Nintendo Switch のコントローラーの充電方法は?標準の Joy-Con グリップでは充電できないので注意!

2017/01/14

Nintendo Switch の詳細発表を見て1つ気になることがありました。分離するコントローラー Joy-Con の充電はどうやるのか?

前機種の Wii U であれば、メインのコントローラーであるゲームパッドに直接給電することが出来たけれど、Nintendo Switch は本体部分が分離してしまいます。詳しく調べてみると、長時間連続して遊ぶユーザーにとっては、標準セットだけでは足りないことが分かりました。

Nintendo Switch のバッテリー容量

Nintendo Switch でバッテリー駆動するのは、本体とコントローラーである Joy-Con です。それぞれのバッテリー容量は次の通り。

  • 本体 …………… 4310mAh
  • Joy-Con……… 525mAh

本体はスマートフォンのバッテリー容量とほとんど変わりません。スマホも連続して使い続ければ、ものの数時間でバッテリーが切れます。Switch も同様で、仕様上はバッテリー駆動時間が約2.5~6.5時間となっています。

Switch と同時発売される「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD」で3時間程度しか遊べないため、アクション系は総じてそれくらいの駆動時間になると思われます。

Joy-Con のバッテリー持続時間は20時間

Wii U はゲームパッドにモニターが付いているため、バッテリー駆動時間は短く 3 ~ 5 時間しかありませんでした。一方 Joy-Con は公式サイトの仕様によると20時間と明記されています。ただし内蔵のバイブレーションが頻繁に動くようなゲームをプレイすると、当然使える時間は短くなります。

スプラトゥーンのように振動を発するゲームで遊んだ場合、どこまで短くなるのか、実際にプレイしてみないと分かりませんが、これが10時間を切ってくるようだと Joy-Con の充電方法を少し考えないといけないでしょう。

フル充電するまでの時間は約3時間半です。525mAh 程度の容量を充電するのに、少し時間が掛かりすぎです。最初のうちは良いかもしれませんが、リチウムイオン電池の寿命は充電回数500回程度なので、毎日遊ぶとなると約2年ほどでバッテリー交換が必要になるかもしれません。これは Joy-Con よりも充電回数が多くなるであろう本体側のほうが大きく影響を受けます。

Joy-Con の充電方法は二種類

Joy-Con に直接ケーブルをつないで充電することはできません。Joy-Con のバッテリーを充電するには、Nintendo Swich の各種機器への接続が必要になります。

本体に接続して充電する

本体に接続した状態であれば Joy-Con は充電されます。もちろんドックから外した状態では本体側のバッテリーは減っていくので、ドックに置いた状態で充電するのがメインとなるでしょう。もしくは本体の底面に給電用の USB Type-C の端子が付いているので、そこにケーブルを接続すれば、バッテリー切れを気にせずプレイすることができると思います。

ただ、ゲームによってはモーションコントロールによるジャイロ操作が必要になるので、本体に Joy-Con をつないだ、いわゆる携帯モードでプレイする場合の操作性が悪いと別の方法を検討しなくてはいけません。

Joy-Con 充電グリップ(別売)に接続して充電する

本体やコントローラーのバッテリー切れを気にせずプレイしたいなら、それぞれ充電しながら遊ぶのが一番良いでしょう。本体は充電しながらテレビに出力、そして Joy-Con は専用の充電グリップに接続。

標準で付属している Joy-Con グリップには USB Type-C 端子が付いていないため、グリップから充電できません。そのため、Joy-Con を充電するための専用グリップを別途購入するする必要があります。その名も Joy-Con 充電グリップです。

グリップ中央上部に USB Type-C 端子が付いているので、そこから電源を取ることはできます。確実に需要のある製品なので、この程度であれば標準機能として搭載して欲しかったのが正直なところです。

なお、前述の通り Joy-Con は最大20時間はもつので、ある程度 Switch で遊んでみて必要性を判断すると良いかもしれません。

PROコントローラーも選択肢の1つか

Joy-Con を充電しながら使い続けることを考えているのであれば、PRO コントローラーを買ってしまうのも選択肢の1つです。Nintendo Switch の PRO コントローラーは、これまでの Wii や Wii U のコントローラーとは異なり、モーションセンサーが付いているので、Joy-Con の代わりとして使うことが可能です。

バッテリー容量は 1300mAh あり、バッテリー持続時間は40時間もあります。値段は少々割高ではありますが、しっかりと手に収まるサイズなので、長時間でも快適にプレイできるメリットがあります。

PRO コントローラーの操作性はズバ抜けて良いので、Joy-Con のサイズの小ささをストレスに感じてしまうようであれば、購入しておきたいアイテムですね。

スプラトゥーン2は PRO コン必須か?!

大人がスプラトゥーン2をプレイするのであれば、Joy-Con よりも PRO コントローラーの方が段違いに操作性が良いことをお伝えしておきます。それぞれのボタンが大きく左右のレバーも太くしっかりしているので、半日ぶっ続けでプレイしても疲労感はあまりありませんでした。

Joy-Con はジャイロセンサーが右側のコントローラーにしか付いておらず、PRO コントローラーはセンサーが中央に付いています。このためコントローラーを傾けて遊ぶゲームは、全般的に PRO コンのほうが細かい操作がしやすいです。

Nintendo Switch を高いと思うかは評価が割れるところ

本体の性能を考えると Nintendo Switch が 29,980円(税抜)なのは値段相応かもしれません。ただ今回の充電方式の話に限らず、内蔵容量も 32GB しかないため、ダウンロード購入するには SD カードが必須になるので、仕様がいまいちな部分があるのも事実です。

Nintendo Switch の本体容量は 32GB しかない!容量追加はマイクロSDカードを利用する
Nintendo Switch 本体の内蔵容量はわずか 32GB しかありません。この中の一部はシステム領域で利用されているため、実質 30GB 弱ほどしか利用できな...

Joy-Con が左右独立して通信できるのは画期的ですが、トータルで考えると Wii U の方が総合評価で上回っているような気がします。そもそも2画面構成のゲームなので開発の手間は掛かりますが、Nintendo 3DS はそれで成功したハードだったので、Nintendo Switch に物足りなさがあるのは否めません。

発売予定のタイトルには Wii U で爆発的な人気を誇ったスプラトゥーンを始め、マリオやゼルダの伝説、ボンバーマンといった人気タイトルが目白押しです。ゲームファンであれば、スプラトゥーンをやるためだけに Nintendo Switch の購入を検討している人も多くいるでしょう。

スプラトゥーン2の発売日は2017年7月21日で決定!
Nintendo Switch のトレーラー映像を見て、もしやスプラトゥーンの最新作が出るのか?!と噂され、一体スプラトゥーン2はいつ発売されるのか?楽しみにしていた...
【感想】スプラトゥーン2試射会をプレイして分かった新要素の特徴!スプラマニューバーや新スペシャルウェポンを紹介
2017年夏に発売を控えたスプラトゥーン2を体験できる「先行試射会」が、3月25日、3月26日の2日間行われました。試写会ではなく試射会って名前が、スプラ2らしくて良...

最新機種だからと魅了される部分はありましたが、Wii や Wii U のような衝撃は無かったので、ハードウェアの面での期待値は低いです。下手したらスマホにコントローラーを付けたらどうにかなるのではないかと、思ってしまう部分もあります。

僕の場合はスプラトゥーン2目的で購入を検討しているので、ハードの魅力よりもソフトの魅力に注目しています。どのハードもそうですが、結局良質のコンテンツが提供されない限りは早々に廃れてしまうので、Wii U の教訓を活かして Nintendo Switch は息の長いハードになってもらいたいところです。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします

サイト内検索