Windows 10 アップグレードアシスタント起動時に Downloader.dll がないと言われた場合の対処法

更新日: 公開日:2016/10/04
Windows 10 アップグレードアシスタント起動時に Downloader.dll がないと言われた場合の対処法

Windows 10 アップグレードアシスタントを使って、過去に手動で Windows のアップデートを行い、そのままアプリを放置しておいたときのこと。

もう一度このツールを使ってアップデートしようとしたところ、次のようなエラーメッセージが表示されました。

コンピューターに Downloader.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

コンピューターに Downloader.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

どうやら何かの手違いで DLL が消えてしまったようです。

このような場合 DLL だけ単体で入手するのは難しいため、もう一度 Windows 10 アップグレードアシスタントのアプリをインストールし直す必要があります。

Windows 10 アップグレードアシスタントを再インストールする

Windows 10 用のアップグレードアシスタントは次のページから入手できます。

リンク先の [今すぐアップデート] をクリックすると、専用アプリが入手できます。

Windows 10 アップグレードアシスタントを入手する

あとはダウンロードしたファイルを実行すれば、再インストールが行われます。

再インストール後は、改めてデスクトップのショートカットを起動すれば、エラー表示はなくなり Windows 10 のアップデート処理が行われるようになります。

以上、Windows 10 アップデート時に Downloader.dll がないと言われた場合の対処法でした。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ