Windows 10 でタスクバー右下のアイコンを表示・非表示にする設定方法

更新日: 公開日:2015/12/25
Windows 10 アイコン領域 表示・非表示設定

Windows 10 の右下にあるインジケーター領域にあるアイコンには、常に表示されるものと、折りたたまれて非表示になっているものがあります。

使用頻度の高いアイコンが非表示領域に格納されていると、とても使い勝手が悪いです。これらのアイコンは設定により常に表示させたり、非表示領域に移動できます。

通知領域にあるアイコンの表示・非表示を設定する手順

  1. タスクバーを右クリックして [ タスクバーの設定] を選択。
    タスクバーの設定を開く
  2. タスクバーの設定画面をで、[通知領域] の項目にある [タスクバーに表示するアイコンを選択します] をクリック。
    タスクバー設定メニューから[タスクバーに表示するアイコンを選択します]を選択
  3. 一番上の [常にすべてのアイコンを通知領域に表示する] はオフにしたまま。
    [常にすべてのアイコンを通知領域に表示する]はOFFのままにしておく
  4. 一覧にあるアプリのうち、通知領域にアイコンを表示したいアプリを [オン] にする。不要なアイコンは [オフ] にする。
    常に表示したいアイコンを [オン] にする
  5. [オン] にするのと、右下のインジケーター領域内にアイコンが表示される。
    オンに変更したアプリのアイコンが常に表示されるようになる

以上、右下のインジケーター領域に表示させるアイコンの制御方法でした。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ