Windows タスクマネージャ起動のショートカットキーは覚えておくと便利!

2006/10/09

Windows のタスクマネージャを起動するにはいくつか方法があります。代表的な方法としては以下の2つが挙げられます。

  • Ctrl + Alt + Delete → [タスクマネージャ] 選択
  • タスクバー右クリック → [タスクマネージャ] 選択

また、実行ファイルは Windowsフォルダ配下にあるので、次のコマンド入力により起動させることも可能です。

[スタート] → [ファイル名を指定して実行] → [taskmgr]

しかし、これらの手順よりも手数が少ないとっておきの方法があるのをご存知でしょうか。

実はタスクマネージャーの起動は、Windows のショートカットキーとして割り当てられているので、次のショートカットキーで一発起動させることが出来ます。

タスクマネージャーのショートカットキー

コマンドCtrl + Shift + Esc

左手だけで入力できるので、何度か使っているうちに自然と覚えられます。タスクマネージャーを呼び出すのは、大抵パソコンが重くなってアプリケーションを強制終了する目的が多いのではないでしょうか。

メモリが多く積まれた昨今のマシンにおいては利用頻度は少なくなりましたが、CPU の利用状況を確認するには必要なアプリなので、特にパソコンを使ってシステム開発をするエンジニア系の人は覚えておくと便利です。

以上、タスクマネージャーのショートカットキーの紹介でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑