定価で買えない Wii U 本体を定価で買うにはどうしたら良い?

更新日: 公開日:2016/05/10
Wii U 販売情報

Nintendo Switch の販売情報については、次のページで紹介しています。各ネットショップの販売情報が参照できるので、少しでも安く購入したい方には参考になると思います。

Nintendo switch 販売情報
Nintendo Switch はどこで売ってる?【販売情報あり】ネットで買うなら定価より少し安く買えるかも!
最初に伝えておきます。Nintendo Switch のメーカー希望小売価格 32,378円 (税込) です。 発売当初はどこも品切れ状態で、ネットショップで探...

2016年の2月から、Wii U 本体は品薄状態が続いています。しかも Amazon や楽天のようなネットショップでは、軒並みメーカー希望小売価格 32,400円 (税込) を遥かに上回る価格で販売されています。(定価税抜き3万円と考えてもらえれば良いです。)

Wii U に続く次期ハードが2017年3月に発売されることが決定し、Nintendo としても Wii U の在庫を抱えないように生産量を減らしている事情も分からなくもないのですが、ソフトウェアの新作が出ているにも関わらず、本体が定価で買えないのは有り得ない状況だと思います。

Amazon や楽天の場合、一般的な店舗と違って個人経営の店舗として販売しているケースもあり、Wii U の在庫が品薄と分かってから極端に販売価格を釣り上げているのが分かります。実際に各ネットショップの価格をご覧ください。

一時期は本体価格が 40,000円まで跳ね上がったこともありました。日々価格変動するため、ここから定価で購入するのは難しいと考えた方が良いかもしれません。中には希望小売価格も調べず、付加価値がついたプレミア価格で買ってしまった人も中にはいると思います。

実際に生産がストップしている訳ではないのに価格だけ高騰している現状に対し、任天堂が手を打たないことには若干腹ただしい部分もありますが、Wii U は任天堂としては成功を収めなかったハードの位置付けとなるので、そう簡単に状況を打破するような動きをするとも思えません。

では実際にどうしたら Wii U を定価で購入することができるのか、いくつか方法を提案させていただきます。

Wii U 本体を定価で買う方法

【2017年2月5日追記】
以下の内容は情報が古いので、ご注意ください。Nintendo Switch の発売に伴い、Wii U の生産は終了しています。店頭で販売していたお店では、既に在庫を売りつくしている状態なので、もしこれから Wii U を新品で購入したいのであれば、ネットで買える店を探すしかありません。上記に記載の通り、レアリティーが上がってプレミア価格となってしまっているので、もう定価で購入するのは難しいかもしれません。

【方法1】予約受付している大手ネットショップを利用する

2016年8月2日現在、大手家電量販店のネットショップで唯一、在庫が入荷次第の出荷で予約を受付けているのが、ヤマダ電気のオンラインショップ「ヤマダウェブコム」です。しかも価格が定価より10円安くポイントも付きます!

一時はネット予約を受け付けて販売されていました。しかしようやく需要が安定してきたのか、通常購入できるようになっています。

今、ネット上で定価購入の予約が出来るのはヤマダウェブコムだけ!

※ マリオメーカーセットについては、任天堂の公式サイトに記載のある通り「生産終了」となりました。

【方法2】ソフトウェアセットを購入する

2016年8月2日現在、マリオメーカーセットの生産が完全終了に伴い、販売も終了してしまいました。予めご了承ください。

【方法3】店頭予約を狙って足を運ぶ

ヨドバシカメラ等の大手家電量販店では、店舗によって店頭予約を受け付けていることがあるようです。ネットや電話では受け付けていないようで、あくまでも店頭での予約だそうです。大型店舗が立ち並ぶ大都市へ足を運べる人であれば、アナログな方法で予約するのも手段の1つかもしれません。

【方法4】中古で買う

どうしても今すぐに欲しい!と言うのであれば、中古を探すのも1つの手段です。ただし定価(希望小売価格)より高い中古品を買うのはやめましょう。特にネットショップでは、新品と同様に中古でもプレミア価格となり、かなり高額で販売されていることがあります。

中古であれば定価と同等、もしくはそれ以下の値段で手に入れられます。ネット上で探すのは難しいですが、近所の中古ゲームを取り扱っているお店であれば販売している可能性があります。ネットで買った場合は、コントローラーの状況が確認できませんが、店頭まで足を運べば直接状態を確認することも可能です。

これはひと月ほど前の情報ですが、池袋の GEO では 30,000円以下で本体単体が2台、スーパーマリオメーカーセット、スプラトゥーンセットがそれぞれ1台ずつ売られていました。(スプラトゥーンセットは知人が購入したのですが。)

箱なしで安く売られているケースも多々ありますので、無駄に高い買い物をしないようにアンテナを張って情報を収集することが大切だと思います。中古市場はネットの価格が当てにならないことが多いです。手間ではありますが、足を使って安く買えたら浮いたお金でソフトを買うこともできますから!

Wii U 本体購入の際の注意点

上記で紹介した商品ですが、センサーバーと Wii リモコンは付いてきません。ゲームパッドで操作するソフトであれば、センサーバーは不要ですが、複数人で遊ぶ場合は Wii リモコンで操作するため、センサーバーが無いと動かすことができません。Wii を持っていれば、同じものを利用することができます。また、Wii U 上で Wii のソフトをプレイすることも可能です。

Wii を持っていない方は、購入予定のソフトの仕様に応じて、センサーバーと Wii リモコン(コントローラー)の購入をご検討ください。

以上、参考にしていただければと思います。

なお今回紹介した情報は、日々内容が変わる可能性があるものが多いため、今後リンク先の情報が記事の内容と異なる場合があることについては予めご了承ください。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします