給油口の向きを見分ける方法は?答えはガソリンメーターが教えてくれる

2016/01/16

普段乗り慣れた車でも頻繁にガソリンを入れるわけではないので、スタンドに入る時に「給油口どっちだったっけ?」と迷うことがあります。マイカー以外の車に乗っているならまだしも、常に同じ車に乗っているのに軽く迷子になってしまうのは困ってしまいますよね。

これはレンタカーを借りた時や、知人の車を借りたた際にも覚えておくと便利な知識です。もし普段運転する立場になくても、助手席に乗る機会があるのであれば覚えておいて損はありません。

判断方法は至って簡単です。この画像を見てください。

which-side-fuel-tank-cap02

ガソリンメーターにある給油アイコン脇の三角印が左を向いています。これは給油口が左側にあることを示しています。

判断方法はたったこれだけです。輸入車や古い車にはついていないこともありますが、大半の車はこの方法で判断ができます。ガソリンスタンドに入る時にふと迷っても、車を降りずに確認できるので、是非とも覚えておきましょう。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑