石に、ずっと化粧しっぱなしでいる訳にはいかないので、携帯用を常備しています。

その他あると便利なもの

水筒

少しでも旅費を安く済ませたいのであれば、水筒を用意しておきましょう。2リットルのペットボトルから継ぎ足せば、いつでも冷たい状態で飲むことができます。氷はどうするかと言うと……次に紹介するクーラーボックスが解決してくれます。

運転しながら飲むことを考えると、ワンタッチでオープンできる THERMOS の水筒はおすすめです。行きに氷を多めに詰めていけば、結構な時間溶けずに残ってくれます。また冬場は高速道路のパーキングにあるお茶を詰めれば、暖かい状態を維持できます。

クーラーボックス

氷や冷たいジュースの温度を保つならクーラーボックスです。そして夏場にお弁当を持って出掛ける時は、基本クーラーボックスで保存しています。

これさえあればお土産に要冷蔵のものがあっても、帰りの道のりを耐えぬいてくれます。保冷剤が無ければ、代わりにコンビニで売っている大きな板氷を入れておけば大丈夫です。あるととても便利なのですが、少々場所を取ってしまうのが難点です。

ブルーシート

レジャーシートの代わりにもなり、サンシェードの代わりにもなる。そして布団が足りずに寒ければ上から羽織ってしまえば良い。

ブルーシートは何でも使える万能性の高いアイテムです。ここまで活用できる幅が広いものは、なかなかありません。大きいサイズでも値段が安いので、少し大きめのものを用意しておくと良いです。

折りたたみ椅子

海や花火大会のレジャーにはもってこい。車だからこそ、ちょっとかさばっても持っていけるアイテムです。五所川原ねぶた祭に行った時に大活躍しました。

車の折りたたんだシートの隙間にしまえたので、こいつもいつも車の中に置きっぱなしになっています。

シガーソケットからのインバーター

コンセントが使えるようになるアイテムです。デジカメの充電等は USB で行えるものが少ないので、コンセントが使えるととても便利です。

ただし紹介したのは 30W のものなので、ノートパソコン等を利用するのであれば、もっとワット数の大きいインバーターを用意する必要があります。

携帯用トイレ

車移動の弱点は、いつ何時渋滞に巻き込まれるか分からないところです。自然渋滞ならまだしも大きな事故渋滞に巻き込まれた日には、車が 1mm も動かないような状況下におかれることも考えられます。そんな時に限って生理現象が起こるんですよね。

渋滞のせいで過去に何度も我慢の限界に達したことがあります。子供連れであれば尚更必要になる頻度は高くなります。

出来れば車の中で用を足したくありませんが、こればかりはどうしようもないことなので……保険を掛けておく意味でも事前準備しておくのが懸命です。

サンダル

長時間シューズを履いていると疲れてしまうので、時折サンダルに履き替えています。クロックスは、かかと止めがあるので、運転中に脱げるようなこともありません。移動時間が長ければ長いほど、あってよかったと思えるものです。

車で行く旅は楽しい!

以上、いかがでしたでしょうか。車中泊はいかに車内で快適に過ごすかがポイントとなってきます。準備万端であれば初めての車中泊でも何も怖くありません。仮に忘れ物をしたって、よほどの山の中でない限りちょっと車で走れば買い足すこともできます。移動の自由があるのが車中泊の良いところです。

予想もしないイベントに遭遇したり、予定していなかった場所で楽しんでしまったり、電車の旅行では味わえない車ならではの面白さがあるのが良いですよね。

今回のグッズ紹介が車中泊の旅のお役に立てれば幸いです。それでは車の旅を楽しんでください。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑