送料を無料にするために Amazon 発送の安い商品を探す方法!ただ100円以下の商品を探すのは難しい!

2016/07/19

2016年4月に Amazon 発送の送料が、無料から350円へ変更されました。この送料が適用されるのは、2,000円以下の買い物の場合に限られます。

あと200円の買い物をすれば送料が無料になるのに!

なんてことも頻繁に起こっているのではないでしょうか。Amazon で買い物をする機会が多い人は、年間費3,900円(税込)の Amazon プライムへ登録している方も多いと思います。

単に送料が無料になるだけでなく、最速で届く「お急ぎ便」を利用することができます。また、映画やテレビ番組が見放題になるプライム・ビデオや、100万曲以上の音楽が聴き放題になるプライム・ミュージックのサービスも付属しています。

これ以外にも様々なネットサービスが利用できる Amazon プライムは、月額換算で 325円 と非常に良心的な価格となっています。

Amazon プライム

とは言え、時々しか使わない Amazon 利用者にとっては、プライム会員にならずとも送料を無料にする方法を考えたいところですよね。そこで今回は、送料無料の基準となる2,000円に満たない時に、どのようにして安い商品を探すかについて説明していきましょう。

【方法1】あわせ買いのサービスを利用する

Amazon には、購入する合計金額が2,000円以上になることを条件に、通常価格より割安に購入できる「あわせ買い」なるサービスが存在するのをご存知でしょうか。

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、詰め替え用の洗剤といった日用品から、缶詰やレトルト、お茶やコーヒーといった食料品まで、様々な商品が対象として用意されています。

全ての商品が必ずしも安いわけではありませんが、日常使うものは消耗品なので、2,000円以上の金額にするためには、この「あわせ買い」を利用することが一番効率が良いのではないかと思います。

消耗品の類は、Amazon にも「あわせ買い」のおすすめ商品としてページが用意されています。価格帯ごとに探すことが出来るため、500円未満からの括りであれば、以下のリンクを参考にしてください。

日用品・化粧品 あわせ買いのおすすめ食品・飲料・お酒 あわせ買いのおすすめ

余談ですが、あわせ買いの条件は次のように記載されています。

ご注文合計額が¥ 2,000 (税込)以上の場合、購入いただけます。

これは、あわせ買いの商品も含めて、税込2,000円以上になれば良いということです。あわせ買い以外で2,000以上と言うわけではないので安心してください。

【方法2】金額別で商品を探す

上記のあわせ買いのリンクでは価格帯が500円未満からなので、ギリギリ2,000円オーバーを目的とするには、ちょうど良い金額の商品を探すのが大変かもしれません。そこでもう少し金額の安い、極端な話100円以下の商品を見つける方法について説明していきます。

いくら安くても Amazon の商品でないと意味がない

2,000円以上とするために安い商品を探しても、その商品がマーケットプレースでの販売だと送料無料の対象外となります。つまり Amazon 以外の業者が販売している商品だと対象外になると言うことです。

自力で安い商品を探そうとしている人は、商品の販売元を確認することをお忘れなく!

100円以下で買える Amazon の商品一覧

アドレスのパラメーター値を設定することで、対象となる金額以下の商品を探すことが可能です。どのように変更するかは後述するとして、簡単に探せるように100円以下で購入できる商品が表示されるリンクをいくつか用意しておきます。

100円以下となると、プライム会員のサービスの1つである、商品まとめ買いサービス「Amazon パントリー」の対商品が多く挙がってきます。

Amazon パントリー

稀に通常購入できる商品もあるので、100円以下のものは根気よく探さないと、欲しいものが見つかりませんのでご注意ください。おそらく探すのが大変なので、前述の「あわせ買い」のリンクから見つけた方が、より簡単に安い商品が見つけられるかと思います。

日用品・化粧品 あわせ買いのおすすめ食品・飲料・お酒 あわせ買いのおすすめ

一応、100円の商品一覧のリンクを張っておきますが、大半が Amazon パントリー対象の商品となっています。この際、プライム会員になってしまった方が、便利なのではないかと思ってしまうほどのパントリーだらけです。

以下、Amazon の検索のシステム上、Amazon 以外の販売で100円以下で売られている場合も対象となっているので、予めご了承ください。

根気よく探しても、100円以下の商品を見つけるのは難しいです。文具関連はもしかすると丁度良いのが見つかるかもしれません。価格帯が300円以下になると、もう少し幅広く商品を見つけることができるようになります。

300円以下で買える Amazon の商品一覧

100円の商品よりも品数が多いので、こちらからの方がいろいろと探しやすいかもしれません。

先ほどと同様に、Amazon 以外の販売で300円以下で売られている商品も対象となって表示されています。

他のジャンルにおいても300円以下の商品は存在しますが、上記で紹介したカテゴリである程度は賄えるのではないかと思います。

500円以下で買える Amazon の商品一覧

500円まで幅を広げてしまうと、ついでに買うと言うよりも、それ自体が購入目的となるのではないかと思います。一応、参考までにカテゴリ別のリストを掲載しておきます。

特定の価格帯の商品を見つける方法

上記のリンク先にアクセスすると、検索条件として「¥100以下」「¥300以下」「¥500以下」とそれぞれ付与されているのが分かりますでしょうか。

通常は、検索時に具体的な金額を条件として加えることができません。カテゴリによっては金額別に探すことが出来ますが、全てが同じように実装されていません。

high-price のパラメーターで価格上限を設定

そこで検索結果の画面に、特定のパラメーター値を設定することで、対象の金額以下の商品を探すことができるようになります。そのパラメーターがこちらです。

&high-price=(設定したい上限金額)

つまり100円以下の商品を見つけたいのであれば、検索結果が表示されたページの URL の末尾に、次のパラメーターを加えてあげます。

&high-price=100

カテゴリページのアドレスに、直接加えられるケースもありますが、カテゴリによっては商品一覧が表示されていないケースもあるため、上手くいかないこともあるのでご注意ください。

上記で紹介した価格帯別の各種ページは、Amazon の商品である条件に、この方法を用いて金額の条件を加えたものになります。ページによっては high-price のパラメーターが残っている場合もありますが、価格の条件を加えて再読み込みすると、別のパラメーターに置き換わることがあります。

それがパラメーター rh 内にある「%3A-10000%」の部分になります。

例えば前述の「日用品 100円以下の商品」のパラメーター rh は次のようになっています。

rh=p_36%3A-10000%2Cn%……(略)

このパラメーター値は価格上限が100円であることを示していますが、これを300円以下にするためには、ご覧のように変更することで対応することができます。

rh=p_36%3A-30000%2Cn%……(略)

上記で紹介したリストは、ページによって high-price と rh のパラメーターがバラバラに使われています。このパラメーターを URL 内から見つけ、書き換えてあげることで、より細かい金額の上限を設定することが可能になります。

一見、簡単そうに見えますが、URL パラメーターについて理解せずにいじってしまうと、検索結果が出なくなってしまったり、目的の金額で絞り込めなかったりします。自身の好きなように金額設定をするのが難しいようであれば、僕の方で用意した価格別のリストからアクセスしていただければ良いかと思います。

たかが送料350円かもしれませんが、その金額を払って別の物が購入できるなら、それに越したことはありません。少しでもお得に Amazon での買い物をするために、是非とも覚えておいてください。

以上、Amazon で送料を無料にするために、2,000円に満たない分の少額商品を探す方法の紹介でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑