Windows 10 無償アップグレードが利用可能になったのでインストールしてみた

2015/08/19

2015年7月29日より段階的に無償アップグレードが提供される Windows 10 ですが、僕の端末もアップグレードが可能となったので、早速 Windows 10 をインストールしてみました。

なお、以下のエントリーにも記載していますが、アップグレード可能になっても急いでインストールする必要はありません。猶予は一年あるので、周辺機器やアプリがきちんと対応するのを待ってからでも遅くはないです。

Windows 10 無料アップデートは2016年7月29日まで
Windows 10 の発売日が、2015年7月29日に決定しました。これに伴い 6月1日より Windows 7 および Windows 8.1 上で Window...

まず、準備が出来ると画面右下のタスクトレイに次のような通知が表示されます。

windows-10-upgrade-install01

Windows 10 アップグレードを開始する

アップグレードの準備

通知画面をクリックすると、次の画面が表示され「アップグレード – 可能」となっています。「ダウンロード – 完了」となっているので、既にダウンロード自体は裏で完了しているようです。タスクトレイにの通知が無くてもアップグレードが開始できるのですが、おそらくダウンロードが完了した段階で通知してくれるため、通知後に作業を行った方がダウンロード時間分短縮されます。

windows-10-upgrade-install02

「続行」をクリックします。データの読込が行われます。

windows-10-upgrade-install03

ライセンス条項の同意

アップグレード開始画面が表示されます。まずはライセンス条項へ同意し次へ進みます。

windows-10-upgrade-install04

アップグレード実施タイミングの確定

アップグレードの実施タイミングを決定します。即座にアップグレードを開始する場合は、右側の「今すぐアップグレードを開始」を選択します。もし別の時間にアップグレードするよう予約しておく場合は、左側の「アップグレードをスケジュール」を選択します。ここでは、今すぐアップグレードを開始します。

windows-10-upgrade-install05

アップグレード実施

Windows Update 画面へ遷移します。ここで「今すぐ再起動」を選択すると、Windows が再起動し、そのタイミングでアップグレード処理が開始されます。ここから先に進んでしまうと、途中でキャンセルできないので注意してください。

windows-10-upgrade-install06

スケジュール設定した場合

「アップグレードをスケジュール」を選択した場合は次のような画面が表示されます。日付と時刻を設定することで、その時間に自動的にインストールするように仕掛けられます。なお、Windows がシャットダウンしている場合等、電源がOFFになっている場合は、このスケジュール通りにはアップグレードされません。

windows-10-upgrade-install07

Windows 10 アップグレード実施

シャットダウン後、再び起動してアップグレード処理が開始されます。特別な操作はなく、アップグレードは自動的に進んでいきます。時間にして30~40分程度でアップグレードが完了します。

windows-10-upgrade-install08

処理が完了すると「ようこそ、こんにちは」の画面が表示されます。簡易設定をクリックすれば、自動的に Windows 10 のデスクトップが立ち上がります。

windows-10-upgrade-install09

アップグレードにおける作業は、特に問題もなく順調に完了して良かったです。スタートメニューが復活しましたが、Windows 7 と widnwos 8.1 を足して2で割ったような印象があります。使い勝手などは、しばらく使い込めば慣れるような気がしますが、デスクトップ端末であれば、スタートメニューがあるのと無いのとでは大きく作業効率が変わりますので、スタートメニューの復活は喜ばしいことではないでしょうか。

更新から1ヶ月以内であれば元に戻せる

Windows 10 にアップグレードしたけれど、やっぱり元の OS に戻したいと思った場合、更新から1ヶ月以内であれば元の Windows 8.1 や Windows 7 へダウングレードすることが可能です。Windows 10 の画面右下のタスクトレイにある吹出しアイコンをクリックすると右側に通知領域が表示されます。(スマホの画面上部に出てくる機能の Windows 10版)

下の部分にメニューがあるので「すべての設定」を選択します。

windows-10-upgrade-install10

「更新とセキュリティ」を選択します。(余談ですが、Windows Update もここから確認することができます。)

windows-10-upgrade-install11

左側のタブにある「回復」を選択すると「Windows 8.1 に戻す」といった、元に戻すためのメニューが表示されるので、そこから選択すればOKです。

windows-10-upgrade-install12

なお前述の通り、更新から1ヶ月以内が条件となりますので、元のバージョンに戻す予定がある際は、期間外になってしまわないようにご注意ください。

Windows 7 からバージョンアップしたノートパソコンは、残念ながら Windows 10 に耐えられなかったようで、この手順により元へ戻すことにしました。戻し方に関する詳細は、こちらのページも参考にしてみてください。

Windows 10 にアップグレードしたパソコンを Windows 7 へ戻す方法
Windows 10 の無料アップデートは2016年7月29日までなので、自宅の PC を全て Windows 10 へ更新することにしました。Windows 8.1...

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑