IMESupport で Sublime Text 3 での日本語変換候補位置を補正する

更新日: 公開日:2013/12/24
Sublime Text 日本語入力対応

初期状態の Sublime Text 3 は、日本語入力時の変換候補が画面左下に表示されてしまいます。

adjast-ime-position-on-sublime-text01

プログラミングなどのコードを書いているときには気にならないものの、コメントを入力しようとすると一気に使い勝手の悪さを感じてしまいます。

そこで登場するのが拡張機能です!日本語入力における変換候補の位置を補正してくれるプラグイン IMESupport をご紹介します。

IMESupport の導入方法

既に Sublime Text の日本語化を行っているなら、同様の手順でプラグインをインストールできます。

もしまだ日本語化していない、またはプラグイン導入に必要な Package Control をインストールしていない場合は、こちらのエントリーにある「Package Control のインストール」を参照ください。

Sublime Text
【導入&日本語化】Sublime Text はプログラミングに最適なエディタ!
長年テキストエディタとして サクラエディタ を使用してきたのですが、もう一歩踏み込んだ機能が欲しくて、新たなテキストエディタとの出会いを求めていた昨今。 そして...

インストール手順

  1. メニューから ツール(T) > コマンドパレット を選択
  2. Package Control: Install Package を選択
  3. 別のパレットが立ち上がるので IMESupport を検索して選択
    adjast-ime-position-on-sublime-text02

インストール手順は以上です。Package Control を利用すると、プラグインの導入が簡単に行えます。

これで変換候補位置が、正しい位置に表示されるようになりました!

adjast-ime-position-on-sublime-text03

2017年頃に 64bit 版 Windows 10 で、変換候補の表示位置がおかしくなるバグが報告されていました。しかし Sublime Text 3 本体のバージョンアップにより、問題が解消されました。2019年9月現在も問題なく利用できています。

以上、Sublime Text 3 での日本語変換候補位置を補正するプラグイン IMESupport の紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします