YouTube でよく見るギザギザのフォントはどこで手に入る?

公開日:
YouTubeギザギザのフォント

YouTube のタイトルやテロップで、文字の端がギザギザの形状になっているフォント。これは「ぶらっしゅ」と呼ばれる日本語フォントで、有償で提供されています。

つまり、無料でダウンロードすることが出来ません。それなのに、多くの YouTuber が利用している印象があるのには訳があります。

では一体どのようにして、このギザギザのフォントを使っているのか?入手方法や利用条件を含め、詳しく解説していきます。

フォント「ぶらっしゅ」を利用する方法

フォント「ぶらっしゅ」

フォントの提供元

このフォントは、書体の制作会社である TypeBank により提供されているものでした。しかし2017年に、フォント制作会社の最大手であるモリサワに吸収合併され、現在はモリサワフォントの一部となって販売が継続されています。

ぶらっしゅ | 書体見本 | モリサワのフォント

フォントを購入する方法

モリサワフォントには、フォントの買い切りプランがありません。つまり、フォントを使い続ける限り利用料が発生するのです。

MORISAWA PASSPORT もしくは MORISAWA PASSPORT ONE といった、1年単位で契約を更新するプランが用意されています。どちらも 1PC あたり 1ライセンスが付与され、利用できるフォントは 1,000 を超えます。

プランの違い
  • MORISAWA PASSPORT
    事前手続きが必要。複数ライセンスによる割引がある。デザイン会社等の企業向け。
  • MORISAWA PASSPORT ONE
    事前手続きが不要。個人向けライセンス。

全てのフォントが利用できる反面、その値段は 税込み 53,784 円 もするのです。個人利用の場合は、手続きが簡単な MORISAWA PASSPORT ONE が推奨されているようです。

なお Amazon 等のネットショップだと、ライセンスが少し安く手に入ります。それでも趣味の範囲で使うには高額すぎるので、簡単には手を出せません。(しかも利用する限り、毎年更新が必要です)

では YouTube でこのフォントを使っている人は、みんな MORISAWA PASSPORT ONE を契約しているか?

その答えはノーです。

モリサワフォント以外で「ぶらっしゅ」を利用する方法

モリサワフォントの年間契約をしなくても、この「ぶらっしゅ」を利用する手段があります。YouTube でこのフォントを利用している人の大半は、次に紹介する方法で使っている人が多い印象を受けます。

Adobe の Typekit 経由で利用する

Adobe Typekit

結論を言ってしまうと、Adobe の Creative Cloud (Adobe CC) 利用者向けに提供されているフォントの一部に、モリサワフォントが存在しています。そして、その中に「ぶらっしゅ」が含まれているのです。

このフォント提供のサービスは Typekit と呼ばれ、Illustrator CC や Photoshop CC など Adobe CC のアプリケーションからしか利用できないフォントとなっています。

Adobe CC のアプリ自体、年間単位もしくは月単位でのライセンス料が発生するため、当然のことながら費用が掛かります。それでも日本語だけで約100書体が存在するので、Adobe のソフトウェアを利用する人にとってはありがたいサービスです。

YouTube の動画編集ソフトとして Adobe Premiere Pro CC の人気があるため、多くの人がこのフォントを利用しているように感じると思われます。

補足ですが、フォントの利用における追加料金はありません。

具体的にどのようなフォントがあるのか、次のページから確認できます。

フォント一覧(日本語)| Adobe Fonts

フォント名はRoぶらっしゅStdとして提供

RoぶらっしゅStd

Typekit の該当ページに行くと、このようにサンプルテキストとして好きな文字を入力すれば、どのように表示されるか確認することができます。

フォント名が RoぶらっしゅStd となっていますが、TypeBank で提供されていた ぶらっしゅ と同じフォントです。

Typekit のフォント利用における条件は?

前項のリンクをご覧いただくと分かるのですが、フォントを利用する上で次のものが許可されています。

  • Webサイトでの利用
  • ロゴでの利用
  • 商用プロジェクトでの利用
  • PDF での利用

商用だけでなく、ロゴとして利用することも許されているので、ある程度のことは許容範囲だと考えてもらって大丈夫です。つまり YouTube 用の動画に利用して、そこから広告収入を得ても問題ないと言うことです。

Typekit の使い方は簡単

まず Adobe Fonts のサイトから、使いたいフォントのページへ移動します。右側にある [アクティベート] を ON にすれば、自動的にパソコンと同期されます。

Typekitのアクティベート

あとはそれぞれの Adobe アプリから参照すれば、同期したフォントが選択可能になります。実際にやってみると、想像以上に簡単な手順でフォントを追加できます。

Adobe Fonts 利用イメージ

この Typekit は、なかなか画期的なシステムだと思います。

Adobe CC の利用料金

Adobe のソフトはモリサワフォントと同様に、サブスクリプション方式を採用しています。つまり一度ソフトを買ったらおしまいではなく、使い続ける限り利用料金が発生するライセンス形態になります。

プランは Adobe の全てのソフトが使えるコンプリートプラン、そしてソフト単体で契約する2つのプランが存在します。動画で「ぶらっしゅ」フォントを使いたい場合は Premiere Pro CC の利用が必須になるので、そちらの料金形態を掲載しておきます。

コンプリートプランPremiere Pro 単体
月々プラン
月ごとに契約更新
8.618円3,434円
年間プラン
一括払い
64,540円28,252円
年間プラン
月々払い
毎月5,378円毎月2,354円

YouTube に動画投稿をしている人は、他にも Illustrator や Photoshop、Audition や After Effects など様々なアプリを使っているため、単体プランで契約してる人はほとんど居ないと思います。ソフトウェア利用料金だけで毎年60,000円以上も掛かってしまうので、一般の人には手が出しづらいのが正直なところです。

Adobe Creative Cloud 年間プランを安く購入する方法

稀に Adobe がキャンペーンを実施していて、コンプリートプランが 20% ほど安くなることがあります。ただ、いつ実施するのか常にチェックが欠かせなくなる上、キャンペーン期間が短いため、すぐに購入の判断を下さなくてはいけなくなります。

流石に毎日チェックするのは大変なので、頻繁に 20%OFF 近い値引きで販売しているネットショップを利用するほうが懸命です。

Amazon なら5万円を切ることもある

Amazon であれば通常時でも 59,000 円台で販売されています。この時点で、Adobe の公式サイトで購入するより 5,000円 も安く手に入ります。また、タイムセール祭りやプライムデーなど、Amazon のセールイベントになると、そこから更に1万円近く安くなることもあります。

楽天や Yahoo 等、他のネットショップでは値下げ幅が小さいので、チェックをするならまず Amazon と覚えておくと良いでしょう。

Amazonタイムセール祭りとは
Amazon タイムセール祭りとは、どんなセール?プライムデーとの違いは?
2018年から新しく始まった Amazon のセールであるタイムセール祭り。 Amazon のビッグセールと言えば、それぞれ年に1回ずつ行われる、夏の プライム...
Amazon Prime Day セール
Amazon プライムデーとはどんなセール?本当に安く買えるのか?
毎年7月に開催される Amazon のビッグセールであるプライムデー。 その存在は知っていても、どのようなセールなのか分からない人も多くいます。先に言ってしまう...

Adobe Creative Cloud はプロ用ソフトウェア

僕自身は、職業柄 Adobe Creative Cloud のコンプリートプランを契約しています。金額だけ見ると、確かに高いかもしれません。それでも、ありとあらゆるプロの現場で使われているソフトなので、機能面から考えると安いといった意見もあります。

写真の現像には Lightroom、Web サイトの構築には Dreamweaver、PDF 編集には Acrobat など、クリエイティブ要素が詰まった最高位に君臨するソフト、それが Adobe CC なのです。

動画編集だけなら他の選択肢もあり

動画作成のことだけを考えると、Adobe を使わずとも、日本のテレビ番組編集用ソフトとして利用率ナンバー1を誇る EDIUS を選ぶのもありです。この EDIUS は、様々な Adobe のソフトを1つにまとめたようなソフトで、操作性も似ている上、少し古いパソコンでも軽快に動きます。(約1ヶ月間の体験版を利用しての感想です)

しかもテレビ業界の編集はスピードが命らしく、EDIUS の動作が軽い面が、評価されている最大のポイントです。EDIUS は全ての機能が1つのアプリとして集約されているので、Adobe のように Premiere Pro を起動しならが After Effects で編集して……といった複数ソフトを行ったり来たりする手間もありません。

EDIUS を選んだ場合、今回紹介した「ぶらっしゅ」を使うにはモリサワパスポートの契約が必要になりますが、Adobe と異なりソフトウェアライセンスは買い切りなのが最大のアドバンテージです。一度購入したら支払いはそれで終了なので、何年でも使えます。

最新バージョンが必要になったら、通常版の半額以下のアップグレード版ライセンスを購入すれば良いので、フォントにこだわりが無ければ EDIUS はかなりおすすめです。

まとめ

  • このギザギザのフォント名は「ぶらっしゅ」
  • フォントを使うには、モリサワパスポートもしくは Adobe CC の契約が必須
  • フォント単体を購入する方法はない

以上、YouTube でよく見るギザギザフォントに関するお話でした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします