ハードディスクの 5400rpm と 7200rpm の違いと目的に合わせた選び方

更新日: 公開日:2018/04/10
HDD 回転数の違い

ハードディスクの選ぶ上で、目的に合った容量を選択するのはもちろんですが、ディスクの回転数を考慮するのも大切なポイントです。

5,400 回転、7,200 回転と2種類が存在しますが、単位となる rpm が示すものは 1分間あたりの回転数 になります。

さて、この回転数が異なると、どのような違いが出てくるのでしょうか。7,200 回転のほうが性能が良いから、選ぶメリットが大きいのでしょうか。そのような点も踏まえて、回転数の違いによる特徴を説明していきましょう。

回転数の違いによる特徴

まずは基本的な違いを表にまとめたのでご覧ください。

5,400rpm7,200rpm
データアクセスまでの時間遅い速い
利用時の発熱量少ない多い
静音性静かうるさい
消費電力量小さい大きい
値段安い高い

比較のために極端な表現をしましたが、速度・発熱量・静音性においては、そこまで大きな違いはありません。ただし消費電力に関しては、7,200 回転のほうが 5,200 回転の倍近く電力を使います。

これらのことを踏まえた上で、次のようなメリット・デメリットが見えてきます。

5,400rmp のメリット・デメリット

メリット
  • コストが安く大容量が手に入る
  • 消費電力が少ない
デメリット
  • 複数からのアクセス時に処理が遅くなりやすい
  • 大容量データの頻繁なアクセスに不向き

7,200rmp のメリット・デメリット

メリット
  • 処理速度が速い
  • データ転送速度が速い
デメリット
  • 消費電力が大きい
  • 大容量はコストが掛かる

それでは一般的な個人利用における用途に応じた、ハードディスクの選び方を解説していきます。

用途に合わせたハードディスクの選び方

起動ディスクでの利用

7,200rpmの方が適している

Windows であれば OS をインストールする C ドライブをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。Windows を起動する際は、一気に多くのデータを読み込みます。一度起動してしまえばメモリ上で処理されるので、速度の違いに大きな差異は出ないものの、最初の起動においては 7,200rpm の HDD の方が起動するまでの時間が短く済みます。

一般的に起動ドライブで HDD を使う場合は 7,200rpm が選ばれますが、今の時代は SSD が当たり前になっています。HDD と比べ物にならないくらい圧倒的な速度を持つので、ここでコストを抑えて HDD を選ぶのはおすすめできません。

ポイント

起動ドライブは速いほうが望ましい。ただし今は SSD が主流になっているので HDD を選ぶメリットはない

データ用ドライブとしての利用

5,400rpmの方が適しているが、場合によって7,200rpmが適している

C ドライブ SSD を利用しているのであれば、データ用のハードディスクは 5,400rmp で十分です。セカンドディスクとして利用する場合、おそらく 2TB 以上の大容量のものが選択候補に挙げられていると思いますが、3TB を超えてくると一気に値段が跳ね上がります。

僕のパソコンは C ドライブは 256GB の SSD で、セカンドドライブは 5,400rpm 3TB のハードディスクを積んでいます。毎日のように、写真のデータ(RAW データ)などサイズが大きめのファイルを参照していますが、これまで遅くて困ったようなことはありません。

個人用途であれば、5,400 回転のほうが市場では需要があるので、大容量でもかなり安く手に入ります。。ただ 2TB であれば、価格が抑えられた 7,200 回転のモデルも存在しているので、検討の余地はあるでしょう。

ただし 7,200 回転のハードディスクを利用するのが望ましいケースもあります。それは動画編集など、大容量のデータを扱う場合です。大きい場合は 1GB を超えるデータを扱うため、ちょっとした速度の差であっても、その積み重ねが大きな時間になります。

ちなみに数年前までは Adobe の 動画編集ソフト Premiere Pro の必要システム構成に、7,200rpm のハードディスクと記されていたほどです。

ポイント

通常のデータ保存領域であれば 5,400 回転で十分役割を果たす。ただし、大容量データを扱う機会が多いのであれば 7,200 回転の選択肢もあり

ただし同じ 5,400rpm のハードディスクでも SATA のスピードが 3GB/s と 6GB/s のモデルがあるため、選ぶ際には注意してください。

全世界でハードディスクを作っているメーカーは、ウェスタンデジタル・Seagate・TOSHIBA の3社しかありません。どれがおすすめかと言われても差はないので、同じ性能であれば、そのとき安く買えるものを選びましょう。

簡易サーバーとしての利用

5,400rpmの方が適しているが、場合によって7,200rpmが適している

あくまでも個人用に説明しているので、簡易サーバーとしての用途を想定した上でお話します。こちらもデータ用ドライブと考え方は同じです。個人で RAID を組む場合なども、無理に速さを求める必要はありません。

もしサーバーへアクセスする人数が多いのであれば、1件あたりの処理を速く済ませないと詰まってしまうので、より高速なハードディスクを選ぶべきです。

24時間365日起動しっぱなしのサーバーになると、回転数を考慮するよりも、ハードディスク自体が耐久性の高い作りになっているものを選ばなくてはいけません。例えば NAS(ネットワーク上に接続される HDD)であれば、複数のハードディスクで構成されるため、ディスクの振動によるアクセス低下を招かないように対策が施されています。

ポイント

個人用では 7,200 回転を選ぶ必要はない。その代わりに目的に応じて、ハードディスクの品質面から選ぶ必要がある

テレビの録画用

5,400rpmの方が適しているが、場合によって7,200rpmが適している

送られてくる映像データに対して、ハードディスク側で処理できる速度を持っていれば、書き込み遅延が起こることはありません。かなり大雑把な数値ですが、具体的な値を見れば性能が求められていないことが分かります。

  • 地上波デジタル放送のデータ量: 20Mbps 以下
  • 5,400rpm HDD の書込み速度: 約 60Mbps
  • 7,200prm HDD の書込み速度: 約 100Mbps

通常、テレビ録画も可能な外付けハードディスクとして売られている製品は、内部の HDD に関する情報が非公開になっているため、中には 7,200rpm のモデルが使われているケースもあります。

ただ 3TB モデルでも1万円を切っていることから、そこまで高性能な HDD が搭載されていないことが推測されます。

実際に分解してみると、ウェスタンデジタルの blue モデルや、Seagate の BarraCuda モデル辺りが採用されていることが多いので、HDD 本体と外付けのケースを買って、自身で外付け HDD を作ってしまうのもありでしょう。ケースに HDD をはめ込むだけなので、誰も簡単に作れます。

内に入れる HDD は、前述のデータ用ドライブに利用するハードディスクで大丈夫です。

中には24時間365日起動し続けることを想定した外付けハードディスクも売られています。信頼性が上がる分、値段も少し高くなります。

ポイント

テレビ録画用は外付けハードディスクの安いモデルでも十分だが、24時間稼働に耐えられるモデルも販売されているので、利用状況に応じた選び方をする

まとめ

ハードディスクを選ぶ目的が明確になっていると、選ぶべき回転数も自ずと絞られます。7,200rpm のほうが性能面で良いのは確かですが、コストや消費電力の面を考えると 5,200rpm の HDD でも十分であることが多いです。

少しでも速いほうが良いと考えるのであれば 7,200rpm を選びましょう。ただ、高速であるべき必要性が求められる状況が少ないことも覚えておいてください。

以上、ハードディスクの 5400rpm と 7200rpm の違いと、目的に合わせた HDD の選び方でした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします