Windows 10 のスタートメニューをカスタマイズして使いやすくする

Windows 10 のスタートメニューをカスタマイズする

Windows 10 のスタートメニューを初期状態で使っていませんか?

Windows 7 の頃と比べてアプリを探すのが大変になったと感じる人もいれば、Windows 8 から導入されたタイルレイアウトが便利だと思う人もいるでしょう。

今回は Windowws 10 の使い勝手を向上するための1つの手段として、スタートメニューのカスタマイズについて説明していきます。

スタートメニューのサイズを変更する

意外と知っている人が少ないこの機能。通常のウィンドウサイズを変更する感覚で操作することができます。スタートメニューの右側もしくは上部を引っ張れば、簡単に大きさを変えられます。

Windows 10 スタートメニューのサイズ変更

左側のアプリ一覧から目的のアプリも探しやすくなります。右側のタイルエリアも一気に拡張されるので、頻繁に使うアプリを全てタイル表示してしまうことも可能です。

デスクトップにショートカットを配置する場合、モニターサイズが変わるとアイコンの配置が変わってしまうことがありますが、スタートメニュー上ではそのようなことはありません。右側のエリアを有効活用して、デスクトップをスッキリさせてみてはいかがでしょうか。

Windows 10 スタートメニューのサイズ変更結果

タイルはドラッグ&ドロップで移動

なお、タイルのレイアウトは、デスクトップ上のアイコンの配置を変えるように、マウス操作で移動できます。ただ、そこまでスムーズに場所を入替えられないので、少し面倒に感じるかもしれません。

Windows 10 スタートメニューのタイル移動

アイコンのグルーピング化

ドラッグ&ドロップでアイコンを重ねるとアプリがグルーピングされ、スマートフォンのフォルダ表示のような見栄えになります。グルーピング化されたタイルをクリックすると、下へアプリが展開され選択できるようになります。

Windows 10 スタートメニューのタイルグルーピング化

パソコンのディスプレイが小さい場合は効果的ですが、前述のサイズ変更でスタートメニューの領域を大きくしているのであれば、あまり意味がありません。むしろ次のタイルサイズ変更のほうが、様々な環境で効果を発揮するのではないでしょうか。

タイルサイズを変更する

タイルを右クリックすると現れる [サイズ変更] を選択します。

Windows 10 スタートメニューのタイルサイズ変更

選択肢は 小・中・横長・大 の 4 種類から選べます。(アプリによっては選択できないサイズあり)デフォルトのサイズは「中」になります。

  • 小: 中の4分の1の大きさ
  • 中: 通常のサイズ
  • 横長: 中2つ分の大きさ
  • 大: 中4つ分の大きさ

任意のフォルダを追加する

アプリをタイルへ追加するには、左の一覧からドラッグ&ドロップで加えることができますが、アプリだけでなく任意のフォルダを追加することも可能です。

スタートメニューにピン留めしたいフォルダを右クリックして [スタートにピン留めする] を選ぶだけで OK です。

Windows 10 スタートメニューのタイルへのフォルダ追加

なお適当な場所に追加されてしまうので、タイルの位置は各自調整してください。

Windows 10 スタートメニューのタイルへのフォルダ追加結果

エクスプローラー上のクイックアクセスに追加するのも1つの方法ですが、日増しにフォルダ数が増えて縦長になってしまうと利便性が損なわれてしまいます。スタートメニューのピン留めと組み合わせることで、生産性も向上するのでおすすめです。

僕の場合、利用頻度が高いものをクイックアクセスへ追加して、頻度は低いものの直接アクセスしたいフォルダはスタートメニューに配置しています。

ちょっとしたスタートメニューの変更で日々の業務が快適になるので、ぜひ皆さんも自身に合ったカスタマイズを実施してみてください。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします