Android 用 micro USB ケーブルは安くて高品質な Anker 製品がおすすめ

2016/06/19

Android 用のマイクロ USB ケーブルを購入するきっかけは様々かと思いますが、皆さんはどのような基準でケーブルを選んでいますか?

持ち運び用のサブで考えているなら、100均で売っているような安物で済ませようと思っているかもしれません。また断線により、性能の良い物を買い直したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

僕は基本的に4本構成で利用しています。自宅の充電用、車のシガーソケットからの充電用、そして持ち運びのモバイルバッテリー用、パソコンへの接続用です。スマホは毎日使うものなので、micro USB ケーブルが複数本あるのは非常に便利です。基本的には Anker の USB ケーブルを使っています。

Anker 社は元 Google の社員により設立されたベンチャー企業で「信頼できる品質をお求めやすい価格で提供すること」をミッションとして掲げています。

ネット上の口コミを見ても、Anker の製品はコストパフォーマンスが非常に高いと評判が良い商品ばかり。今回はそんな Anker の製品から、Android 用の micro USB ケーブルにを紹介していきます。

高速充電対応とは?

micro USB ケーブルを見ていると「高速充電対応」と表記されている場合があります。その名の通り充電時間を短くなると言うことです。しかし勘違いしないでください。この高速充電対応ケーブルに交換すれば充電が早くなる訳ではありません。

高速充電出来るか否かは、USB を挿すアダプター側の能力に依存します。通常の USB 用電源アダプターは、一般的に出力が 1.0A です。この 1.0A で充電した場合が、いつもの充電時間と考えてください。これより早い時間で充電する為には、よりアンペア数が高いアダプターを利用する必要があります。

例えばこちらのアダプターをご覧ください。

最大出力アンペア数が 2.4A となっています。ポートも2つ付いているので、2台同時に充電することも可能です。アンペア数が倍以上違うので、バッテリー残量 80% までの充電速度の格段に違いが出ます。

リチウムイオン電池の性能から、残量 80% 以上の充電においては速度が遅くなるため高速充電の恩恵は受けられません。

急いで出掛けなくてはいけないのに、スマートフォンのバッテリー容量が少なくて困ることがありますよね。そんな時は急速充電を5分、10分することで全然変わってきます。高速充電用アダプターがあるだけで充電を待つイライラからも開放されるので、1つ持っていても損をすることはありません。

高速充電を行うデメリット

通常よりも高いアンペア数で充電するため、バッテリーへの負荷は大きくなります。新しいバッテリーは性能が向上しているので影響は小さいですが、バッテリーの寿命を縮める1つの要因となるので覚えておいてください。

また、通常の充電より熱を持つこともあるため、充電しながらのスマホの操作は極力控えておいた方が良いでしょう。

パソコンの充電は低速になるので気をつけて!

時折、パソコンの USB 端子に接続して充電している人を見かけますが、仕様上 USB 2.0 の最大出力アンペア数は 0.5A となっています。前述の説明で分かる通り、アンペア数が少なくなっているため充電に必要な時間も増えます。

パソコンにつなぐと充電の進みが遅いのは、このような理由があります。充電目的でパソコンにつなぐのはあまり良くないので、電源が空いているならば、きちんと USB 用アダプターを使うようにしましょう。

Anker のおすすめ micro USB ケーブル

僕がおすすめする micro USB ケーブルは、高速充電対応のものです。通常の充電しか行わない想定であっても、いつどこでアンペアの高い USB アダプターへ接続するか分かりません。非対応のものだと、電流の強さに負けて破損するリスクもあります。

スマホは日常生活に無いと困るものですから、下手に安物に手を出さず品質に定評のあるものを購入するようにしましょう。

高耐久ケブラー繊維 Anker PowerLine Micro USBケーブル

僕は主にこの micro USB ケーブルを使用しています。3本セットでこの値段なので、複数本欲しい人には最もコストパフォーマンスの高い商品となっています。急速充電対応しているだけでなく、防弾仕様のケブラー繊維を使用しているので耐久性にも優れています。

複数あれば、わざわざ充電器からケーブルを外すことなく、常にカバンの中に1本忍ばせておけます。良くわからないメーカーの1本500円程度で売っているケーブルを買うくらいなら、迷わずこちらのケーブルを選んでいただきたいです。

1本あたりの単価にすると、400円程度です。ダメになったら買い換えれば良いと思える金額です。が、これがまたなかなか壊れないのです。確かに、値段は安く品質は高くと、Anker のミッションにマッチしています。

このようにマジックテープ仕様のバンドで束ねられているので、カバンやデスクの中でケーブルが暴れて絡まるようなこともありません。ペンケースにそのまま入れておくことも可能です。

recommended-micro-usb-cable-for-android01

ケーブルを結ぶよりも、こちらの方がコンパクトに収納できます。しかもこのようにマジックテープ部分をケーブルに固定できるので、紛失する心配もありません。

recommended-micro-usb-cable-for-android03

以前、自宅のケーブルが棚の中に散乱してマジックテープ式のバンドで対応した記事を書きましたが、予めこのように束ねられる仕様になっているのは嬉しいポイントです。

たくさんのケーブルを綺麗にまとめるにはマジックバンドの結束テープが最高に良い
自宅の棚の一角をガジェットボックス入れと称し、様々なモノを放り込んでいるのですが、最近パンパンになりすぎて入らなくなってしまったので中身の整理をすることにしました。す...

一点、欲を言うならば、micro USB 端子がL字になっている商品も出して欲しいですね。元々 XPERIA 用に使っていた純正ケーブルはL字が標準でした。

recommended-micro-usb-cable-for-android02

クレードルに接続する場合等、この形状だったから場所も取らず勝手が良かったのです。L字のケーブルもあるにはありますが、いまいちおすすめ出来ないので紹介はしません。わざわざL字に変換するコネクタもありますが、接続口がカッコ悪くなるので、これも却下です。

高耐久ナイロンは最強のケーブル素材

繰り返しの折り曲げなどの負荷により断線が懸念される USB ケーブルですが、絶対的な強度を求めるのであれば高耐久ナイロン素材のケーブルが最強の素材と言えます。以下の USB ケーブルは、外側が二重に編み込まれたナイロン製の素材となっています。

高耐久ナイロンの特徴として、次の2点が挙げられます。

  • 絡まりにくい
  • 引っ張る力の耐久性がある
  • 外部からの衝撃に強い

引っ張る力への耐久性とは、ケーブルを横に引っ張っても最大で 80kg の力まで耐えられる構造になっています。1本あたりの単価は高くなってしまうものの、高耐久ナイロン素材のケーブルを一度使ってしまったら、他のケーブルは使えなくなるくらい丈夫さに魅力を感じるでしょう。

ケーブルを曲げても元に戻ろうとする反発力があるため、鞄の中へ適当に放り込んでも絡まりにくく、使い勝手がとても良いです。

また、上記4色のカラーバリエーションだけでなく、長さも0.3m、0.9m、1.8m、3.0m と、需要に合わせたラインナップが揃っているのも嬉しいポイントです。これら各商品にはフェルト製ポーチ付属が付属しているので、外へ持ち出す普段使い専用としても適しています。日常的に抜き差しの頻度が多いのであれば、より丈夫なケーブルを選びたいところです。

Anker の製品保証期間は18ヶ月

全ての製品において保証期間が1年半となっています。ゆえに通常の使い方をして断線や接触不良が起こっても、保証期間内であれば製品を交換してもらえます。かなり長い期間設けているので、利用者にとってはありがたい限りです。なお、返金・交換の手続きは以下のページから行えます。

Anker | 返金または交換

ケーブルはダメになったらすぐ交換

接触不良が起こって充電しづらくなったりと、調子が悪くなったらそのまま使わないようにしてください。もし断線して内部でショートすると、そこから発熱する危険もあります。ケーブルは消耗品なので、ダメになったら無理して使わず交換するように心掛けましょう。

初期不良は皆無ではない

今回紹介したケーブルのような消耗品は生産されている数も多いため、一部の商品においては初期不良が生じることがあります。使って1ヶ月で接続不良になったり、内部断線してしまったりするケースは初期不良の1つです。

全てが完璧に作られている訳ではないので、それを前提に考えてください。もし不良品をつかんでしまったら、手間にはなりますが申請すればきちんと交換対応してくれるので、購入メーカーの保証に関しても予め知っておくと良いでしょう。Anker 製品については前述に記載の通り、18ヶ月保証で返金・交換の Web フォームも用意されています。

こればかりは購入時の金額に関係なく起こり得ることです。時折、1か月でダメになってしまったとレビューで低評価を付ける人がいますが、初期不良の可能性があります。安物だと本当に品質が悪いこともあります。

トータルで見ると、Anker の製品は安定感が抜群です。たかがケーブルですが、されどケーブルです。是非、良質な製品を見極めてください。

以上、おすすめの Android 用 micro USB ケーブルの紹介でした。

Amazon で送料無料の最低金額に満たない方へ

Amazon のプライム会員でない人は、Amazon が販売している商品の購入金額が2,000円に満たない場合、送料が350円生じてしまいます。あともう少しで2,000円を超える時に、安い商品をどうやって探すかを以下のページにまとめました。こちらも併せて参考にしてみてください。

送料を無料にするために Amazon 発送の安い商品を探す方法!ただ100円以下の商品を探すのは難しい!
2016年4月に Amazon 発送の送料が、無料から350円へ変更されました。この送料が適用されるのは、2,000円以下の買い物の場合に限られます。あと20...

その他、おすすめの Android 向け製品はこちら

Android 用おすすめの SD カード特集!選ぶポイントは容量と転送速度
スマホの中で延々と右肩上がりに増え続けるデータの代表格が、音楽や写真のメディアデータです。それぞれ合わせると数十ギガバイトのサイズになるケースもあり、スマホの容量を圧...
おすすめモバイルバッテリーの選び方!自分のスマートフォンに適したバッテリーを購入しよう
アラームで1日が始まり、LINE や Facebook、Twitter といった SNS から、電卓、メール、ナビや乗換案内のような便利ツール、そして電子マネーにカメ...

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑