Chromebook でタッチパッドのスクロール方向を逆にする方法

公開日:
Chromebook タッチパッドのスクロールが逆問題

Chromebook を含めた一般的なノートパソコンは、タッチパッドを指2本でなぞると画面をスクロールできます。

通常は画面を下向きにスクロールする場合、2本指で上に向かってなぞります。上向きにスクロールする場合は、2本指で下に向かってなぞります。

一般的なノートパソコンの2本指スクロール

しかし Chromebook の場合、初期設定では動きが逆になっています。

2本指で下になぞると画面下にスクロール、上になぞると画面上にスクロール。慣れないととても不便です。

Chromebook の2本指スクロール

そこでタッチパッドによるスクロール操作を、一般的なノートパソコンと同じになるように、Chromebook の設定を変更します。

タッチパッドのスクロール方向を設定する

  1. 時計が表示されている画面右下をクリックして 歯車アイコンから設定メニューを開く
  2. [ユーザー補助機能の管理] へ進む
  3. [マウスとたちパッドのデバイス設定を開く] へ進む
  4. [逆スクロールを有効にする] を ON にする

設定画面を開いたら、下までスクロールして [詳細設定▼] を開きます。そしてユーザー補助機能にある [ユーザー補助機能の管理] へ進みます。

Chromebook 設定の [ユーザー補助機能の管理] を開く

続いて、マウスとタッチパッドの項目にある [マウスとたちパッドのデバイス設定を開く] へ進みます。

[マウスとたちパッドのデバイス設定を開く] へ進む

一番下にある [逆スクロールを有効にする] を ON にすれば、2本指でのスクロール操作の方向が逆になります。

[逆スクロールを有効にする] を ON にする

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ