黒板にチョークで書いたような質感のフリーフォントを紹介「たぬき油性マジック」

更新日: 公開日:2016/06/13
黒板にチョークで書いたような質感のフリーフォントを紹介「たぬき油性マジック」

チョークで書いたようなフォントを探すと、文字がかすれたようなフォントがいくつか見つかります。例えば次の「チョーク体」は、名前の通りチョークで書いたようなザラザラ感のある仕上がりになっています。

ただ手書き感がなく、チョークらしい雰囲気が少し物足りないような気がします。

チョーク体フォントの文字サンプル

もう少し雰囲気のあるフォントは無いものか。いろいろ探してみたら、既に使っていた「たぬき油性マジック」フォントがピッタリ合うことに気が付いたのです。

「たぬき油性マジックフォント」とは

油性マジックで書いたような文字を表現できる、フリーフォントです。元々は商品の手書きポップに使えるように最適化されたフォントです。基本的には個人・商用サイトで無料利用できます。一部禁止事項は、公式サイトからご確認ください。

ポップの雰囲気を表現するだけでなく、JIS第二水準までの漢字及びシフト IBM 拡張漢字まで網羅されています。日本語フォントでよくある「使いたい漢字が入ってない!」といった状況に陥ることは、ほぼないと思います。

たぬき油性マジックフォントのサンプル

手書きフォント特有の雰囲気があり、ぱっと目に入っても読みやすい字体です。これを黒板の背景に白文字で入力すると、チョークで書いたようなイメージに早変わりするのです。

油性マジックフォントがチョーク風に変身

実際に 黒板の素材 に「たぬき油性マジックフォント」の文字を載せたサンプルがこちら。

油性マジックフォントがチョーク風なフォントに早変わり

ここで注意点が1つ。

深緑の背景に真っ白なフォントを乗せても、白の色が強すぎてチョーク感が出ません。そこで少しだけアルファ値(透明度)を調整して文字を透過させることで、よりチョークで書いたような雰囲気を作り出せます。

透明度は背景の濃さによって調整が必要です。10% ~ 25% くらいの範囲で調整すると、上記のような画像に仕上がります。

各チョークの色のカラーコード

ついでに、白以外のチョークの色を表現するためのカラーコードを載せておきます。色味は僕が感覚的に選んだものなので、好みに応じて調整してください。

チョークカラーサンプル

カラーコードカラーコード
#FFFFFFあお#66BBFF
ピンク#FFBBFF#BB77FF
みどり#99EE99きいろ#FFEE77

こちらも全ての文字に透明度を 20% ほど設定しています。

以上、黒板にチョークで書いたような質感になるフリーフォント「たぬき油性マジック」の紹介でした。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ