Sublime Text 3 で編集中のテキストの変更行をハイライトするMarking Changed Rows

2014/11/16

Sublime Text が便利過ぎて、ありとあらゆるファイルの編集に利用しているのですが、大規模なステップ数のファイルに手を加えていると、編集中のファイルの更新した行がわからず、時々更新箇所迷子になってしまうことがあります。

大抵のテキストエディタは、標準機能として搭載していますが、どうも Sublime Text には、変更箇所を示す機能が無いみたいなのです。

例えばこのファイル。

highlight-change-rows-on-sublime-text01

既に一部変更していますが、どこを変更したのか全くわかりません。そこで、このような場合に変更箇所を示すプラグインを探してみたところ、丁度良いものを見つけました。

Marking Changed Rowsで編集中の変更行を可視化

プラグインは「Package Control」を利用してのインストールを行いますので、Package Control をインストールしていない場合は、こちらのエントリーの「Package Control のインストール」を参照ください。

【導入&日本語化】Sublime Text はプログラミングに最適なエディタ!
長年テキストエディタとして サクラエディタ を使用してきたのですが、もう一歩踏み込んだ機能が欲しくて、新たなテキストエディタとの出会いを求めていた昨今。ようや...
  1. メニューから ツール(T) > コマンドパレット を選択(もしくはショートカットキー: Ctrl + Shift + p
  2. Package Control: Install Package を選択
  3. 別のパレットが立ち上がるので Marking Changed Rows を検索し、選択
    highlight-change-rows-on-sublime-text02

さあ、これで変更行が見えるようになりました。

highlight-change-rows-on-sublime-text03

行番号の左側に丸印が付いた行が変更した行になります。色は利用しているテーマによって変わります。既に保存しているファイルに対して変更を加えた場合にマークされるので、新規作成中のファイルへは反映されません。

また保存せずに Sublime Text を閉じた場合、再度起動した時にもきちんと変更箇所がマークされます。アプリを閉じた場合、Ctrl + z も効かなくなるので、このように変更箇所が分かるだけでも、だいぶ作業効率が向上すると思われます。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします

サイト内検索

最近のエントリー

どうぶつの森ポケットキャンプのダウンロード方法とインストール手順【初期設定】

どうぶつの森ポケットキャンプの配信開始も通信エラーが頻発!原因はアクセス過多か?!

WordPress でプラグインを利用せずメールフォームを自作!画面遷移せず非同期処理で実装

安室奈美恵 Finally 再録曲は完コピを超えた!もはやベストアルバムではなくニューアルバムだ!

iTunes で再生回数や最後に再生した日が更新されない場合の対処法

AbemaTV(アベマTV)をテレビ画面で見る方法!基本的にネット環境は必須!

Nintendo Switch 初期不良による問い合わせから修理までの流れ

Windows 10 起動時に Chrome が勝手に起動する原因は?急に起動するようになったのは OS の仕様変更によるもの

JavaScript の数値チェックに isNaN を使ってはいけない理由

Nintendo Switch のセーブデータを保持したまま本体を初期化する!本体の調子が悪い時の対処法の1つです!