Windows 10 スリープ時間を変更する方法。勝手に画面が暗くなるのは設定で直せる

更新日: 公開日:2021/05/10
Windows 10 スリープ時間を変更する方法。勝手に画面が暗くなるのは設定で直せる

ノートパソコンに限らず、Windows は一定時間無操作のまま放置しておくと、自動的に画面が暗くなって休止状態になるよう設定されています。この機能はスリープモードと呼ばれ、キーボードを押したり電源ボタンを押下すれば、元の状態に復旧します。

スリープ状態になると消費電力量が減るため、バッテリー駆動しているノートパソコンには欠かせない機能です。またデスクトップパソコンにおいても、省エネになります。スリープはシャットダウンと違って起動が速く、作業途中でもその続きから開始できるメリットがあります。

一方で、パソコン自体は休止状態であるため、大きなファイルをダウンロードしている途中や、ファイルアップロードしている最中にスリープされると、途中で停止した状態になってしまいます。スリープ解除をしても続きから再開されるわけでなく、エラーになることもあります。

状況によってスリープされると困る場面など、必要に応じてスリープまでの時間は変更できます。

スリープ時間の変更方法

  1. 画面左下の アイコンを右クリック
  2. [電源オプション] を選択
  3. スリープ設定時間をプルダウンから選択

電源とスリープの設定を開く

画面左下の アイコンを右クリック。メニュー [電源オプション] を開きます。

電源オプションを開く

スリープ時間を設定する

ノートパソコンの場合、バッテリー駆動時と電源接続時それぞれに対して設定が行ます。

僕の環境では、電源接続時は [1時間] に設定してます。そして画面設定でディスプレイの電源が切れる時間も、同じ時間に合わせています。(スリープしなくても画面だけ暗くなる状況を避けるため)

電源接続時のスリープまでの時間を設定

経験上、プレゼン時などスリープされると困る場面においては、バッテリー駆動時でも30分もしくは1時間くらいの長さで設定する場合もあります。

バッテリー駆動時のスリープ時間を変更すると、思いがけないバッテリー消費につながるので、会議が終わったらすぐに元の設定に戻すのをお忘れなく。

なお、設定時間にはスリープさせない [なし] の選択肢もあります。(最大で指定できる時間は5時間まで)

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ