天下一品の持ち帰りラーメンの作り方!美味しく仕上げるコツはいかに熱々の状態を保つかが大切

あまりにも天下一品のラーメンが好きすぎて、絶えず「天一のラーメンが食べたい!」と騒いている我が家なのですが、友人から時折お持ち帰り用のラーメンをいただきます。想いは願えば届くといったもので、いつも美味しくいただいております。

さて、このお持ち帰りのラーメン、自宅で簡単に調理することができます。しかし、手を抜いて調理してしまうとぬるいラーメンが出来上がってしまい、物足りなさいっぱいのラーメンとなってしまいます。幸いなことに長年に渡って持ち帰りラーメンを調理し続けたことで、熱々の状態で仕上げる手順をマスターすることができました。

天下一品のラーメンを美味しく食べるには、熱々に仕上げるのが一番です。そこで、僕がどのような手順で調理しているかをお伝えします!

天下一品の持ち帰りラーメンの作り方

天下一品のテイクアウト用のラーメンを購入すると、次のような「ラーメンをおいしく作る方法」が記された用紙がついてきます。基本的にはこの手順で調理すれば良いのですが、もう少し細かい手順を加えてあげることで、より美味しく作ることができます。

用意するもの

  • 麺を茹でる鍋
  • スープを温める鍋
  • おたま
  • 湯切り用のざる
  • 菜箸もしくはトング
  • はさみ
  • キッチンタイマー
  • ラーメンどんぶり

用意できるのであれば、鍋は大きい方が望ましいです。はさみは袋を切るために使いますが、手で切れるので無くても構いません。

調理前の準備

店頭で持ち帰り用を購入した場合、基本的には具材が付属しますが、夏の暑い時期など時期によっては具材がついてこないので必要に応じて用意してください。麺やスープ、具材は冷蔵保存していると思いますので、まずは具材と麺を冷蔵庫から出してしばらく放置しておきます。

具材を冷蔵庫から出してすぐにラーメンにのせると、冷たいチャーシューやメンマでスープが冷えてしまいます。麺を外に出しておくのは、大きな鍋を用意できないため、沸騰後に麺を湯がいた際に温度が下がりすぎないようにするのを目的としています。もし大きな鍋があるならば、麺のほうはあまり気にしなくても良いかもしれません。

30分くらいそのままにしておくのが理想ですが、今すぐにでも食べたいのであれば、無理して常温に戻す必要はありません。

調理開始

まずは2つの鍋に多めの水を入れて、同時にコンロに火をかけ(強火)沸騰させてください。おたまで先に沸騰した鍋のお湯をラーメンどんぶりに注いで温めます。この時、ラーメンだれ・からし味噌・にんにく薬味も一緒に温めてしまいましょう。

僕はからし味噌を使わないので、にんにく薬味だけ温めています。

どんぶりに注いでお湯が足りなくなってしまったら、もう一方の鍋からお湯を足して量を調整してください。スープ用に用意した鍋が沸騰したら、ここからが勝負です。

ポイント

キッチンタイマーの時間は予め9分でセットしておく

ではスープの袋を鍋に入れましょう。この時お湯の中に袋全体が沈むようにしてください。そしてスープの袋を鍋に入れた後、もう一度その鍋が沸騰したタイミングでタイマーをスタートさせます。

ご覧の通り、全体がボコボコと沸騰するまではタイマーをスタートしないようにしましょう。

麺を茹でる鍋は火を弱めるか、フタをしてお湯の量が減らないようにしておきます。もし大きな鍋にたくさんの水を入れているのであれば、そのまま放置でも構いません。

【6分後/残り3分】

ラーメンどんぶりのお湯を捨てて「ラーメンだれ」をどんぶりに入れます。このラーメンだれは多めに入っているので、好みに応じて量を調整してください。最初は半分くらい入れて、残りを食べながら調節すると良いでしょう。

僕は濃い目が好きなので、全部入れてしまいます。また、からし味噌・にんにく薬味は食べる直前に入れれば良いですが、面倒であればこの段階で入れてしまっても大丈夫です。

麺を茹でる鍋の火を弱めているのであれば、強火にして一気に沸騰状態へもっていきます。

【7分後/残り2分】

ここで麺の投入です。ほぐしながら入れ、菜箸やトングで軽くさばいてください。今回僕が使った鍋は少し小さすぎたので、お湯の温度がすぐに下がってしまいました。本来であれば2リットル近く入る鍋を使ったほうが望ましいです。

【8分後/残り1分】

スープを鍋から取り出します。封を切る前に、左右に振って袋の中でスープを混ぜてください。僕はこのとき、しっかり混ざるように少し強めに振っています。その後ラーメンどんぶりへスープを入れて、たれと混ぜ合わせます。

【9分後】

キッチンタイマーが終わりの合図を示したら、麺をザルに取り出します。こってりスープが薄くならないよう、ここはしっかりと湯切りしてください。そして麺をスープに入れて軽く混ぜ、具材をのせれば出来上がりです!

熱々に仕上げる最大のポイントは、ラーメンスープを沸騰状態で8分温めることです。長過ぎる分には問題ありませんが、ちょっとでも短いと仕上がりがぬるくなってしまいます。あと、菜箸を使うよりトングの方が具材をのせるのに便利なのでおすすめです。

では最後に手順をおさらいしましょう。

手順のまとめ

  1. 調理前に麺と具材を冷蔵庫から出して常温に戻す
  2. 2つの鍋を強火で同時に温め始める
  3. 片方が沸騰したらそのお湯でどんぶりを温める
  4. どんぶりと共に、たれと薬味も温める
  5. 沸騰した鍋にラーメンスープを入れて再沸騰を待つ
  6. 再沸騰したらタイマースタート【残り9分】
  7. 【6分後/残り3分】どんぶりのお湯を捨てて、たれを入れる
  8. 【7分後/残り2分】麺を茹で始める
  9. 【8分後/残り1分】ラーメンスープをどんぶりに入れよく混ぜる
  10. 【9分後】麺を湯切りし、どんぶりに入れて具材をのせる

これで間違いなく熱々の天一ラーメンが出来上がります!ぜひお試しあれ!

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑