illustrator CC の書き出しで 1px 周りに余計な半透明の領域ができてしまう問題の解決方法

公開日:
illustrator で書き出した画像が 1px ズレてしまう問題

イラストレーターの書き出し処理における、次のような問題を解決する方法を紹介します。

  • 指定したサイズより縦横 1px ずつ大きくなってしまう
  • 周りの 1px が半透明な領域になってしまう

1px ズレた画像イメージ

サイズが 1px ズレる原因

座標位置が 1px 未満ズレている

オブジェクトのサイズは整数値でピクセル指定しているのに、なぜ出力したファイルは同じピクセル数にならないのか。その最大の理由は、オブジェクトの座標位置がピクセルグリッドに合っていないからです。

つまり、オブジェクトの左上の座標位置が、整数値ではなく小数で表現されるピクセルになっているためです。下の画像の場合 X 座標 (横方向) に 0.91px、Y 座標 (縦方向) に 0.26px ズレているのがわかります。

座標位置のピクセルがズレている状態

書き出し時にはピクセル単位で処理するため、この 1px に満たないズレが影響して半透明の領域ができてしまうわけです。

座標位置を直せば書き出しデータも直る

オブジェクトの座標位置が整数になるように移動してから書き出せば、問題となる 1px の半透明な領域はなくなります。

しかしマウスのドラッグ&ドロップで、この 1px に満たないズレをピッタリに合わせるのは無理な話です。そこでオブジェクトをピクセルにスナップして、座標位置を修正します。

1px 未満の座標位置のズレを直す方法

ピクセルグリッドに最適化する

書き出す対象のオブジェクトを右クリックして [ピクセルグリッドに最適化] を選択するだけで、座標位置の小数のズレが修正されます。

イラストレーターのオブジェクトをピクセルグリッドに最適化

あとはこのまま書き出しを実施するだけ。

座標位置の修正前と修正後の違い

常にピクセルグリッドに合わせる方法

書き出すたびに最適化するのは手間が掛かるし、うっかり忘れてしまう可能性も否めません。そこで常にオブジェクトのピクセル座標が、ピッタリ整数値になるような設定を最後に紹介しておきます。

[表示] → [ピクセルにスナップ] を選択。

メニュー [ピクセルにスナップ] にチェック

この設定が ON になっている限り、オブジェクトを移動しても必ず座標位置が整数値になります。つまり 1px 未満のズレがなくなるので、書き出しても半透明な領域は生じず指定どおりのサイズで出力されます。

以上、Adobe Illustrator CC の書き出しで 1px 余計な領域が出力されてしまう問題の解決方法でした。

この記事をシェアする

最新情報は Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

おすすめページ